FC2ブログ

今日も脳天気

役に立たない♪ 意見しない♪ 仲良きことは美しき哉♪

自動車のある生活

 
 アメリカは「車社会」だ、とよく言われるが、今や日本も立派な車社会だと思う。しかし、その意味するところは微妙に違う。


 日本は、車「優先」社会である。別に車なんかなくても充分生活できる。が、車があると、歩行者や自転車より「偉い」のである。

 ここらへんは、アメリカとは全然違う。カリフォルニア、特に Stanford 周辺は、ドライバーのマナーが良く、常に弱者優先が徹底されている(東海岸はまた異なるらしい)。


 アメリカの場合、車「必須」社会である。何に必須なのか。Stanford 周辺の場合、必ずしも「移動」に車は必須ではない。大学、あるいは職場の近くに住めば、自転車や公共交通機関で、移動はなんとかなる。スーパーも結構あちこちにある。

 問題はこのスーパーでのお買い物。・・・一つ一つの単位重量が重過ぎて、とても自転車で運ぶ気にならない。液体はガロン瓶だし、肉のパックもでかい。しかも、ママチャリがほとんど存在しないので、マウンテンバイクで買い物袋を5つぶら下げるという曲芸を強いられることになる。


 もちろん、移動についても、行動範囲が日本にいるときに比べて広いので、車があると便利ではある。この辺りは治安が良いので、こんな暢気なことをいっているが、Los Angels に留学した知り合いは、車じゃないと、夜出歩けない、と言っていた(例え車でも、人気のないところで赤信号でうっかり止まると、襲われるらしい)。



 Stanford はお金持ち大学なので、学生もほぼ全員といってよいほど車を持っている(うちのボスは、学生の方が自分より良い車に乗っている、とぼやいていた)。でも、私にとっては、恐らくマナーの点で、アメリカはあまり車社会を感じさせない。




 学生の頃、関西アメフトリーグの終盤戦、3強と呼ばれた京大・関学・立命の直接対決に先立ち、応援に向かう学生達が受けたアンケート調査の中に「あなたの愛車は何?」という項目があった。


関学(音に聞こえしお坊ちゃま大学):

1位―外車
2位―国産車


立命(京都ではお金持ち大学の一つ):

1位―国産車
2位―持っていない


で、京大は、というと、

1位―自転車
2位―持っていない


 ・・・「持っていない」という選択肢はあったが、「自転車」なんてそもそも選択肢にないのである。わざわざ「その他」の後の「(  )」に手書きする(しかも一人じゃなく大多数)ところは、さすがというか何というか(-_-;

                                061206
スポンサーサイト



  1. 2007/05/13(日) 17:26:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:10
  5. |はてなブックマーク - 自動車のある生活
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク