FC2ブログ

今日も脳天気

役に立たない♪ 意見しない♪ 仲良きことは美しき哉♪

信仰

 
午後1時 「紅白歌合戦」
午後7時 近くの Buddhist temple で有難い講話を聞く
午後8時 除夜の鐘を撞き、ふるまい年越しそばをいただく
午後8時40分 帰宅。「のだめカンタービレ」
午後9時40分 「Dr. コトー診療所 2006」
午後11時45分 「ゆく年くる年」

 我が家の今年の大晦日の予定である。


「なんで午後1時から『紅白』?」

とか、

「なんで大晦日に『のだめ』?」

とかいう疑問はともかく(^o^) アメリカにいるにもかかわらず、ここまで見事にステレオタイプな日本人でいられるのには、自分でも驚く。


 ちなみに上記4番組は全て同じチャンネル。我が家で契約している、一番安いケーブルのセットに含まれる KTSF というアジア系チャネル(普段はほとんど中国語の番組)で、紅白ものだめもコトーも全部観ることができる♪



 閑話休題。



 日本人はよく irreligious、つまり無宗教民族だといわれる。本当にそうだろうか?


 お正月には各地の神社・仏閣が初詣客で賑わう。警察庁のまとめによると、その数9469万人!延べ人数とはいえ、全国民のおそらくは半数以上が、同じ行動をするのである。


 さっきラボの同僚に、どれくらいのアメリカ人がクリスマスイブに教会に行くのか聞いてみたところ、

‘I am not sure, but it'd be around 20% or something like that’

という答えが返ってきた。ラボのクリスチャン4人のうち、24日に Mass に行ったと言っていたのは一人だったので、当たらずといえども遠からずといったところだろう。クリスチャンにとって、おそらくは一番大事な日の一つであろうクリスマスイブでさえ、教会に足を運ぶのはわずか2割である。


 日本人はすごい。


 ま、初詣に行くからといって、皆が神道に没頭している訳でもないし、敬虔な仏教徒という訳でもない。ただの神頼みなのだろうから、そういうときだけいろいろ頼まれる神様・仏様達も災難である。


 クリスマスは教会に行き、大晦日は除夜の鐘を撞き、Chinese New Year にはパレードに参加する我が家は、何も言う権利はありませんけど(-_-)




 私も新興宗教でも始めようか。ぽり教、とか(^o^)


 教義は、

「我が人生に一片の悔い無し」・・・あ、これじゃ死ぬ間際みたい(-_-;


 じゃあ、

「明日は明日の風が吹く」

ならどうかな(^o^)



 相変わらず、根拠がない楽観主義ですか? 



 大丈夫。信じる者はすくわれます。



 ・・・あしもとを(^o^)
 
 
スポンサーサイト



  1. 2006/12/31(日) 16:39:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
  5. |はてなブックマーク - 信仰
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク