今日も脳天気

役に立たない♪ 意見しない♪ 仲良きことは美しき哉♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. |はてなブックマーク - スポンサーサイト
  4. |このエントリーを含むはてなブックマーク

 
 Stanford に LSJ (Life Science in Japanese) というコミュニティがある。Stanford に在籍あるいは関与する日本人生命科学者のグループである。私も2004年のグループ設立当時から、幹事の末席を汚させて頂いている。

 活動内容は、年間8-9回ほどの日本語セミナーと、1-2回の懇親会。幸いスポンサーがついてくださっているおかげで、これまで参加者の皆さんには食べ物やドリンクを無償で提供することができている。メンバー数は100人近く、セミナーの参加者は毎回30-40人。


 ベイエリアには他にも JBC (Japan Bio Community) という日本人グループがある。LSJ が比較的純粋な勉強会に近いのに対し、JBC はどちらかというと企業主体のネットワーキングで、t-mac さんのところでも紹介されているように、研究者のアカデミアにこだわらないキャリアパス、ベンチャー企業の起こし方などがメイントピックである。

 LSJ メンバーの多くはポスドクで構成されているので、Seita さん5号館のつぶやきさんのところで取り上げられている、いわゆるポスドク問題もメンバーの興味の対象ではあるのだが、私の感覚としては、LSJ は JBC とは一線を画し、日本語による専門外の勉強とネットワーキングをゆるーく楽しむ場(^o^)だと思っている。



 「なんでアメリカに来てまで日本語?」と思われる向きもあるかもしれない。実際、私も渡米してしばらく経った頃、意識的に日本語から遠ざかろうと努力したことがある。すなわち、

日本語のウェブサイトを一切閲覧しない
日本語の本を読まない
日本人と接触しない

 ・・・人間、極端に走ってはいけない。必ず反動が来る。



 昔、大学の陸上部にいた頃、試合の2週間前に大好きなアイスクリーム断ちをしたことがある。禁欲して試合に集中しようと考えたのだが、それまでほぼ毎日食べていたアイスを完全にストップしたところ、1週間後えらい体調不良に陥った。慌ててアイスを買ってきて食べたら、治った(^o^)

 人間、極端に走ってはいけない。必ず反動が来るのである。



 アメリカにいると、日本語から遠ざかって英語漬けになりたい欲求の波が、周期的に訪れる。だから、日本語環境に拒否感のある人がいるのも頷けるのである。でも、私の経験では、アメリカに長くいればいるほど、英語がどうでも良くなる(^_^;


渡米後最初の3ヶ月・・・英語が聞き取れず、日本語がただただ恋しい

次の6ヶ月・・・危機感を覚え、英語漬けになる極端な努力に走る。日本人を極力避けようとするのもこの頃。

次の6ヶ月・・・ある程度聞き取り、しゃべれるようになると、英語がどうでもよくなり、日本語の居心地の良さを求めるようになる

次の6ヶ月・・・発表で大恥をかき、再び危機感を覚える。ボイスレコーダーを購入したりするのもこの頃。

次の6ヶ月・・・喉元過ぎれば熱さを忘れ、再び英語がどうでもよくなる



 あれ?最近波が来ていないぞ?

(ブログとかやってると、永遠に次の波は来ないよ by 妻)
 
スポンサーサイト
  1. 2007/08/29(水) 05:38:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:19
  5. |はてなブックマーク - 波
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク

遊ぶ心

 
 ソフトボールシーズンも間もなく終了。私が所属するチーム「Myoclonic Jerks」のメーリングリストに、昨日の朝流れた1通のメール。

--------------------------------------------------------
Hi All,

Our lab is going to the day game today at ATT park, and we have a few extra tickets. Please respond NOW, or call us to score one. The game starts at 12:30 and you could pick it up from us there, or drop by the lab early this morning to get it.

J
--------------------------------------------------------


 J は、とあるラボのボス。ATT park とは、言わずと知れたサンフランシスコジャイアンツの本拠地 AT&T Park のことである。

 ・・・木曜日の昼から、ラボを挙げての大リーグ観戦ですか?



 先週からうちのラボに来た大学院生 B は、先月まで J のラボの rotation student。彼女の話によると、J のラボではジャイアンツ戦のチケットを毎年数十枚購入し、時々皆で観戦に行くとのこと。ついでに、毎月一回、ラボメンバー全員(18人!)でレストランに食事に行くんだそうな。もちろん、全てボス J のポケットマネー。


白ポリ:これって、公私混同だと思うけど。

黒ポリ:ええやん。どこかの国の教授のように、研究費の流用してるわけでもないんやし。


 日本だったら、この手の公私混同を快く思わない人も多いかもしれない。京大にいたとき、平日に行なわれていた研究室対抗ソフトボール大会に、事務からクレームがついたことがある。頭の固いお偉いさんが、勤務時間外の開催を主張したらしい。


白ポリ:やっぱり、勤務時間中のソフトボールはまずいんじゃない?

