FC2ブログ

今日も脳天気

役に立たない♪ 意見しない♪ 仲良きことは美しき哉♪

参照

 
 日記を書くのは、楽しい。今書いているのは、他人に読んでもらうことが前提の日記であるが、仮に、日記帳に自分以外に誰も読まないであろう日記を書くとしても、実際に起こった出来事をただ漫然と書くのではなく、読んでいて楽しい日記にしようと(いらん)努力をするだろう。私にとって、事実の備忘録であると共に、心の備忘録でもある。

 ところが、こんな弊害もある。




 先週金曜日、大学近くの地ビール屋さんに飲みに行った。面子は日本人6人。ポリは東北出身なので(^o^)聞き役に回る、・・・つもりだったが、結局いつもどおりしゃべりまくった私。


 まあ、それはいい。


 問題は、私以外の5人中、この日記の存在を知っている人が3人いたこと。そう、話のネタがバレバレなのである。

 私のしょうもない日記のことなど、皆さんいちいち覚えていないことは百も承知しているのだが、それでも研究者の端くれとしては、既出データをいかにも新データであるかのように話すのはためらわれる。結果として、一度でも日記に書いたネタを話すときは、3人の方を向いて、

「前にちょっと書きましたが、・・・」

と前置きすることになる。初めての人には何のことかわからないので、間抜けな点は否めないし、やりにくいことこの上ない。


 芸人でもないのに、なんでそんなことに気を遣ってるんだか(^_^;





 いっそのこと、これまでの日記を冊子にして、知り合いに配ろうかしら。飲み会のお知らせに、

-テキスト持参のこと-

と書いておいて、既出のネタを話すときには、

「この間ラボで、・・・あ、そういやこれは日記に書いたっけ?」

 ここでおもむろに冊子を取り出し、

「では皆さん、85ページを開いてください」

とか(^o^)
 
スポンサーサイト



  1. 2007/05/23(水) 04:22:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
  5. |はてなブックマーク - 参照
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク