今日も脳天気

役に立たない♪ 意見しない♪ 仲良きことは美しき哉♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. |はてなブックマーク - スポンサーサイト
  4. |このエントリーを含むはてなブックマーク

黒一点

 
 現在私が所属しているラボのボス J は、御存知の通り、女性である。アメリカといえど、女性ボスはそう多くはないが、珍しいというほどでもない。

 ラボマネージャー R も女性である。これは普通(たまに男もいるけど)。

 ポスドクは R、G、S、私の4人。1月にポスドク A(男)が企業に就職し、入れ替わりに S(女)が新たにラボメンバーになった。現在私以外の3人は女性。以前、調査結果を日記にした通り、うちの Department に所属するポスドクは、男女比2:1。なので、女3男1はちょっと偏りがあるものの、女性ボスであることを考慮すると、おかしくはない。

 大学院生が2人。これまでうちのラボで6年間研究を続けていた M(男)は、臨床医を目指すため、7月から研修中。したがって、今は2年目の C(女)のみ。ローテーションを終え、9月からうちに来る予定の B は女性。大学院生も男女比2:1なので、これも異常事態とまでは言えない。

 結局私が指導することになった学部生 P(男)は、予想通り非常に優秀。だが、8月一杯でアルバイト契約は終了。


 こうして、各々はそれほど不思議ではない状況が重なった結果。


 9月から、うちのラボはハーレム、じゃなかった(^_^)、正真正銘、男一人。ランランラン♪



 喜んでいる場合ではない。



 男女差別するつもりはない。事実、今までも女性優位(<人数のことね)のラボではあったが、これまで非常に快適に研究を続けることができている。


 誤解を恐れずに言えば、私の印象では女性研究者の方が全体にレベルが高い。女性はそれなりのレベルでないと生き残っていけないフィルターが、アメリカといえどもある程度はあるのだと思う。だから、discussion も結構楽しい。ちなみに、男はピンキリ(-_-;


 ただ、やはり女性ならではの不都合というものはある。私が来てからというもの、うちのラボはなぜかベイビーラッシュで、なんと4年間で赤ちゃん5人誕生(^o^) 当然、出産休暇を取らざるを得ない。うちのラボのような小人数ラボの場合、各自がラボ運営に重要な役割を少なからず分担しているため、長期休暇を取る場合、いちいち引継ぎをする必要が出てくる。

 男だって育児休暇を取れば同じことなのだが、研究の進展が滞るのを避けてか、私のように3ヶ月も育児休暇を取る能天気な男はあまりみかけない。そもそも、ボスの趣味なのか、うちのラボにこれまで所属していた男は、私以外全員独身だし。




 実は一昨日、ポスドク R のおめでた判明(^o^) 恐ろしい(?)ことに、大学院生 C と、新たに来る B は共に新婚さん。ポスドク S も年内に結婚予定。皆さん、おめでた予備軍な訳である。

 今後の混乱が目に見えるようなので、こうなったらとっとと職を探して、なるべく早くラボを出て行きたいような気がしてきた。私が抜けた後の女性だけのラボというのも見てみたいし。



 ついでにいえば、私の場合、家に帰っても女3男1(;_;) 気分的には女10男1(;_;) ・・・いえ、もう非常に快適な生活です、ほんとに。
 
 
スポンサーサイト
  1. 2007/07/28(土) 14:31:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
  5. |はてなブックマーク - 黒一点
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク

別問題

 
 まもなく2歳の誕生日を迎える次女。おしゃべりが楽しくて仕方がない。


「だーだ、じゅーじ!(お父さん、10時だから起きて!)」
「だーだ、え、わんわん!(お父さん、犬の絵描いて!)」
「だーだ、ぺん、ないねー、ぺん!(お父さん、ペン落としたから取って!)
「のぉー、だーだ、あっち!(お父さん、用は済んだからあっち行って!)

 お父さんはあんたの召使いじゃない(-_-#



 いろいろなものを、大人と同じように認識し、伝えようとするようになってきた次女、四六時中しゃべっているのだが、口数が多いからうまく発音できるという訳ではないのが面白い。

 得意なのは「あ」行、「ま」行、「ば」行、「ぱ」行。苦手なのは「ら」行、「か」行、「だ」行。「あい(アリ)」「みおい(ミドリ)」「ちあちあ(きらきら)」など、解読が一苦労である。



 うまく発音できればちゃんと言えるかというと、そうでもない。


 長女が次女をトレーニングしている。

長女:「ぴ」って言ってみて。

次女:「ぴ」。

長女:次、「の」って言ってみて。

次女:「の」。

長女:言えるじゃん。じゃあ、「き」って言ってみて。

次女:「き」。

長女:「お」って言ってみて。

次女:「お」。

長女:すごぉい!全部言えるね。じゃあ、「ぴのきお」って言ってみて!

次女:ぴよぴよ!

 自信たっぷりだけど、最初の「ぴ」しか合ってないですから(-_-;



 もっとも、ちゃんと言えるからといって、正しいとも限らない。


 日曜日、Fremont にラーメンを食べに行った帰り道、ふと空を見上げると、飛行機が煙を吹きながら錐もみ飛行している。

「あれ、危ないよ!落ちるんちゃう?」

と騒いでいたが、近づくにつれ、誰も乗っていない大きめの模型飛行機であることが判明。下に操縦している人もいる。

妻:なんだ、エアコンか。

 エアコンは飛びません。
 
 

  1. 2007/07/25(水) 05:11:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
  5. |はてなブックマーク - 別問題
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク

方言 -おまけつき-

 
 前回の日記で、「白ポリの言っていることが理解不能」との御指摘をいただいた。

 そんなに難しい言葉は使っていないんだけど。山形弁検定ならせいぜい4級程度(^_^)

 昔、NHK の番組で山形のおっちゃんが出てきたとき、わざわざ字幕が出てきたのには驚いたが(-o-) <日本語だっつうの



 白ポリの台詞の中でわかりにくそうなところの対訳を列挙しておくと、

んねが:じゃないの
ほっだな:そんな
べした:だろう
しゃねんだが:知らないのか
わがんねどれ:大変だろう

 この程度なら雰囲気でわかりそうなものだ <無理か(^o^)



 若い人が普通に使う山形弁の中には、知らない人には絶対変換できないようなものが結構ある。

ごしゃかれる:叱られる
むつこい:かわいそう
ちょす:さわる


 さらに、この辺になってくると、素人には品詞の種類すらなかなか特定が難しい。

がおった:非常に疲れた(連用形のみ。「がおらない」などとは言わない)
あべ:行こう(命令形のように見えるが、未然形のみ。「あぶ」などとは言わない)

 日本語の動詞なのになぜ活用がないのか、とか聞かれましても(-_-; 




 英語の場合、どうだろうか。アクセントの違う「訛り」や、単語・熟語を別の意味で使う「スラング」があることは知っているが、綴りからして全く異なる方言はあるのだろうか。


 この手の話題に詳しいポスドクRに聞いてみたところ、

「ちょっと違うかもしれないけど」

と言いながら、いくつか教えてくれた。


 例えば Ebonics。アフリカ系アメリカ人を中心に、今も使われる英語の方言らしい。

Tweakin' … Thinking
Sho … Sure
Axe … Ask

 おお、山形弁 → 標準語の変換に、なんか似てる(^o^)

 他にも Pidgin や Creole と呼ばれる移民由来の方言があるそうだが、日本語の方言ほど多様な変化ではないようだ。


 人種の多様さと方言の多様さが反比例しているところが、面白い。




 ボスにも聞いてみた。

「そうねぇ。あんまり思いつかないわね。・・・あ、Bye-Bye の代わりに Ciao! とかはどう?

 ・・・いや、それ英語じゃないし(-_-;
 
  [方言 -おまけつき-]の続きを読む
  1. 2007/07/21(土) 04:30:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
  5. |はてなブックマーク - 方言 -おまけつき-
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク

選挙

 
 土曜日、参議院選の在外公館投票に行ってきた。


 これまで在外選挙は比例代表に限られていたが、今年の6月以降の選挙から、日本にいたときの最終所在地に対応する選挙区選挙にも投票できるようになった。私、政治的思想はないが、実は結構選挙好き♪ 昨年パスポートの更新でえらい目に遭ったとき(^_^; ついでに在外選挙人登録もしておいたので、今回初めてその権利を行使することになった。


保守王国山形生まれ・白ポリ:んだらやっぱり、無難に自民党んねが。

革新王国京都育ち・黒ポリ:世の趨勢を見てみい。自民党だけはありえへんやろ。


 今回は天使と悪魔じゃなく、保守と革新ということね(-_-)


白ポリ:ほっだな、自民党以外さ票なの入れだって、どうせ参議院だもの、無駄だべした。

黒ポリ:あんた、アホちゃうか?いくら衆議院の優越いうても、参議院で否決されたら、衆議院で再可決するんは、めっちゃ大変やねんで。


 そうなのである。実を言うと私、所詮参議院選挙なのに、なんで小沢さんが政治生命まで賭けているのか不思議に思っていた。よくよく調べてみると、衆議院での法案成立は単純多数決で良いのだが、いったん参議院で否決されると、衆議院で再可決するには3分の2以上の賛成が必要と、一気にハードルが高くなるのである。小学校の社会科レベルの知識がすっかり抜け落ちていた(^_^;


 このサイトによると、ここ50年、参議院で否決された法案の衆議院での再可決は行なわれたことがない、つまり、先の郵政民営化法案を含め、すべて廃案になっているらしい。


白ポリ:お前よぉ、衆議院の自民・公明を合わせた与党の数が3分の2を超えてんの、しゃねんだが?


 まあ、実際前回の「郵政選挙」で小泉与党が大勝したせいで、これも事実なのであるが、次回の衆議院選挙で与党がこの議席を維持できるとはとても思えない。


黒ポリ:正直、数の話はどうでもええねん。研究者たるもの、「寄らば大樹の陰」ではあかんやろ。


 革新とまではいかなくても、ちょい左寄りという研究者は多いのではないだろうか。まあ、現状打破、というより、混沌を楽しむという傾向が強いような気もするが。


白ポリ:ほっだなこと言うんだら、スポーツ平和党にでも投票したらいいべした。

黒ポリ:そんなもん、混沌にもならへん。


 ・・・いや、既に存在しないし(^_^;


白ポリ:研究と選挙は別だべず。

黒ポリ:そうとも限らへんで。グラント書きとか、結構似てるやん。


 「長い物には巻かれろ」的な発想のある日本と比べて、アメリカでは、絶対的な「長い物」がないせいか、研究でも常に人と違うことを要求される。研究プロジェクトと選挙を対応させてみると、

A. 単なる過去の研究の継続、確実に実現       ・・・自民党
B. 新規性はそこそこ、実現可能性大         ・・・民主党
C. 非常にチャレンジングだが、実現できるか不明  ・・・共産党
D. 聞いたこともないクレイジーな発想、ほぼ実現不可・・・泡沫政党

 日本だと A > B >> C > D、こっちでは B > C > D >>> A という印象があるが、どうだろうか。


白ポリ:んだけど、衆参でねじれ現象が起きたら、なんも決まんなぐなってわがんねどれ。

黒ポリ:心配いらんて。法案がすんなり通らへんようになれば、自民党も少しは考えるやろ。ま、今日本にいるわけちゃうしな。

白ポリ:・・・んだかな?

黒ポリ:んだんだ。


 おいおい(-_-; しかもなんか混ざってる(-_-;;


白ポリ:んだら、いっそのこと立候補でもしたらいいのんねが?

黒ポリ:お、ええんちゃう?日本ポスドク党、党是は「基礎研究推進」及び「ポスドクの待遇改善」なんかええな。

白ポリ:ポスドク1万人計画のおかげで党員も毎年1万人以上増えるはずだべし、結構いけんのんね?


 白黒で意気投合するのは、いい加減にやめれ(-_-#

 
  1. 2007/07/18(水) 10:44:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
  5. |はてなブックマーク - 選挙
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク

似て非なるもの

 
 たまには外で御飯でも食べようかと、お店を物色中、こんな店発見。

Chocolate


 チョコレート寿司? ・・・よりによって最も組み合わせてはいけない物を(-_-#

 一気に食欲減退。



 以前、我が家の近くにはこんな寿司屋もあった。

TGIS2


 TGIF なら、御存知 Thanks God It's Friday の略だが、ここは Thanks God It's Sushi らしい。一度、入り口の前まで行って、引き返してきたことがある。

 だって、中はどう見てもただのスポーツバー。電飾で彩られた内装。カウンターにいたのは、アジア人ですらない。


 この店、最近名前を変えてリニューアルオープンした。その名も

Monster


 名前を変えた理由が、まったくわからん。

 おじさんが小一時間説教してあげるので、名称変更した責任者、出てきなさい(-_-# 




 我が家の近くにあるもう一軒の寿司屋。

Arikato


 ありかと?

 さあ、なんと読むんでしょうか? < IQ サプリ風に

 答えは「テントウムシ」(「てん(“)」と「う」を無視)

 ・・・などと言っている場合ではない。


 次から次へと日本人の心をくすぐる神経を逆なでする名前のお店ばかりですこと。

 ・・・君達は日本の文化を一体どのように理解しているのかね?



 実はここ、あまりにもお腹が空いていたので、興味半分で入ったことがある。


 食す。

                   ┻━┻
            ┳━┳ 彡
          彡
ノ`Д´)ノ彡┻━┻           
 
 
  1. 2007/07/14(土) 04:18:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
  5. |はてなブックマーク - 似て非なるもの
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク

自力本願

 
 とりあえず、スランプ脱出 <はやっ


 私のことを、ただの能天気なアホだとお思いの向きもあるようだが、一応人並みに悩むこともある。3年に1回くらいは。


 レゾンデートルを自問自答するような状況に陥った場合、そこを脱出するには、自分が誰かに必要とされていると認識すればよい。



次女:だだ!だーだ!

 最近、おむつが汚れると、私を呼ぶ次女。妻が替えてあげようとしても断固として拒否するくせに、私を見つけるとおむつ置き場に連行し、自分で寝転がってオムツ替えを要求する。必要とされてるんだなぁ~(-o-)

 ・・・そうじゃなくて。



妻:あたし、明日9時から歯医者に行くから、その間次女見といてね。

 もし生まれ変われるならサメになりたい、と公言してはばからない、歯がボロボロの妻。頻繁に歯医者に通うため、その間、下の子の面倒を見るのは当然私となる。必要とされてるんだなぁ~(-o-)

 ・・・いや、そういうことでもなくて。



 まあ、人から必要とされることは悪いことではないのだろうが、上記のような場合、判断は人に委ねられる。Job hunting も同じ。自分を必要とするかしないか、決めるのは他人。自分ではコントロールできない。

 で、いくら優秀な人間でも、そいつがいないと皆が困るか、というと、多くの場合そんなことはない。いなくても、なんとかなることが多い。



 遺伝子の機能解明に革命をもたらしたといわれる、ジーンターゲティング法。ある遺伝子産物がどんな役割を果たしているかを、「その遺伝子がないとどうなるか?」という逆転の発想で調べる手法である。

 一見ストレートフォワードに思えるアイデアなのだが、実はそう簡単ではない。例えば、遺伝子Aを欠損させても、別の遺伝子Bが欠損した遺伝子Aの役割を補っている場合、何も起こらない(ように見える)。

 だから要らないかというと、そうではない。よく調べてみると、普段は遺伝子Aが大切な役割を担っているのである。その証拠に、一見正常に見える遺伝子A欠損マウスをある条件下に置くと、異常な性質が顕在化してくる。でも、それを見つけるのは簡単ではない。



 他者に依存した評価に頼っていると、本質に辿り着くのが困難になる。だったら、自己評価してみよう。

「自分で自分を雇いたい、一緒に働きたいと思うか?」

 イエス。>これは重要なことだと思う。以前の答えはノーだったし。


 自分の価値を自分で認めることができ、「誰か」ではなく自分が自分を必要としていることを認識して、初めて他人の評価が更なる自信の裏づけになる。

 復活(^o^)



ボス:あ、ちょうどよかった。この間のデータ、スライド2枚くらいにまとめてくれる? トークで使いたいし。

 あー、あれ面白い結果でしたしねー。で、トークっていつですか?


ボス:明日。そうそう、ついでに、昨日RとSに頼んだプロットもお願いできる?二人とも来ないのよ。あ、あたし今日の夕方には出発するから。

 そりゃ、私がやらないと間に合わないでしょうね。必要とされてるんだなぁ~(-o-)

 ・・・だから、そうじゃなくて(-_-#

  1. 2007/07/11(水) 04:52:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
  5. |はてなブックマーク - 自力本願
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク

友が皆我より偉く見ゆる日よ

 
 昨日は我が Myoclonic Jerks のソフトボールの試合があった。私は2打数1安打。1打席目の2塁打はともかく、2打席目はショートゴロ併殺打(-_-; ソフトボールでゲッツーって(-_-;;



 よくよく眺めてみると、faculty で唯一参加している H 教授を除けば、みんな若い子達ばかり。めっちゃおっさんぽく見える C が連れてきた娘さんが1歳半だというので、本人の年を聞いたら、まだ32歳。アメリカ人の年齢はよくわからん。

 というか、37にもなったポスドクが、学生達に混じって、ソフトボールなんてしている場合か?

(心身ともにリフレッシュすることは、研究にもきっと役立つと思う。役立ちますよね? 誰か「役立つ!」と言ってください m(_ _)m )




 シニアポスドクにとって、重要な時期が間もなく訪れる。Faculty position 募集のピークは、秋から冬にかけて。書類選考、一次面接、二次面接を経て、その最終結果が判明するのは5月及び6月なので、先月は私の周りでも、続々と良い知らせが耳に入ってきた。先日も、ラボミーティング中に、突然隣の部屋から

「Yeah!!!!!」

と歓喜の声が上がった。あるポスドクに Harvard の faculty position 獲得の知らせが届いたらしい。


 知り合いの日本人2人も、秋から Johns Hopkins と Virginia で PI になる。うちのラボにサバティカルで来ていた M も、UC Davis から合格通知が来た。


 私は、来年秋からの独立を目指して、今年の秋から(といってももう始まりつつあるが)真剣に job hunting を始める。一次面接までいければ儲けもん、くらいのつもりで今年の1月に一つだけ応募した大学から、今頃になってようやく返事が来た。

 封書で(-_-#  <通常、良い知らせは電話、悪い知らせは書面


 その position が既に埋まったことは数ヶ月前に内部情報で知っていたのだが、あらためて正式に知らされると、ちょっとがっかりする。




 お祝いパーティーも頻繁に開かれる。この間、あるパーティーの席で Start-up fund の話になった。実際のところ、job position を得ただけで満足している場合ではなく、ラボを持ったら今度はお金の心配をしなければならない。特に我々のような実験動物を扱うラボでは、動物の飼育・維持費用がバカにならないはず。

ポリ:規模にも依ると思うけど、動物飼育の費用って高くつきそうだなぁ。

ボス:動物よりもね、一番コストがかかるのは人件費。

 うっ(-_-; ポスドクの飼育費ということか。・・・すみません m(_ _)m
 
  1. 2007/07/07(土) 05:43:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
  5. |はてなブックマーク - 友が皆我より偉く見ゆる日よ
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク

鬼ごっこ

 
 先週、長女のクラスメートのKちゃんが、我が家にスリープオーバー(お泊り)しに来た。


 小さい妹がいるせいか、Kちゃんはとっても面倒見が良い。人見知りの激しい次女も、Kちゃんにはなついている。

 次女が嬉しそうにKちゃんと手をつないでいると、長女はちょっと拗ねている。しばらくすると、気まぐれな次女、

「ねーね!」

と叫びながら、Kちゃんの手を振り切って長女に駆け寄っていく。Kちゃん、ちょっと寂しそう。次女の愛を奪い合う、ちょっとした三角関係である(^o^)



 長女が学校で友達と遊んでいるときも、いつでも全員が仲良く遊んでいる訳ではない。名前を呼ばれた長女、仲の良い子に何か誘われたようだが、別の子たちとの遊びに忙しいらしく、その子を置いて駆け出していってしまう。

 しばらくすると、さっきは自分の要求が叶えられなくて不機嫌になっていた子が、いつの間にか新しい集団の中心で遊んでおり、長女が遊んでいた集団からも、子供たちが新しい集団に融合している。あらら、長女が取り残されちゃった。そんなプチ仲間外れ状態が必ずどこかで生じている。


 親としてはみんなと仲良く遊んで欲しいので、見ていると結構ハラハラするのだが、すぐにそれは大人の論理であることに気づかされる。くっついたり離れたりは、けっして特定の子を中心に起きているのではない。常に役割が入れ替わっている。




 Tag というのは、現地校でも日本語補習校でも皆がよく遊んでいる、鬼ごっこのこと。考えてみるとよくできた遊びだと思う。

 私が子供の頃は、いろいろなバージョンがあった。例えば「色鬼」。鬼が「赤!」と言ったら、赤い物に触らないと捕まってしまう。例えば「てんつき」(<山形限定かも?)。ヒーローになるには、鬼の目を盗んで、捕まった友達を逃がしてやらなければならない。

 さっきは自分を捕まえようとしてた鬼が、今は一緒に逃げている。そして一瞬後には、自分がその子を追いかけている。足の速い子だけが有利な訳でもない。仲良しの子が敵になることもあれば、仲の悪い子を助けることもある。




 いつまでたっても役割が交替しないいじめが起こっている日本。子供たちは鬼ごっこをしたことがあるだろうか。





妻:うちでもやってみようか。遅く帰ってきたら晩御飯は自分で作る、とか。休みの日はあなたが洗濯する、とか。

 あー、なるほど。たまには役割交替っていうことね。・・・って、それは「鬼嫁」ごっこ(;_;)
 
  1. 2007/07/04(水) 04:49:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. |はてなブックマーク - 鬼ごっこ
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。