FC2ブログ

今日も脳天気

役に立たない♪ 意見しない♪ 仲良きことは美しき哉♪

涙の理由

 年のせいか、最近ほんとに涙もろくなった。
 
 テレビ番組や映画は、まあ、わざと泣かせるストーリーに作り上げられているんだから、仕方ないといえば仕方ないのだが、「救命病棟24時」(<古い)なんか結構やばかった。
 
 長女の学校のオープンスクールで、卒業生の6年間の成長の跡を綴ったスライド上映を見ながら泣けてきた時は、我ながらあきれた。他人の子供だっつうの(-_-)
 
 子供の虐待を始めとした昨今の日本のニュースなんか、最後まで読めないようなものも多い。プールの排水溝に吸い込まれた女の子の救出作業で、足が見えているのに助けてあげられない救出チームの人達の心情。酔払い運転に追突され、海に転落した車から必死で救出しようとした3人の子供が目の前で亡くなっていった御夫婦。
 
 男が泣くなんてみっともないことはわかっているのに、いつからこんな風になったのか。つらつら考えてみると、うん。きっとあのときからだ。
 
-------------------------------------------
 8年前の夏。妻は妊娠38週。まだ予定日までは間があった。
 
 夜中の1時少し前のことだった。なぜかまだリビングで起きていた私の耳に、寝室から妻の声が聞こえてきた。おなかが痛いというので、陣痛には少し早いと思いつつ、間隔を測る。
 
 おかしい。本やお父さん学級で教わった間隔と明らかに違う。波が早過ぎる。

 慌ててかかりつけの産院に電話すると、すぐに連れて来いとのこと。その頃には痛みで歩くことも困難になっていた妻を抱きかかえて、徒歩7分ほどの産院まで歩き始めたが、重かったので(^^; たまたま通りかかったタクシーを拾って、産院の玄関に着いた途端、出血。
 主治医の先生の診断は、常位胎盤早期剥離。緊急事態ということで、救急車を呼び、一番近くの大学病院まで運ばれた。
 
 緊急帝王切開の準備の間、
「母体最優先でいきます。赤ちゃんについては保証できません」
と説明を受け、同意書にサインした。痛みでうんうんうなっていた妻までサインさせられた(いや、必要なことはもちろんわかっているのだが)。
 
 手術室に入ったのは午前3時頃。大した意味はないと思いつつ、「祈りながら歩き続けなければならない」と勝手に決めて、手術室の前を行ったり来たりすること2時間。出てきた看護婦さんが、
 
「4時54分に生まれました。二人とも無事ですよ」
 
と言われたときは、ただただ安堵した。
 
 麻酔から覚めたチューブだらけの妻を病室に見舞った後、NICU に運ばれた娘に会いに行った。彼女もまたチューブだらけでカプセルに入っていたが、想像していたサルのような赤ちゃんではなく、目も既にパッチリ開いて、わりと人間らしい(^^)顔だったことに、また安堵した。
 
 翌日、とりあえず当時所属していた研究室に報告に行き、すぐまた病院に向かった。研究室から病院までは東武東上線で8駅。ただ、両方とも駅からかなり歩く必要があるし、自宅から研究室までは自転車で通っていたこともあって、試しに病院まで自転車で行ってみることにした。研究室から病院まではおよそ10km。ママチャリだったが、40分くらいで着いたと思う。
 
 病院で担当の先生に詳しい話を聞いた。胎盤の3分の2が剥離していたこと。取り出した後、娘が2分間自発呼吸しなかったこと。あと30分遅かったら、母子共に危なかったこと。
 
 NICU でカプセルの中の娘にさわらせてもらった。うん、元気そう。病室に戻ると、相変わらずチューブだらけの妻が、点滴のせいでぱんぱんにむくんだ足を見せてくれた。
 
 帰り道。泣いた。川越街道を自転車で走りながら、ほんとに大声で泣いた。ありがたくて、ありがたくて。頑張った妻と頑張った娘のことを思って。助けてくださった主治医の先生や執刀医の先生、家族を守ってくれている天国の祖母に感謝して。あと、なんにもできない自分が情けなくて。
 
-------------------------------------------
 
 あんなに泣いたのは、ある程度の年になってからは初めてだったと思う。あれからだな。涙腺ユルユルになったのは。
 
 
 数日後、病室で
 
私:この間チャリで来たとき、・・・
 
と、妻にその話をしようと思ったら、
  
妻:チャリで来た? この暑いのに、莫迦じゃないの? そんなことしてるから来るのが遅いんじゃん#
 
 突っ込むところ、そこですか。あーそうですか(-_-)
スポンサーサイト



  1. 2007/04/21(土) 04:52:34|
  2. 若気の至り ―蘇る黒歴史の数々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
  5. |はてなブックマーク - 涙の理由
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク