今日も脳天気

役に立たない♪ 意見しない♪ 仲良きことは美しき哉♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. |はてなブックマーク - スポンサーサイト
  4. |このエントリーを含むはてなブックマーク

10分の約束

 
 時間を守るという概念のないアメリカだが、その一方で、セミナーなどのトークの時間は驚くほどきっちり守られる。60分のトークなら、演者は45-50分で話を終え、質疑応答を含めて60分でまとめる。数人が15分のプレゼンテーションを行なうセッションでは、各人が持ち時間を越えることなく、予定通り次のセッションに移る。

 日本の学会が決してタイムテーブル通りにいかないのとは、対照的である。




 で、今日のトークセッション。座長であるM教授(推定年齢60歳)が、まず4人の演者を紹介し始めた。1人持ち時間30分、計2時間の予定らしい。更にM教授、

“Let me give you a brief introduction for 10 minutes

と言って、今日のトピックの背景を話し始めた。



 30分経過。終わる気配なし(-_-)



 この教授、30cm前方の床を見つめてボソボソ話す、つぶやきシロー系の人で、ただでさえ強烈な睡魔に襲われるのだが、45分経っても続くつぶやきトークに、逆に眼が冴えてきてしまった。



 60分経過。ようやくスライドが終わったと思ったら、

"Oh, just one more thing"

と、ホワイトボードでチョークトークを始めた。どうやら刑事コロンボのファンらしい。



 更に10分話した後、思い出したかのように再び今日の4人の演者の紹介を始めた。この時点で、周りの人の多くが、

「このじいさん、ボ○てんじゃないか?」

と思い始めたことが手に取るようにわかった。




 結局、10分の予定のイントロダクションが75分後に終了。ここからが凄かった。後を任せられた4人の演者、マシンガントークを決行し、一人15分~20分で話をまとめる。最後の人なんか、途中でプロジェクターが動かなくなり、半分で中止。


 あれだけ長かったイントロダクションにもかかわらず、なんと予定をたった15分ほどオーバーしただけだった。・・・座長にあんなに協力的な演者の方々、初めて見ましたわ。



 何事も、例外というのはあるのだ、という話。
 
スポンサーサイト
  1. 2007/01/31(水) 13:52:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
  5. |はてなブックマーク - 10分の約束
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク

頑張らない

 
 夕方、データ整理でコンピューターに向かっていると、ポスドクRが帰り際、

"See you tomorrow. Don't work so hard!"


 この間も、ちょっと実験が長引いたら、ポスドクAが帰り際、

"Hey, don't work so hard!"

 別に深夜ではないのだが、午後6時くらいに働いていると、決まってこう言われる。




 この国では、あまり頑張ってはいけないらしい。

                          050406
  1. 2007/01/28(日) 17:23:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
  5. |はてなブックマーク - 頑張らない
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク

 
 今日は実に久しぶりの雨。


 前にも書いたが、ここカリフォルニア、スタンフォード周辺には季節が二つしかない。乾季と雨季。アマゾンみたいなもんである(^o^)

 11月から2月までは雨季。毎日雨という訳ではないが、天気の悪い日が比較的多い。2、3日続けて雨ということもある。ところが、今年は雨の日が少ない。今日の雨は今年に入ってまだ3回目。

 その代わり、今年はカリフォルニアとしては記録的な寒さらしい。なにせ、氷点下に下がることが珍しいこの辺りで、先週は4日続けて-5℃。最低気温が-2℃の山形より寒かったのだから、相当なものである。ま、ニューハンプシャーの知り合いのところは連日-17℃だそうで、-5℃で文句言ってたら怒られそう(^_^)

 3月から10月までは乾季。特に5月から9月までは、ほんっとに1滴も雨が降らない。日本では1ヶ月くらい雨が降らないと、すぐ水不足だ、取水制限だと大騒ぎになっていたのに、こっちで水不足なんて聞いたこともないのが非常に不思議である。今年なんか、雨季になっても大して降らないので、大学や個人宅のスプリンクラーは今でも毎日稼動状態。うちでも風呂や洗濯で水使いまくっているのに、水道代はない(今のアパートは渡米して3軒目だが、以前のアパートでも水道代は取られたことがない)。




 この夏に、ネバダとアリゾナの州境にあるアメリカ最大のダム、フーバーダムを見学したとき、カリフォルニア州にも水を供給していると聞いた。いくらでかいとはいえ、ほぼ日本列島と同じ大きさのカリフォルニアの水源がここだけとは思えなかったが、よくよく調べてみると、フーバーダム一つの貯水量は、日本全国のダムの総貯水量の約二倍。すごい。いくらちまちましたダムを作っても、夏になると毎年一向に水不足が解消されない日本から見たら、羨ましい限りである。環境団体にとってはいろいろ言いたいこともあろうが、どうせダムを作るなら、これくらい多くの人を満足させてくれれば、なかなか文句も言えないと思う。(実際には、サンフランシスコを含む北カリフォルニアは、ヨセミテを始めとした別の水源から水が供給されている)


 今娘が読んでいる、フーバー大統領の伝記をぱらぱらめくりながら、そんなことをつらつら考えてみた。





 そういえば、中学の社会科の試験で、

「ナイル川上流に建設された世界有数の貯水量を誇るダムの名前は?」

という問題に、


「蔵王ダム」

と苦し紛れで答えたM君、元気かなぁ?


「アムステルダム」

と素で間違えたMちゃん、今頃どうしてるかなぁ?


「ガンダム」

と書いて、笑いもとれずに先生にこっぴどく叱られたO、お前が学校の先生になるとは思わなかった。

  1. 2007/01/27(土) 15:55:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
  5. |はてなブックマーク - 水
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク

光陰矢の如し

 
 3ヶ月前。次女、1歳2ヶ月。


「ねーね、ねーね」

長女:おねえちゃんが一番好きなんだよねー。あっちで遊ぼっか♪


「まんま、まんま」

妻:おかあさんがいいの?可愛いねー♪


「だだ、だだ」

ポリ:おとうさんだよな、やっぱり(^o^) 





 先週。次女、1歳5ヶ月。


「ねね、ねね、ねーね!」

長女:おかあさーん、眠いってさ(-_-)


「まま、まま、まんまんまんま!!」

妻:さっきおっぱい飲んだじゃん。おとうさーん、お腹減ったってさ(-_-)


「だだ、だだ、いないねぇ。だだ、だだ、だーだ!!!」

ポリ:・・・(息を潜めて物陰に身を隠している)



 月日の経つのは早い。

  1. 2007/01/24(水) 12:36:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. |はてなブックマーク - 光陰矢の如し
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク

パクス・ジャポニカ

 
 日本では、幼い子供を狙った凶悪犯罪が後を絶たないらしい。


 ニュースだけ聞いていると、明らかにアメリカより物騒である。

「そんな訳ないだろ。お前が英語のニュースを理解できないだけじゃないのか」

と言われそうだが、多分違うと思う。アメリカでも、この手の事件は、もしあれば大きく取り上げられる。大々的に取り上げられたニュースなら、ベイスポ(日本語の週刊無料新聞)を読めばわかるはず <・・・やっぱり英語はダメなんじゃん


 じゃあ、どうしてアメリカの方が、子供達にとって一見平和に見えるのか。


 こっちでは、基本的に子供が大人と離れて行動することが許されていないのである。


 小学生以下の子供だけで留守番させてはいけない(昨年、2人の子供に留守番させて Las Vegas に遊びに行った夫婦が逮捕されていた)。当然、子供を車に残して買い物に行ったら、捕まる。学校に行く時も、必ず親(あるいはとにかく大人)が一緒に行く必要がある。子供だけで公園に遊びに行くのもダメ。



 渡米して間もない頃、私の仕事場に、アパートメントの管理人から電話がきたことがある。いきなり、

管理人:お前は今どこにいるんだ?何をしている?

ポリ:(あんたがかけているのは仕事場の番号なんだから、仕事場で仕事してるに決まってるだろ) ・・・一体何が起こったの?

管理人:お前の娘が、アパートの中を一人でうろうろしているんだ!子供を放置しておくのは違法だぞ!


 えーーーっ?! ・・・どうやら、具合が悪く寝ていた娘(当時3歳)を置いて、妻が買い物に出かけていたらしい。慌てて帰ると、娘はアパートの一室で、アメリカ人のおばちゃんたち5人と遊んでいた。聞くと、目が覚めてお母さんがいないことに気付いた彼女は、わざわざ椅子を玄関まで運んで鍵を開け、外にお母さんを探しに行ったとのこと。


 30分後、のほほんと帰ってきた妻を説教したのは言うまでもない。





 アメリカの子供を取り巻く、一見平和な環境は、ある意味過保護から来るものであり、つまり、最近起こった日本の事件のような状況は起こりにくい。


 でも。


 僕等子供の頃は、学校も友達と行ったし、帰ってきたら鉄砲玉のように家を飛び出して行ってたよなぁ・・・。


 「行って来ます」だけで、2時間も3時間も、そのへん探検して回ってたよなぁ・・・。


 きっとそのうち、日本も法的に「はじめてのおつかい」が成立しない社会になってしまうと思うと、ちょっと悲しい。

                               052806
  1. 2007/01/21(日) 18:03:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
  5. |はてなブックマーク - パクス・ジャポニカ
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク

パクス・アメリカーナ

 
 つい最近、Stanford 構内で、2 件強盗被害があったらしい。


 そもそもこの界隈は、渡米前にアメリカに対して抱いていた予想とかけ離れた、非常に治安の良い地域である。それでも、やはりアメリカ。強盗のような、力づくの頭の悪そうな事件こそ少ないが、もうちょっと手の込んだ事件は時々耳にする。1 年ほど前、「指入りチリスープ事件」というのがあった。


 日本にもある Wendy's というハンバーガーチェーン店で、客から

「チリスープに人間の指が入っている」

というクレームがついた。店の人が見ると、本当に人の指が入っている。スープの製造過程で混入したと思われたので、店はそのおばちゃんに平謝り。なんらかの慰謝料を払って事は済むと思われた。

 ところが、いざ調べてみると、製造過程で指を切り落とした人はいくら探しても見つからない。指を切り落とせば、いくらなんでも気付かない訳が無い。


 実は、クレームをつけたおばちゃんが、自分で持ってきた指をスープに入れたというのが真相だった。・・・どこから持ってきたのか。


 事件の半年前に、旦那の働く工場で、知り合いが指を切断する事故があった。大騒ぎになったどさくさにまぎれて、その指を拾い、保管していたらしい。


 ・・・アメリカ人のギャグは、理解できない。




 ま、時々こういう意味不明な事件は起こるものの、この辺りは基本的に非常に危険の少ない、のんびりした土地である。以前、この辺りに長く住む T さんから、治安に関する興味深い話を聞いたことがある。


 ある研究グループが、都市の安全度を調査するのに、こんな実験を行なった。ボンネットを開けたままの車を、路上に放置する。つまり、誰かが車の具合を診ている途中、キーをつけたまま、何らかの理由で中座しているという状況を設定するのである。で、この車が盗まれるのにどれだけの時間を要するか、という実験である。


 これをアメリカのいろいろな都市で行なったところ、Detroit や Baltimore といった名だたる危険都市では、車が盗まれるのに、10 分かからなかった。他の都市でも、遅かれ早かれ数時間以内に車は盗まれたそうだが、ここ Palo Alto だけは、何日経っても、誰も車を盗む人はいなかったらしい。


 数日後、雨が降ってきたので、実験を終了しようとしたその時、ついに一人の男性が車に近づいてきた。「とうとう盗まれるのか」と思って見ていると、彼はエンジンが濡れないように、ボンネットを閉めて、そのまま立ち去ったとのこと。


 さあ、試してみます?

                           052706
  1. 2007/01/20(土) 10:23:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
  5. |はてなブックマーク - パクス・アメリカーナ
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク

再対決

 
 相変わらず日々繰り返される、研究室での子供自慢合戦(昨年11月8日の日記参照)。今日は、ボスが私に

“Do you still play Santa Claus to your daughters?”

と尋ねてきたところから始まった。



 7歳の上の娘は、いまだサンタさんを心から信じている。いつまで信じるか試してみたい気がするので、昨年のクリスマスも、彼女の夢を壊さないよう、私が精一杯の演技力を発揮した。ボスの上の娘さんはまだ2歳。うちと同様、サンタクロースは実在するという教育をしているとのこと。


 これを聞いていた、同じく2歳の娘さんを持つポスドクG、

“That's so wrong.”

と、我々を断罪。
 更に、

My daughter is smart enough not to be tricked by that any more.”


 ・・・うちとボスの娘はアホだ、と言いたい訳かい(-_-#



 それに対して、ボスはやっぱり今回も大人の対応。

“You don't have to lie to her, but my daughter still believes Santa Claus.”

と軽く流した後、娘さんのユーモア溢れるサンタさんへの思いを話してくれた。


 こちらでは、クリスマスイブの夜、サンタさんに宛てたお手紙と一緒に、Santa Snacks と呼ばれるお菓子を置いておく。「配達、御苦労様」みたいな感じか?


 おかげで私は大嫌いなマシュマロを食わされる羽目になったが(-_-#


 で、ボスの娘さん。サンタさんのためにクッキーを準備したのだが、枕元に靴下と一緒に並べているうちに、どうしても我慢できなくなり、全部食べちゃったんだって(^_^)


“You shouldn't have had Santa Snacks.”

とお母さんから言われた彼女、あっけらかんと、

“He wouldn't mind.”

 更に、

“So, what do you give him?”

と聞かれ、やおらキッチンに向かった彼女、夕食の残りのラビオリを皿に載せて、枕元に(^o^)



 お父さん、やむを得ず夜中に暗闇で残り物のラビオリを食する羽目に。



 次の朝、プレゼントと共に、サンタさんからの手紙が。

“I DO mind where my cookies are!”






 ここまできても、空気が読めないポスドクG、

“I can tell her the truth.”


 ・・・うちの娘の前で言ったら、殺す(-_-#

 
  1. 2007/01/17(水) 11:26:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. |はてなブックマーク - 再対決
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク

子供の意見・大人の都合

  
 娘を歯医者に連れて行った。



 こっちの歯医者さんは、

「虫歯だから治療しましょう」

とは絶対に言わない。

「虫歯ですけど、治療しますか?」

が基本である。もちろん、いろいろなオプションを提示してくるが、判断は患者自身がすることになっている。


 一つには、保険の問題がある。我が家はある保険会社の PPO という保険に入っているが、このプランでは、年間のカバー額が $1500 なので、それ以上は保険会社は払ってくれない。


 妻は昨年、検査の結果、治療すべき歯が5本あることがわかったが、この保険の関係で、1年に1本ずつしか治療できない。なので、自分で優先順位をつけて治してもらうことにしたようだ。


 あとは、恐らく責任転嫁の意味合いもあるのだろう。「あなたが治して欲しいというから、治療するんですよ」みたいな。




 娘がえらいこと早く診察室から出てきた。先生が、

「一本虫歯がありますが、今日はやりたくないそうなので、次のアポイントメント取ってもらえますか」

 ・・・いや、そりゃ、子供はいつだってやりたくないでしょう。そんなに簡単に子供の意見を取り入れられましても・・・(-_-)


 どうせいつかは処置する訳で、せっかくきたんだから、と、やむを得ず説得を始めると、先生、

「私たちもそろそろ帰りますし、次にしましょう」


 ・・・そっちの都合かい(-_-#

                         062206
  1. 2007/01/14(日) 18:03:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. |はてなブックマーク - 子供の意見・大人の都合
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク

穴があったら入りたい

 
 先日、「ラボの高齢化が激しいからもっとぴちぴちした若者をリクルートしてくれ」という日記を書いたところ、まるでリクエストに答えるかのように、さっきボスがぴちぴちした若いローテーションの学生を連れてきた。いつの間にこのブログに気づいたのだろう(^o^)


 早速、ラボメンバー紹介。うちのボス、アメリカ人の例に漏れず、紹介がおおげさ。


 ポスドクAは

‘He has done a wonderful job.’ <まだ論文になってませんが(^_^;


 ポスドクGは

‘She is the specialist of this new program.’ <まだ動いてすらいませんが(-_-;


 私のところに来ると、

‘He is a go-to guy in the lab.’


 ジョブハンティング中の私、てっきり「こいつはそのうち出ていくのよ」という意味だと思い、

‘I am not sure when I leave.’





 なんか気になったので、今調べてみたら、


go-to guy:頼りになる奴。大黒柱。


 うっ(-_-;


 9割がたお世辞とはいえ、せっかく褒められたのに。


 アメリカ人への道は遠い。


 もうイヤ(;_;)

  1. 2007/01/13(土) 05:17:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
  5. |はてなブックマーク - 穴があったら入りたい
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク

あらぬ疑い

 
 昨年末から、日本ではノロウィルス大流行というニュースが巷を賑わせている。かくいう私も、ウィルス研出身。ウィルスについてのうんちくでも垂れてみよう。


 ・・・垂れるほど知識がない(-_-;



 大体、ウィルス研という名前が非常によろしくない。ウィ研で実際にウィルスを研究対象としていたラボは、当時あった10以上のラボのうち、せいぜい3つか4つ。うちのラボなんか、ベクターなどの手段として用いるほかは、ウィルスとは何の関係もなかった。

 当時はちょうど日本でもエイズが問題になり始めた頃。折悪しくも、大○大学のエイズを研究しているラボの大学院生が、実際に HIV ポジティブになったというニュースがあり、私がウィルス研に入ったことを知った親類や知人から、実家に

「大丈夫?」

という電話が何本かあったらしい。
世間一般には、ウィルス「研」はウィルス「圏」とでも思われていたのだろうか。迷惑な話である。実験材料がそんなふうにだだ漏れだったら、えらいことになる。




 ついでに、ちょうどその当時、地下鉄サリン事件を初めとする、一連のオウム真理教関連事件があった。オウムの幹部の一人で、死刑囚となった遠藤なんちゃらはウィルス研出身。同じラボだった人の話では、ウィルス研在籍中から、突然インドに修行に行くなど、怪しげな行動が多かったらしい。


 で、当然実家には、

「大丈夫?」

という電話が何本かあったらしい。
世間一般には、ウィルス研はオウムの養成機関とでも思われていたのだろうか。迷惑な話である。



 ちなみに、件の○阪大学の大学院生、実はプライベートでエイズに感染していたとかいないとか(^_^; 最近とみに評判の悪い大阪大○(<伏字の意味なし)だが、さすがに学生のプライベートでのエイズ感染まで責任持てないだろうな。

  1. 2007/01/10(水) 06:32:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
  5. |はてなブックマーク - あらぬ疑い
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク

神経衰弱は得意なのに

 
 人の名前が覚えられない。



 大学の廊下を歩いていたら、

“Hi Akira, how are you?”

と声をかけられた。見れば、どっかで見たことのある奴。ちょうど実験室にマウスを運んで行くところだったので、「今から実験?」「調子はどう?」「ちょっと参考にしたいことがあるから、来週実験見に行っても良いか?」などと会話がはずんだ。・・・が、名前もラボも思い出せない。


 話しているうちに、彼のやっている実験がわかり、ラボも思い出した。でも、やっぱり名前は出てこない。


 相手も忘れているならいいのだが、余程覚えやすいのか、大概の場合向こうはこっちの名前を覚えているから性質が悪い。初めからフレンドリーなので、あらためては聞きにくいのだ。


 私の名前が覚えやすいというより、アメリカ人は人の名前を覚えるのが得意なんだと思う。学会でも、自分のポスターに来てくれた人の名前を、みんなほんとによく覚えていて、感心する。しかもファーストネーム。




 日本にいた頃は、人の名前を覚えるのがもの凄く得意だった。妻の職場の飲み会に行ったとき、10人以上初対面なのに、始まって30分で全員の苗字を正しく呼んで、驚かれたこともある(あ、もしかして酒のせいで記憶力が促進されただけか?)。私の脳にとって日本人の苗字と顔というのは記憶が一致しやすいのだろう。


 同じ漢字でも、韓国人のはダメだろうな。皆「金」だし。
 
 



 妻はこれに共感してくれない。・・・日本人の名前も覚えられないんだって(^_^;


妻:あれ、ほら、誰だっけ? 前、ドラマに良く出てた、色の黒い人

 ・・・もうちょっと、ヒントを下さい(;_;)

妻:わかんないのぉ?

 ・・・わからない、というより、該当者が多過ぎます。

                      070206
  1. 2007/01/07(日) 18:23:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
  5. |はてなブックマーク - 神経衰弱は得意なのに
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク

虚弱

 
 新年早々、具合が悪くて寝込んでしまった。原因と思われるのは、年末の Flu shot。とにかく、全身の倦怠感がひどく、一日半ほど全く力が入らなかった。一緒に打った妻はぴんぴんしているのに。


 予防接種にやられるとは、なんとも情けない。



 2年前、年末にインフルエンザに罹り、4、5日一人で寝込んでいたのも私。妻も娘も、全然平気だった。


 渡米半年後に車で崖から転落し、Poison Oak が一面に茂った斜面を這い登ったときも、全身かぶれたのは私だけ。同じことをした妻と娘には何事も起こらなかった。


 全員で寝込むことになっても困るので、皆私より丈夫なのは僥倖だが、それにしても、弱い。




 そういえば、昔中国に旅行に行ったときのこと。現地で頼んだツアーで、確か同仁堂という、薬局の起源みたいなところを訪問した。ここに隣接した診療所では、医者らしきおじいさんが、脈診で健康診断してくれる。


 妻は当時妊娠7ヶ月。あまりお腹は目立っていなかったが(このときは最終的に 5 kg しか増えなかったので)、脈を取っただけで、

「あなたは妊娠中ですね」<横に日本語の通訳ができる助手がいた


 更に、


「肝臓弱っています」


 ほう。なかなか的確じゃないか、と感心していると、次は私の脈を取り、


「あなたは、」


 はい。


虚弱体質です(通訳が断言)


 ・・・。どこが悪いとかじゃなくて?


全部悪いです(通訳がきっぱり)



 当時まだそれなりに運動もしていて、体力には自信があった私は、診療所を出るなり、

「ヤブだな、ありゃ(-_-#  」

と莫迦にしまくっていたが。



 すみません m(_ _)m 御明察です。おみそれいたしました m(_ _)m 私が間違っておりました m(_ _)m 
 
  1. 2007/01/06(土) 06:20:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. |はてなブックマーク - 虚弱
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク

おめでたい

 
 新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。


 正月ということで、おめでたい話でも。



 新年早々、TVで出産シーンを観た7歳の長女。


長女:ベイビー産むの、痛そうでやだなー

 痛くない出産もあるけど。


長女:あ、あと、さっきの女の人、一人で産んでたよね。一人ぼっちだったら怖いなー

 お父さんとお母さんが外で待っててあげるよ。


長女:えー? お父さんとお母さん、そのときまだ生きてるの?

 ・・・あんた、いつ子供産むつもりやねん(-_-;


長女:生きてても、すっごいおじいちゃんとおばあちゃんなんじゃない?

 『すっごい』は余計(-_-# 大体、旦那がいるはずやろ。


長女:えー、でもあたし、ハズバンドとマリーできないかも

 なんで?


長女:ガールのお友達はいっぱいいるけど、ボーイのお友達あんまりいないし

 いっつも男の子と走り回ってるやん。


長女:あれは、あたしたちガールズがキスしようとすると、ボーイズが逃げて面白いから

 ・・・そりゃ、ほんとに結婚できないかもね(-_-;


長女:あ、でももし5人くらいあたしとマリーしたい人がいたらどうしよう

 ・・・。


長女:あたし、お金8ダラーズも持ってるからお金持ちだし。 どうしようかな・・・

 ずっと妄想しててください。




 以上、頭がおめでたい(^o^) うちの長女とのニューイヤートークでした。
 
 
  1. 2007/01/03(水) 12:05:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
  5. |はてなブックマーク - おめでたい
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。