黒ポリ:そんなもん、土日やったら誰も参加せえへんて。


 ごもっとも(^o^) 結局、例年通り平日に開催され、例年通り事務室も1チーム作り、試合の後にはバーベキューもやってたような記憶がある。本音と建前は違う、という好例である。


白ポリ:日本にいてもアメリカにいてもソフトボールばっかりやってるよね。


 やかましい(-_-#



 真摯に研究に取り組んでいる人に怒られるかもしれないが、実は私、こういう公私混同、遊び心は大好き。研究者としては、結果さえ出ていれば、文句を言う人は少ない。実際、前述の J のラボは、スタンフォードの中でも非常にアクティブに結果を出しているラボの一つである。


黒ポリ:まあ、研究なんて元々は金持ちの道楽な訳やし。懐に余裕があれば、心の余裕も生まれるわな。


 金の話はともかく(^_^)、真面目にこつこつ励む研究から生まれるものもあれば、バリー・ボンズのホームランを見て閃くアイデアもあるかもしれないと思う。

 ひたすら真剣に野球に取り組むヤンキース松井の大ファンであると同時に、どこまで本気かわからない日ハム新庄のスタイルも、決して嫌いではないのである。


白ポリ:お笑い芸人の野球チームじゃないんだから、遊び心だけじゃダメでしょ。


 ばれたか(-_-;


 目指せ、研究界の新庄剛志!(ただし、ラボメンバーには松井希望)

  1. 2007/08/25(土) 05:13:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
  5. |はてなブックマーク - 遊ぶ心
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク

持病

 
 アメリカに来てからというもの、健康面で悪化したものが3つある。


 まず、アレルギー。ひどい花粉症を持つ日本の友人が言うには、

「アメリカにはアレルギーはないんだろ」

 どうやら、アレルギーは日本の風土病だというまことしやかな都市伝説が語られているらしい。


 大嘘(-_-#


 日本にいた頃は体調の悪い時にのみアレルギー様の症状が現れたのだが、今年ついにちゃんとした(?)アレルギーを発症(;_;) 幸いシーズン終わりかけだったようで、一週間程度で治まったのだが、来年がちょっと怖い。




 首痛。元々肩は凝らない体質らしく、慢性肩凝りの妻には

「なんであんたの肩はこんなにふにゃふにゃなの(-_-# 」

と、意味もなく怒りの矛先を向けられているのだが、実はここ数年、首が曲がらなくなって困っている。


 別に貧乏なせいではない <それは「首が回らない」


 おそらく、長時間のマウスの手術や、机に向かっての書き物の時間が長くなっているせいだと思われる。たまーにカイロプラクティックでボキッとやってもらうと、信じられないくらい首が曲がるようになって、結構爽快♪




 そして、頭痛。大学卒業までは、まったくの頭痛知らずだったのに、最近、何かというとすぐ頭が痛くなる。


 別に貧乏なせいではない <くどい


 幸い、今のところ鎮痛剤が速攻で効くのでそれほど気にしていないが、あまり頻繁だとちょっと心配になる。


 ・・・ここまで書いてきて、よく考えたら、どれもこれもアメリカのせいじゃなく、ただの加齢による衰えのような気がしてきた(-_-)





 妻は昔から頭痛持ち。先週、Monterey に行った時のこと。海沿いの道を走りながら、なぜか妻がやけに静か。


妻:なんか頭が痛い。もしかして、この辺って緯度高い? 高山病かな?


 高山病と緯度は関係ないでしょ(^_^;


 それ以前に。


 窓から海が見えてるのに、どうして高山病になれましょうや(-_-;;

  1. 2007/08/22(水) 04:46:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
  5. |はてなブックマーク - 持病
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク

独創性

 
 研究者として独立し、研究費を獲得するためには、「他の人がやっていない」研究を計画しなければならない。これにはいくつかの種類がある。すなわち、

1. 誰もが思いつかないようなプロジェクト

2. 誰もが面白いと思っているが技術的に実現できていないプロジェクト

3. 大して面白くないので誰もやらないプロジェクト

 実際に自分のオリジナルプロジェクトをいろいろ妄想し、ふと我に返ると、それらは3番、つまり「すきま家具」のようなアイデアばかりだったりする。サイエンスに対する貢献という意味では、このようなプロジェクトもそれなりに重要である場合もあるのだが、

「研究なんてうまくいくかどうかは誰にもわからないが、一番うまくいったと仮定したときにそれがものすごく面白い研究でないのならば、それを始める価値はない」

という利根川さんの言葉を、もう一度噛みしめてみることになる。

 そういう意味では、1番が、独創的かつエキサイティングな結果が予想されれば理想的だと思う。


 しかし、この「独創的」というのが一筋縄ではいかない。


例1.

 中学生の頃、美術の授業で

「レコードジャケットを作る」

という課題が出た。自分の好きな歌・アルバムを選び、それに合ったレコードジャケットを、デザインはもちろん、紙の色、素材に至るまで自分で考え、作製するというものである。大きさは LP 盤サイズ。<当時はまだ CD はなかった


 考えた。絵の下手な私が人より目立つにはどうすればよいか。


 レコードジャケットというと、当然皆正方形のものを思い浮かべる。でも、実際のレコードは円。ならば、円形のケースを作れば、目立つ、かつ実用的なのではないか!


 円形のケースを作ろうとすると、糊しろの部分が難しい。2枚の円盤を張り合わすだけでは、強度に問題が生じる。それでも極力円に近づけたかったので、正方形の半分に正60角形の半分が融合した形のケースを作ることにした。


 角度をちまちま計算し、展開図を描き、糊しろがうまく折れ曲がるように工夫し、ついに完成。さて、レコードを入れてみよう、としたその時。


 レコードの内袋(半透明の奴)が正方形であることが判明(;_;)


 入らねーよ(-_-#


 レコードを直接入れるのはためらわれたので、結局使えなかった。




 このように、アイデアが良くても(良かったのか?)実用的でないと、それは単なるアイデア倒れに終わってしまう。



 ならば、2番はどうか。


例2.

 中学生の頃、秋の遠足で吾妻山に登ることになった。おやつは500円まで。バナナは含まれない(^o^)


 考えた。限られた予算で、注目を集めるにはどうすればよいか。<なんでやねん


 子供の頃からアイス大好きだった私。立派なおやつだけど、遠足でアイスを食べてる子は見たことがない。そうだ!アイスを持っていこう!


 まず、発泡スチロールの箱を手に入れ、さらに電話帳で氷屋の場所を調べて、ドライアイスを1kg買ってきた。ナップサックに箱を入れると、他の物がほとんど入らない。他の持ち物を極力減らし(<莫迦)、ふと肝心のアイスをまだ買っていなかったことに気がつき、慌てて近くの駄菓子屋に行き、唯一売っていた「ガリガリ君」を1本購入


 ドライアイス500円に対し、ガリガリ君50円(<大莫迦)


 山の上で皆汗だくになる中、さっとアイスキャンディーを取り出し、得意顔でほおばる自分を想像し、興奮してなかなか寝付けなかった(^o^)



 さて、当日。・・・秋の吾妻山を甘く見てはいけない。


 激寒(-_-#


 頂上で、持ってきたカルピスの原液とお湯でホットカルピスを作って皆の賞賛を浴びているライバル(?)を横目に見ながら、それでも意地で食べましたよ、ガリガリ君。震えながら。(<持ち物を減らさざるを得なかったせいで、防寒具もなし)



 オリジナリティとは、かように難しいものである。 <「お前は研究者に向いていない」という意見は却下


  1. 2007/08/18(土) 04:24:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
  5. |はてなブックマーク - 独創性
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク

にわとり

 
 卵がないと、にわとりは生まれない。

 でも、にわとりがいないと、卵は生まれない。




 平和を願うなら、戦争をやめなければならない。

 でも、平和でないと、なかなか戦争は止まらない。




 ファカルティでないと、研究費を取るのは難しい。

 でも、研究費を持っていないと、ファカルティになるのが難しい。




 Writing Class で、書き物をするなら朝が良い、と言われた。

 朝早く起きるためには、夜早く寝なければならない。

 でも、夜早く寝るためには、朝早く起きないと仕事が終わらない。




 哲学、世界平和から、寝起きの習慣まで、全部いっしょくた(^o^)
 
  1. 2007/08/15(水) 04:19:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
  5. |はてなブックマーク - にわとり
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク

ベターハーフ

 
 一昨日は結婚記念日。平成8年8月8日に入籍したので、今年でちょうど11回目。3回目の結婚記念日で、うっかり「三回忌」と言ってしまい、

「ちょっと、今の何よ(-_-# わざと? それとも心の叫び? 」

と問い詰める妻の目がマジだったのも、今となっては良い思い出である。



 思えば、これほど性格・趣味の違う人と、よく一緒に連れ添えるものだ。すなわち、

妻・・・現実主義
私・・・楽観主義

妻・・・朝型
私・・・夜型

妻・・・山嫌い
私・・・山大好き

妻・・・元水泳選手
私・・・泳げない

妻・・・おしゃべり
私・・・無口

妻・・・巳年
私・・・戌年

妻・・・さそり座
私・・・おうし座

妻・・・B型
私・・・A型

 最後の3つだけでも、私の苦労が偲ばれるというものである。


 以前、とあるサイトで一風変わった動物占いがあった。出てきた結果は、

妻・・・電磁を帯びたイノシシ

 帯びるなよ、そんなもん(-_-;


 それに対し、

私・・・機織り牛


 スパークするイノシシを傍目に、とんとん機を織る牛。・・・神様、なんか間違ってませんか?

 そもそも、どんな相性占いをやっても、ろくな結果になったためしがない。

 まあ、それでもこうして11年も一緒にやってこれたのは、ひとえに忍耐力の賜物である。私の。

(殺す# by 妻)



 アメリカでは結婚記念日は大切なイベントなので、ラボの同僚達も、皆口を揃えて「帰れ」コール(^_^; 「花は買わなきゃ!」と言われるが、以前一度だけ花を買って帰ったら、

「何これ? 花なんてすぐ枯れるだけでもったいないから、買ってこないで!」

と怒られたことがあるので、花はパス。


 とはいえ、昨年の誕生日に何も買って帰らなかったら日記で嫌味言われたので、さすがに手ぶらというわけにはいかない。結局、Satura でケーキを3個買って帰り、おそるおそる手渡したところ、返ってきた言葉は

「なんでこんな高いもん買ってくるの?」

 ・・・神様、私は一体どうすればよいのでしょうか?
 
  1. 2007/08/11(土) 04:18:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
  5. |はてなブックマーク - ベターハーフ
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク

色気

 
 ここベイエリアでも、この時期は毎週のようにあちこちで盆踊りが行なわれる。一昨日の盆踊り大会に参加した我が家、今年はこれで既に3回目。一家揃って浴衣&甚平で踊ってきた。


*ちなみにこの辺り、盆踊りだけでなく、桜が咲けば祝い、暮れには除夜の鐘をつき、周りには居酒屋や寿司屋や焼き鳥屋やラーメン屋がいくつもある。かつてミシガンに留学していた義妹が、我が家に来た時、

「ここはアメリカじゃない(-_-# 」

とお怒りになった所以である。




 見れば、結構多くの人が、浴衣や甚平を着て参加している。一体どこから手に入れるのか、日本人以外で浴衣を着ている人もかなりいて、会場はとても華やかである。

 クライマックスの盆踊りには、もちろん誰でも参加できる。炭坑節などの伝統的なものに加えて、創作っぽいものもいくつかあるので、飛び入り参加の人は、やぐらの上で踊るお手本の方達を見ながら必死でついていくことになる。


 数週間前から何度か行なわれる練習会に参加している人たちは、老若男女皆上手に踊っているのだが、いくら浴衣を着ていても、踊りを見ると日本人かどうかが簡単に見分けがついてしまうのが不思議である。

 上手いか下手か、ではない。日本人より「ノリノリで」踊っているアメリカ人もたくさんいる。でも、やっぱりなんか違うのである。

「サンバじゃないんだから」

と突っ込みたくなること、しばしば(^_^)


 手つきと足の運びが全然違うんだよなー。ちょっとくらい調子が外れていても、日本人の手つき、足つきには、ある種の色気を感じてしまう。色気なんて、スタイルが良ければ出るというもんでもないんだなぁ、と実感させられるひとときである。




 学生時代、陸上部の後輩の女の子がこんなことを言っていた。

「ボンッキュッボンッ、って憧れますよねー」

 ・・・そういうのは、スズメバチにでも任せておけば良い(^o^) 皆がそう思っているかどうかは知らないが、少なくとも日本人は、色気を感じる基準がちょっと違うと思うのだが、どうだろう。

 大体、浴衣や着物を着たら、少々の誤差はどうでもよくなると思うし。



 先の後輩の子、

「あたしはキュッボンッボンッやからなぁ、どないしよー」


 ・・・そういう突っ込むに突っ込めないギャグはいかがなものかと(-_-)
  1. 2007/08/08(水) 09:38:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
  5. |はてなブックマーク - 色気
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク

るつぼ

 
 すったもんだの挙句、実験を手伝ってもらっている学部生の P に、突然、

"Akira-san,"

と呼ばれた。日本人の知り合いでもいるの?

"I have been in Tokyo for 3 years"

 なんと、幼い頃3年間東京に住んでいたらしい。アメリカ生まれだよね?

"No. I was born in Brazil"

 え”(-o-) よくよく聞けば、お父さんもお母さんもブラジル人とのこと。てっきりアメリカ人だとばかり思っていた。



 これにより、うちのラボには両親ともアメリカ人という人間が皆無であることが判明。男女の割合が異常に偏っているのに対し、遺伝的背景は妙にバラエティに富んでいる。


 ボスはお母さんがポルトガル人。

 ラボマネージャーはウルグアイ出身。

 ポスドク R はフィリピン人。ポスドク G と大学院生 C は中国人。ポスドク S は韓国人。大学院生 M は両親とも台湾人。9月から新たに加入する予定の大学院生 B はマレーシア出身。


 日本にいたら、親がどちらかでも日本人じゃない人を探すのが大変である。三代遡っても難しいだろう。さすが、移民の国。



妻:それだけいろいろな国の人がいて、変な英語しかしゃべれない人間がなんであんただけなの?


 世の中、不公平だと思う。

  1. 2007/08/04(土) 04:38:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
  5. |はてなブックマーク - るつぼ
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク

梅雨

 
 ヨセミテは暑かった。・・・いや、あの暑さで文句言ってたら、日本にいる人に怒られそう。暑いといっても、33度くらい。しかも、日陰に入ればめっちゃ涼しい <いいだろー(^o^)



 御存知の通り、カリフォルニアには梅雨はない。そもそもこの辺りは、4月から10月まではほとんど降水量ゼロである。一年の最高気温の変化は、京都にいたときとあまり変わらないのだが、湿度の移り変わりが完全に逆。つまり、冬、つまり雨季、気温が低い時期に湿度が高く、今は、気温は高いが、からっとしている。

 日本語補習校の何人かの友人一家が、夏は日本に帰る、と話していたが、

「日本か、いいですねぇ。・・・でもあんまり羨ましくないけど

 うっかり本音を言ってしまった(-_-; 四季の移り変わりの楽しさは知っているつもりだが、この時期に関しては、できれば日本からは遠ざかっていたい。


 梅雨空は 遠くにありて 思うもの            ぽり




 最近、上の娘が、再び「なんで?」を連発するようになってきた。前からうるさいくらい「なんで?なんで?」と聞いてきていたのだが、昔の質問は、答えにくい、わりとどうでもいい質問が多かった。


娘:なんで、このお話の妖精は空飛べるの?

ポリ:魔法。


娘:なんで Puss in boots(長靴をはいたネコ)のネコはしゃべれるの?

ポリ:魔法。


娘:なんで車は速く走れるの?

ポリ:・・・魔法。



 ところが、最近は現実的な質問が増えてきたので、答える方もちゃんと考えてやらなければならない。先日は、手を洗いながら、

娘:なんで熱いお湯と冷たい水が出てくるの?

ポリ:右に回すとお湯、左に回すと水が出てくるんだよ。

娘:それは知ってる(-_-# そうじゃなくて、どうして同じところから熱いのと冷たいのが出てくるの?お湯と水が別々のタンクにつながってるの?


 あぁ、なるほど。そういうことか。


ポリ:たぶん、最初は水なんだけど、同じところを通ってくる途中で、温めればお湯になって出てくるんだと思うよ。

娘:ふーん。それって水のライフサイクル?


 以前、学校で「ライフサイクル」というミュージカルを演じた娘は、そこで出てきた昆虫の変態と、水の変化が重なったらしい。これは本当の水のサイクルを説明するのに、いいチャンスではないか!


ポリ:本当の水のライフサイクルはね、・・・

娘:あ、やっぱりもう一回、外でなわとびして遊んでもいい?

 聞いちゃいない(-_-;



 青い空 遊ぶ子供は つゆしらず 学ばせたがる 親の心を   ぽり
                      
                           061906          
  1. 2007/08/01(水) 14:45:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
  5. |はてなブックマーク - 梅雨
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク

再挑戦

 
 2度目のヨセミテから、帰還。


 4年越しのリベンジ。


 結果。


 ポリの勝ち(^o^)
 
  1. 2007/08/01(水) 04:38:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. |はてなブックマーク - 再挑戦
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。