FC2ブログ

今日も脳天気

役に立たない♪ 意見しない♪ 仲良きことは美しき哉♪

10分の約束

 
 日常生活では時間を守るという概念の希薄なアメリカだが、その一方で、セミナーなどのトークの時間は驚くほどきっちり守られる。60分のトークなら、演者は45-50分で話を終え、質疑応答を含めて60分でまとめる。数人が15分のプレゼンテーションを行なうセッションでは、各人が持ち時間を越えることなく、予定通り次のセッションに移る。

 日本の学会が決してタイムテーブル通りにいかないのとは、対照的である。
 
 で、今日のトークセッション。座長であるM教授(推定年齢60歳)が、まず4人の演者を紹介し始めた。1人持ち時間30分、計2時間の予定らしい。更に、
 
M教授:Let me give you a brief introduction for 10 minutes.
 
と言って、今日のトピックの背景を話し始めた。


 30分経過。終わる気配なし(-_-)


 この教授、30cm前方の床を見つめてボソボソ話す、つぶやきシロー系の人で、ただでさえ強烈な睡魔に襲われるのだが、45分経っても続くつぶやきトークに、逆に眼が冴えてきてしまった。


 60分経過。ようやくスライドが終わったと思ったら、

M教授:Oh, just one more thing.

と、ホワイトボードでチョークトークを始めた。どうやら刑事コロンボのファンらしい。


 更に10分話した後、思い出したかのように再び今日の4人の演者の紹介を始めた。この時点で、周りの人の多くが、

「このじいさん、ボ○てんじゃないか?」

と思い始めたことが手に取るようにわかった。




 結局、10分の予定のイントロダクションが75分後に終了。ここからが凄かった。後を任せられた4人の演者、マシンガントークを決行し、一人15分~20分で話をまとめる。最後の人なんか、途中でプロジェクターが動かなくなり、半分で中止。


 あれだけ長かったイントロダクションにもかかわらず、なんと予定をたった15分ほどオーバーしただけだった。・・・座長にあんなに協力的な演者の方々、初めて見ましたわ。



 何事も、例外というのはあるのだ、という話。
 
スポンサーサイト



  1. 2007/01/31(水) 13:52:12|
  2. 研究室にて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
  5. |はてなブックマーク - 10分の約束
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク