FC2ブログ

今日も脳天気

役に立たない♪ 意見しない♪ 仲良きことは美しき哉♪

Trust me!

 
 イチゴ狩りに行ってきた。



 イチゴ狩りといえば思い出すのが、大学時代、陸上部の合宿で静岡に行ったときのこと。

 休養日、イチゴで有名な日本平でイチゴ狩りをすることに。「制限時間30分」の表示を見た、日頃から奇異な行動で知られる同級生 I は、

「手でもぎ取る時間がもったいない!俺は直接食うぞ」

といって、地面に生えているイチゴに顔を近づけては、本当に直接食べ始めた。


 ・・・ほんとに時間の節約になってるか??



 しばらくすると、

「うげっ、げっ、げっ、おえっ。腐ってるぞ、これ!!」


 ・・・予想しろ、それくらい。




 ま、莫迦はほっといて (^_^) 上にも書いたとおり、日本のイチゴ狩りの場合、私の知る限り、必ず時間制限がある。更に入場料を取り、持ち帰りは別にお金を取る(持ち帰り不可のところもあった)。まあ、時間制限に関しては、30分も食べ続ければ大体もう食べたくなくなるので別に構わないのだが、急かされるのはなんとなく気分的によろしくない。


 こっちはどうか、というと、まず時間制限も入場料も存在しない。それどころか、広大なイチゴ畑にそもそも柵がないので、誰でもいつでも入ることが出来る。

 その場で食べるのは自由。もちろん無料。持ち帰る分だけ、帰りに重さを量って、料金を払う。これがまた安い。$1.50/lb、およそ 1kg で 350 円というところか。今年は去年よりちょっと小粒だったが、甘くて、イチゴの酸味もあって、しかもオーガニック。

 レジには、"Pay here in honor" と書いてある。つまり、完全自己申告制である。売る人、買う人がお互いに信用し合っている。


 これ、私がこの国の文化で、好きなところである(好きじゃないところもあるが)。自己責任の国と言われるが、同時にいろいろな場面で、ヒトを信頼してるなぁ、と感じる。

 レストランでも支払い方もそう。レジが出口にない店が多い。電車の改札もそう。どこかの国のように、何重ものチェックに悩まされたりしない。性善説の国なのだろう(日本が性悪説というわけではない。あれはまた別物)。




 でも。やっぱりちょっと心配になってしまう。あのファーム、商売成り立つんだろうか。あまりにも商売っ気が無いのも考え物。そのうち、この国は大阪人にのっとられるぞ。

                              052906
スポンサーサイト



  1. 2007/05/27(日) 23:34:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
  5. |はてなブックマーク - Trust me!
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク