FC2ブログ

今日も脳天気

役に立たない♪ 意見しない♪ 仲良きことは美しき哉♪

十人十色

 
 朝からセミナー。最近のプレゼンテーションでは、赤ではなく緑のレーザーポインターを使うことが多い。かなりの数いる、赤を知覚しにくい人のことを考慮してのこと。でも、緑の光って、私を眠りの世界へといざなっていくんだよな・・・zzz





「この緑の葉っぱは、他の人にはどんな色に見えているのだろう?」


 子供の頃からとても不思議だった。同じに見えているのかもしれない。同じに見えていないかもしれない。それは誰にもわからない。確かめようがない。


 色の認識が網膜上の光受容体の数や性質で決まっているとしたら、もし仮に、他の人の目をそっくりそのまま借りてくることができたら、その人がこの葉っぱがどんな色に見えているか、わかるだろうか?答えは多分、否。


 面白い実験がある。オレンジ色と緑の縞模様と、オレンジ色と青の縞模様の2枚のボードを被験者に見せる。オレンジ色は両方とも全く同じ物であるにもかかわらず、多くの人は2枚のボード上のオレンジ色は「違う色」だと認識するのだという。

 色の認識は、脳により、結構複雑に行なわれているらしい。だから、同じ色を見ていても、10人いれば10人皆微妙に異なる認識をしている。自分にとっては、それが「普通」。でも、他の人がどう認識しているか「正確に」知ることは、絶対に出来ない。

 不確定性原理のようなもの、かな。



 色のコントラストもそう。青と紫のコントラストがはっきりしない人は、もしかしたら私が強いコントラストを感じないような黄色と山吹色に美しいコントラストを見出すかもしれない。

 多分、それぞれに明確な線引きなどないのだと思う。例えば電話番号の下4桁が、もし 5555 だったら、なんか特別な数のような気がするかもしれない。でも、1728 だって特別な数(12の 三乗)。2543 だって特別な数(娘の自転車のキーチェーンの番号)。それと同じで、全部違うけど、きっと全部特別。


 十人十色♪



 みんな微妙に違うから、そこに得手不得手があってもおかしくない。緑と赤が判別しにくければ、それを判別しなければならないような仕事はできない。でもそれは、泳ぎの苦手な人が水泳の選手になれないのと同じこと。


 前にも書いた通り、私は物心ついた頃から吃音持ち。だからアナウンサーにはなれない。弁護士も無理。噺家(^o^)もダメだろうな。

 なんでそうまでしてしゃべりたいかはともかく(^o^) 私はそのせいで不利益を被ったとは思っていない。もし私が今の仕事ではなく、別の道を歩んでいたなら、日本は未来のノーベル賞学者を一人失っていたかもしれないし。<莫迦


 人間万事塞翁が馬♪





 いつの間にかセミナー終了。全然聞いちゃいねぇ(-_-; ま、これだってもしかしたら変な先入観を植え付けられなくて良かったかもしれないし。


 人間万事塞翁が馬♪ <違う

スポンサーサイト



  1. 2007/03/28(水) 04:41:42|
  2. 研究者として
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
  5. |はてなブックマーク - 十人十色
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク