FC2ブログ

今日も脳天気

役に立たない♪ 意見しない♪ 仲良きことは美しき哉♪

パクス・ジャポニカ

 
 日本では、幼い子供を狙った凶悪犯罪が後を絶たないらしい。


 ニュースだけ聞いていると、明らかにアメリカより物騒である。

「そんな訳ないだろ。お前が英語のニュースを理解できないだけじゃないのか」

と言われそうだが、多分違うと思う。アメリカでも、この手の事件は、もしあれば大きく取り上げられる。大々的に取り上げられたニュースなら、ベイスポ(日本語の週刊無料新聞)を読めばわかるはず <・・・やっぱり英語はダメなんじゃん


 じゃあ、どうしてアメリカの方が、子供達にとって一見平和に見えるのか。


 こっちでは、基本的に子供が大人と離れて行動することが許されていないのである。


 小学生以下の子供だけで留守番させてはいけない(昨年、2人の子供に留守番させて Las Vegas に遊びに行った夫婦が逮捕されていた)。当然、子供を車に残して買い物に行ったら、捕まる。学校に行く時も、必ず親(あるいはとにかく大人)が一緒に行く必要がある。子供だけで公園に遊びに行くのもダメ。



 渡米して間もない頃、私の仕事場に、アパートメントの管理人から電話がきたことがある。いきなり、

管理人:お前は今どこにいるんだ?何をしている?

ポリ:(あんたがかけているのは仕事場の番号なんだから、仕事場で仕事してるに決まってるだろ) ・・・一体何が起こったの?

管理人:お前の娘が、アパートの中を一人でうろうろしているんだ!子供を放置しておくのは違法だぞ!


 えーーーっ?! ・・・どうやら、具合が悪く寝ていた娘(当時3歳)を置いて、妻が買い物に出かけていたらしい。慌てて帰ると、娘はアパートの一室で、アメリカ人のおばちゃんたち5人と遊んでいた。聞くと、目が覚めてお母さんがいないことに気付いた彼女は、わざわざ椅子を玄関まで運んで鍵を開け、外にお母さんを探しに行ったとのこと。


 30分後、のほほんと帰ってきた妻を説教したのは言うまでもない。





 アメリカの子供を取り巻く、一見平和な環境は、ある意味過保護から来るものであり、つまり、最近起こった日本の事件のような状況は起こりにくい。


 でも。


 僕等子供の頃は、学校も友達と行ったし、帰ってきたら鉄砲玉のように家を飛び出して行ってたよなぁ・・・。


 「行って来ます」だけで、2時間も3時間も、そのへん探検して回ってたよなぁ・・・。


 きっとそのうち、日本も法的に「はじめてのおつかい」が成立しない社会になってしまうと思うと、ちょっと悲しい。

                               052806
スポンサーサイト



  1. 2007/01/21(日) 18:03:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
  5. |はてなブックマーク - パクス・ジャポニカ
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク