FC2ブログ

今日も脳天気

役に立たない♪ 意見しない♪ 仲良きことは美しき哉♪

病気になってはいけない

 アメリカの診療制度は、日本とちと違う。
 まず、Primary Doctor を決める。アメリカには、日本のような公的保険制度はないので、自分の入っている保険のネットワークの中から、主治医を選ばなければならない。
 この主治医というのが、非常に重要。なぜなら、ほぼあらゆる症状において、まず初めに主治医の診察を受ける必要があるからだ。風邪だろうが、骨折だろうが、果ては妊娠・出産に至るまで、とりあえず、主治医の意見を仰がなければならない。そこから、必要とあらば、専門医を紹介される。自分の判断で、ふらっと専門医を訪れても、相手にしてもらえない。
 
 さて。
 
 もし、風邪で熱があるとする。どうすればよいか。
 
1. 主治医の病院に電話する。受付の人に簡単に症状を伝える。すると、
 
受付:それでは、診察の予約を取ってください。
 
私:一番早いのは何時ですか?
 
受付:えーと、来月末、27日の午前10時ですね。
 
 ・・・自然治癒を待て、と (-_-#
 
 
 冗談ではなく、普通に診察予約しようとすると、こうなる。どうやら、公式には一日数人の予約しかできないらしく、健康診断のつもりでなければ、全く役に立たない。
 
 もちろん、すぐに診てもらうための裏技がある <・・・なんで医者に行くのに裏技が必要なのか (-_-#
  
2. 朝、8時頃(診療時間開始直前)に電話する。
 
 一ヵ月後のスケジュールは決まっているくせに、その日のスケジュールは、その日の朝にならないとわからないらしい。キャンセルがあったり、時間のかからなそうな患者がいる場合、スケジュールに組み込んでくれる。大概の場合、これでうまくいく。
 
 それでも断られた場合、どうするか。
 
3. 予約せずに直接行く。

 情に訴える訳である。運が良かったり、受付のお姉さんが親切な人な場合には、意外とうまくいくことも多い。たまたま主治医の先生と顔を合わせたりすると、さっと診てくれたりする可能性もある。が、これはちょっとギャンブルである。

 最終手段。

4. 救急に行く。
 
 御存知、ER である。ただし、普通に行って
「風邪で熱があります」
などと言ったら、絶対診てもらえない。実際の症状はどうでもいい。いかに深刻な症状に見せるか。5分後には死ぬ、という演技力を発揮する必要がある。知人によれば、トマトジュースを忍ばせて、吐血してみせるのも効果的だ、と言っていた。
 
 
 病人役のオーディションは、ここでやったら良いと思う。
スポンサーサイト



  1. 2006/11/05(日) 14:17:09|
  2. 我愛加州 ―日米文化の常識・非常識
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
  5. |はてなブックマーク - 病気になってはいけない
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク