今日も脳天気

役に立たない♪ 意見しない♪ 仲良きことは美しき哉♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. |はてなブックマーク - スポンサーサイト
  4. |このエントリーを含むはてなブックマーク

日本の建前

 
 少し前のことだが、M日新聞の記者の方の取材を受けた。


 別に捏造とか公金横領とか、悪いことをした訳ではない。<そんなことは誰も言ってない

 研究だけでなく、ネットワーキングでも積極的に活動している、K柳さんのところに来た話に、御一緒させていただいた。


 テーマは「海外への頭脳流出」。内容については、差し障りがあるかどうか判断しかねるので、詳しいことは書かないが(別に大した話をした訳でもないけど)、一つだけ気になることがあった。


 「頭脳流出」。よく聞く言葉だが、実際のところ、本当に「優秀な頭脳」が流出しているのだろうか?日本政府は、本当に「頭脳流出」を懸案事項だと思っているのだろうか?


 日本学術振興会、という組織がある。日本の Ph. D. 取得者が1年を超えて海外に研究留学する場合、現在のところ、日本国内でフェローシップを申し込める唯一の団体である。


 この組織、元は特殊法人、現在は独立行政法人であるが、費やされるお金が税金であることに変わりはない。従って、1年半~2年の規定の留学期間を終えた人は、基本的に帰国して、得られた知識・技術を母国に還元することが期待されるはずである。



 ところが。



 学振のフェローシップをもらった人に対する縛り、というのは、実際にはかなり甘いらしい。縛りどころか、積極的に呼び戻そうとする動きは皆無とのこと。規定の期間を終えて、そのまま海外で研究を続けたいと考えた時、それが簡単に許されるのだそうだ。


「研究者の能力を自由に伸ばそうとしてくれているんだ!なんて太っ腹!

などと喜んでいていいのだろうか。


 私はふと、恐ろしいことを想像してしまった。

                   ・・・続く
                            061406
スポンサーサイト
  1. 2006/08/19(土) 07:06:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. |はてなブックマーク - 日本の建前
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。