FC2ブログ

今日も脳天気

役に立たない♪ 意見しない♪ 仲良きことは美しき哉♪

病気

 
 アメリカに来て4年半、英語能力がさっぱり向上しない。


 うちのラボの連中は皆優しいので、私がこう愚痴をこぼすと、必ず

「心配ない。お前の英語は充分通じる」(4年経って通じるだけかい (-_-# )

「前よりずっとまし」(前がひど過ぎたってこと?)

もっとひどいのが一杯いる」(・・・なぐさめにならん)

てなことを言われる。人から聞いた話では、”fine” とか “OK” とかいうのは、かなり問題あり、という意味で、細かい問題点を指摘されるようになって初めて、上達したといえるらしい。


 でも、最近、それだけでもないような気がしてきた。


 今日、とあるセミナーで、腕に大きな火傷を負った患者に薬を与えたら、痛みの感じ方が軽減しただけでなく、痛みにより活動が激しくなる脳内のある部位の活性が、顕著に下がったという話を聞いた。ところが、どんな薬を与えたか、というと、placebo、つまり偽薬だという(小麦粉とかそんな奴)。つまり、なんの薬効も無い薬が、気分だけでなく、感覚システムそのものまで変えてしまったというのである。

 まさに「心頭滅却すれば火もまた涼し」である。


 英語も同様である。英語の上達云々に関わらず、自分が自信を持っていることを話している時には、相手の反応も早いし、盛り上がる。内容を褒められた時なんか、もう絶好調である。巨人の中畑になってしまう (^o^)

 一方、そうでないときには、自分でもわかるくらい、文法も何もメロメロになってしまう。

 まさに「病は気から」である(私の英語は病気かい?)


 特に、アルコールが入って、気が大きくなると、自分でも驚くくらい、べらべらしゃべっている。・・・ただ、こういうときの会話って、せっかくいろいろディスカッションしても、終わってからさっぱり覚えてないんだよなぁ。


 アルコールなし・・・うまくしゃべれない。下手な議論をいつまでも覚えている。
 アルコールあり・・・うまくしゃべれている(ような気がする)。でも覚えていない。


 人生うまくいかないものである。

                            052406

スポンサーサイト



  1. 2007/06/03(日) 22:59:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
  5. |はてなブックマーク - 病気
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク