FC2ブログ

今日も脳天気

役に立たない♪ 意見しない♪ 仲良きことは美しき哉♪

鳥は鳥

 
 カリフォルニアは食べ物が美味しい。それは認める。


 でも。一つだけ不満があった。


 つい最近まで、この辺りには美味しい焼き鳥屋がなかったのである。




 焼き鳥屋フリークの我が家は、京都にいたときも、一時期練馬に住んでいたときも、行ける限りの焼き鳥屋は、ほぼ余すところなく行って食した。(以下全て4年以上前の情報)


◎萬端(京都・河原町二条):一押し(^o^) 流行の炭火焼ではなく、ガスで焼いているのに、うまい。うちの好みのハツ・ズリ・セセリを塩で焼いてもらったら、最高です。焼き鳥だけじゃなく、鳥刺し、水炊きも美味しい。


◎一番(京都):当時京都にはメジャーな焼き鳥チェーン店が3つあった(一番・大吉・吉鳥)。チェーン店とはいえ、それぞれ特徴があってどれも悪くないのだが、中でも「一番」は、どこの店に行っても外れがなかった。安いし。お薦めは、手羽の皮で具を包んで焼いた「手羽餃子」と、ハツ(心臓)の近くのちょっと脂っこい結合組織を炙った「心のこり」。ちなみに備長炭。


◎土佐屋(京都・河原町三条):土佐地鶏。とにかくでかい。ニワトリじゃなくてペンギンでも焼いてんじゃないかと思うほど (^o^) ハツもズリもでかい。でも美味しい。値段は高いけど、でかいのですぐ満腹になる。


○母屋(東京・池袋東口近く):美味しかったけど、混み過ぎ。毎回相席させられた。西武のデパ地下に出店していたので、そっちでよく買っていた。


○味角(東京・東武東上線成増駅):名古屋コーチンの焼き鳥。鳥がそもそも美味しいので、美味しくて当たり前という気もするが、近くの名古屋コーチンの店「おいで安」はいまいちだったので、腕もあるのだろう。


×鳥銀(東京・銀座):釜飯はうまい。釜飯専門店にした方が良いと思う(-_-#



 焼き鳥ネタだけで一週間くらいは持ちそう(^_^;





 東京に引っ越したとき、驚いたのは、焼き鳥屋で豚を焼いていたこと。ハツがブタだったときには、思わず「金返せ」と言いそうになった。でも、これは関西と関東の食文化の違いであることが、後でわかった。それに、探せばちゃんとした焼き鳥屋もあったし。




 アメリカでも、探せばいろいろあるのかしら。あ、そうだ。アメリカなら七面鳥の方がいけるかも。でかいからコストも安いし、ハツもズリも取れるはず。首も長いから、セセリもうまそう。



 それとも。ものが七面鳥だけに。



 やっぱり、水炊き、がいいかな(^_^)

                            061606
スポンサーサイト



  1. 2006/12/24(日) 17:42:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
  5. |はてなブックマーク - 鳥は鳥
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク