今日も脳天気

役に立たない♪ 意見しない♪ 仲良きことは美しき哉♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. |はてなブックマーク - スポンサーサイト
  4. |このエントリーを含むはてなブックマーク

モデル再び

 
 実験装置の電源を立ち上げているところに、珍しくボスがやってきた。見ると、カメラマンらしき女性が一緒にいる。


ボス:この間から参加している Bio-X プロジェクトのウェブサイトに、あたしの写真を載せるっていうのよ。

 で?

ボス:「研究者らしく見える」写真を載せたいらしいから、この装置の前で撮ろうかと思って。

 今まさにこの実験装置で実験を始めようとしていたところですが、全然構いませんよ(-_-)


ボス:この人がカメラマンのジェシカ。悪いけど、セッティングを手伝ってくれる?

 まあ、ここを使われる以上、実験できるわけでもないですし、全然構いませんよ(-_-#


ボス:あたしはオフィスにいるから。準備が出来たら電話してくれる?

 私の時間は犠牲にしても、自分の時間は無駄遣いしたくないようですが、もちろん全然構いませんよ(-_-##



 撮影が始まると、ポーズを取るボスの傍らで、照明用の大きなボードを持たされたり、オシロスコープの画面をそれらしく調整したり、何かと忙しい。・・・一体何をやってるんだ、私。


ボス:ラボコート(白衣)着た方が実験しているように見えるかしら?

 いや、そのフローレンス・ジョイナーみたいな爪を見ただけで、実験しているようには全く見えませんから。



ジェシカ:真面目な顔ばかりじゃつまらないわね。あなた、ジョークを言って彼女を笑わせてあげてくれる?

 ・・・誰か別の人呼んで来ていいですか?

ボス:そういうときのために、ジョークのストックを持ってないとダメよ。

 そういうものなんですか。

ボス:そうよ。そうでないと、アメリカでは生きていけないわよ。後で教えてあげようか?

 いえ、私の場合、ジョークの前にまともな英語をしゃべれるようになるのが先ではないか、と。



 ボスもカメラマンも女性だからなのか、数十枚撮ってもなかなか満足いくものが出来ないらしい。突然、

ジェシカ:ちょっと、あなたもそこに座ってくれる?

 へ?

ジェシカ:「モニターを指差して結果を説明しているポスドクの話を聞くボス」っていう構図はどうかしら。

ボス:あ、それは名案♪

ジェシカ:はい、正面を向いてにっこりして。・・・あ、あなたはモニターの方を指差して、ちゃんと説明しているふりをしなきゃ。

 それって、「一生懸命説明するポスドクを笑顔で無視するボス」の図になるんじゃ・・・(-_-;



ジェシカ:あ、そうだ。私が合図したら、ゆっくりこっちに顔を向けてくれる?

 こうですか?

ジェシカ:そうそう。ほら、シャッタースピードを落としたから、あなたの顔がぼやけてるでしょ。こうすればどちらが主役かはっきりするし。

 ・・・そうまでして私を入れる必要が一体どこに(-_-#



 ということで、先日の「銀幕デビュー」に引き続き、モデルデビュー決定。3ヵ月後、Bio-X のサイトで、ボスの隣で背後霊のように写っているのが私です。

スポンサーサイト
  1. 2007/10/31(水) 04:58:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
  5. |はてなブックマーク - モデル再び
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク

一時帰国

 
 年末、5年ぶりの一時帰国、決定。


同業者の皆さん:美味しい物食べさせていただければ、セミナーでもなんでもいたします。

東京及び山形在住の友人の皆さん:遊んでください。

ベイエリアの皆さん:12月17日以降に楽しいイベントを企画しないでください。



 現在の日本の状況も全くわかりませんので、いろいろ教えてください。

 ほら、そのいろいろと心の準備も必要ですし。


 赤福買いに行って、存在そのものがなかったら、ショックですし。

 せっかくきりたんぽの季節なのに、比内鶏じゃなくて死にかけのブロイラーが入っていたら嫌ですし。

    ↑詳し過ぎ




 いただいた情報は何でも鵜呑みにいたします(^o^)


 安倍の後は、実は麻生だとか。

 今、日本は、内藤との死闘を制した亀田ブームだとか。

    ↑それじゃパラレルワールドだよ

  1. 2007/10/27(土) 04:47:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11
  5. |はてなブックマーク - 一時帰国
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク

遅い

 
 Stanford Blood Center から名指しのメールが来た。


------------------------------------------------------------------
Good afternoon and thank you for your donation in May.
You came up as a match for a specific patient who needs 6 donors this week.
I'm wondering if you could be one of them and help out again with a whole blood donation.
You match not only the blood type but also the phenotype in your red cells.
Please call us or send an appointment request one on line ASAP.
Thank you very much for your support.
------------------------------------------------------------------

 血液型だけでなく、赤血球の表現型までマッチすると言われると、これはすぐに行かねばなるまい。


 早速自転車を飛ばして現地到着(構内なので5分足らず)。

 いつもの献血のときと同様、アメリカとは思えないような下にも置かない丁寧な扱いを受けるが、メールから受けた切迫感は感じられない。

ポリ:6人集まったの?

受付:いいえ、まだよ。そんなに緊急という訳でもないし。


 おい(-_-#



 まあ、来た以上は何もしないで帰るのも悔しいので、献血することに。

 いつものように袖を捲り上げた右腕を一瞥した担当の看護婦さん、

「今日は逆の腕にする?」

 別にどっちでも構わないのだが、明らかに右の方が極太血管が浮き出ているのに、どうして?

ここ、前回の scar がまだ残っているのよ。多分問題ないと思うけど」

 えーっ!前回って5月でしょ。たかが注射跡、5ヶ月経ってもまだ治っていないとは。


 ガーン(-_-) かなりショック。下の娘なんて、以前かなりの高さからコンクリートの地面に落ちて顔面傷だらけになっても、わずか1週間で跡形もなくなったのに。




 そういえば、大学院生の頃フェーズワン(未認可薬の人体実験)に参加したときのこと。

 フェーズワンのスケジュールは薬によって異なるが、私が初めて参加したのは

-3泊4日
-1日3回の採血及び尿検査

という、わりと一般的なもの。ちなみに治験薬は確かタ○ダの血液凝固阻害剤。フェーズワンは、薬の効き目ではなく、副作用を調べるのが主目的なので、被験者が健常人かつ体調が正常でないと治験にならない。したがって、治験中は規則正しい生活、毎朝の健康診断などが課せられる。


 2日目の朝。眠い目をこすりながら診察室に入り、問診の前に血圧と脈拍を測ってもらう。

 すると、看護婦さん、妙な顔をしながら何度も測定を繰り返す。そして、

「脈拍40以下。血圧測定不可。・・・あなた、起きてる? これじゃ役に立たないから、所内を一周してきなさい」

 元々低血圧&不整脈の傾向があるのだが、結局所内一周したくらいじゃ正常値にはならず、朝からえらいこと運動させられる羽目に。



 も一つ思い出した。高校の陸上部に入部して最初の練習日は、いきなり筋トレスペシャル。先輩のしごきも加わって最後はへろへろだったが、翌日他の1年生が筋肉痛でひぃひぃ言っているのを横目に、一人平気な顔をしていたため、皆から賞賛の眼差しを浴びていた。

 その翌日。・・・御想像通りです(;_;)



 回復だけじゃなく、昔から生体反応も遅いのか。



 体質がジジイ。
 
 
  1. 2007/10/24(水) 05:05:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
  5. |はてなブックマーク - 遅い
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク

誰か教えて

 
 中国系スーパーマーケットに買い物に行った。


 夕食は何にしようか。お、鳥の肉と内臓がショーケースに並んでいる。みずみずしく、いかにも新鮮そう。京都・河原町二条「萬端」の鳥刺しを彷彿とさせる。

 ズリが旨いんだよねぇ、こりこりして。ハツも大好き。レバーも刺身ならいくらでも食える。

 よし。そのズリ6個とハツ4個ください。

 え?それ、お寿司? よく見ると、シャリの上に真っ赤なズリがころんと載っている。・・・いやあ、寿司はちょっと(^_^;

 じゃあ、こっちはどうかって?・・・うわっ、蛙寿司? しかも生きてる?

 大きめのシャリの上に、半分透き通るような色の蛙。一瞬ミズダコかと思ったほど。見れば見るほど、なんか旨そうな気が♪

 え、試食OK? さすがアメリカ。なんでも試食させてくれるなぁ。じゃあ、ちょっと一口いただこうかな。お、妻がちょうどいいところに。ほら、蛙の踊り寿司、試食させてくれるんだって。凄いよね、これ。試してみようよ。

 おばさんが手馴れた手つきで首のところに一撃与えて、跳ねないようにしてくれる。手足はまだ結構動いてるけど。

 口に放り込む。なんかつるんとして、ジュンサイのような食感。でも、動いてるよ、これ(^_^; うー、めっちゃ動く(^_^;;

 うわー、まだ動く~(;_;) 噛めないよ~(;_;)

[誰か教えて]の続きを読む
  1. 2007/10/20(土) 04:42:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
  5. |はてなブックマーク - 誰か教えて
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク

とっておき

 
 来春に学位審査を控える大学院生M(現在臨床研修中)から、ボスの面白い写真を持っていたら取っておいてくれ、と頼まれた。



 以前にも書いたことがあるが、こちらの Thesis Defense、いわゆる学位論文公聴会は、緊張感溢れる日本のそれとは随分趣が異なる。


 通常、三部構成となっており、まず始めに指導教官が、わざわざこのために作ったスライドで、のっけからユーモアにあふれた発表者の紹介を行なう。発表者は、苦笑しながらも引き続き学位論文の研究を真面目に(<当たり前)発表する。そして、45分ないし60分の発表が終わると、謝辞と称して、

「うちのボスはこんなにお茶目なんです」

というスライドを何枚も見せて、自分がやられた紹介の仕返しをする。


 これまでに聴いた Defense は、例外なくこのパターン。・・・この国の人間は、なんにでもジョークを入れないと気が済まないらしい。



 で、Mの依頼だが、うちのボスは非常に脇が甘いので、その手の写真はなんぼでもある(^o^) 


 うちの娘のタイツを頭にかぶっている写真とか。

 パイ早食い競争で、顔中パイだらけの写真とか。


 Mの Defense がとても楽しみである。




 スライドといえば、日本にいた頃、私はなぜか友人の結婚式の披露宴でスライド係を頼まれることが多かった。新郎新婦の思い出の写真を披露しながら、適当にナレーションを入れる奴である。

 使用する写真は、もちろん事前に新郎新婦と相談して決める訳だが、そこはそれ、なにかサプライズを入れたいのが人情というもの。毎回必ず、当日まで当事者には秘密で、写真やそれにまつわるエピソードを紹介していた。

 あるとき、大学の陸上部の同期SとYの披露宴で、スライド係を頼まれた。両方ともよく知っていたので、適当にからかいつつも、スライドショーは和やかに進行していった。おちゃらけ写真などである程度盛り上がったところで、いよいよクライマックス。

ポリ:仕事上の都合でずっと遠距離だったお二人ですが、実はこのとき、新婦のYさんは初めてS君のいる福岡に遊びに行った訳であります。お二人の話では、このとき二人でホテルの窓から見た博多の美しい夜景が忘れられないのだそうです

 新郎新婦感動の場面。・・・のはずだったが、ふと見るとなぜか二人とも顔面蒼白。後でSにこっぴどく叱られた。

S:アホかお前(-_-# 『初めて』『遊びに』行って、『ホテル』の『夜景』って(-_-## 親族のテーブル、めっちゃシーンとしてたわ(-_-### 

 どうやら、そのときYは友達の家に泊まることになっていたらしい。



 まあ、「研究界のハマグリ」と呼ばれるくらい、口の堅さには定評のある私でも、間違いは起こり得るのだ、と。

(こやつに秘密を打ち明けてはいけません by 妻)
 
  1. 2007/10/17(水) 05:08:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
  5. |はてなブックマーク - とっておき
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク

もしも

 
 小学校の Open House(授業参観) に行ってきた。



 娘の学校の Open House は、我が子の活躍を一目見ることが目的の日本のそれとは随分趣が異なる。どちらかというと「視察」的な意味合いが強い。担任の先生はどのように指導しているのか。他のクラスと比べて、我が子のクラスは良いのかイマイチなのか、などなど。

 学年が上がったらどうなるのかを探るために、上の学年の授業をチェックする親も多い。自分の子供がいるいないに関わらず、あっちこっちのクラスに出たり入ったりしても全然構わない。
 
 私も、3年生の娘のクラスの授業はさらっと見学しただけで(^o^)、上の学年のクラスを拝見させていただいた。



 面白かったのは5年生のクラス。壁には子供たちの詩が貼ってある。タイトルは

“If I were in charge of the world” 「もし私が世界の責任者だったら」


If I were in charge of the world,

I'd cancel ….

There would be more (less) ….

You wouldn't have ….


と続く訳だが、さすが5年生ともなると、「世界から抹殺する」のは

‘war’ ‘pollution’ ‘global warming’

と、立派な言葉が並ぶ。


 ・・・などと感心していると、「もっと欲しい」のは

‘computer game’ ‘play time’

「減って欲しい」のは

‘homework’ ‘injection’

「こんなものいらない!」は

“Wake up!” “Do your homework!”

と、子供らしいものばかり(^o^)



 こんなのもあった。

If I were in charge of the world,

I'd cancel vegetables

There would be more chocolate fudges as VEGETABLES

You wouldn't have “Eat your vegetables!”


 野菜がよっぽど嫌いなのね(^_^;



 ちょっと気になったのは、

If I were in charge of the world,

I'd cancel school and friendship

There would be more dynamites and gun powders

 大丈夫かな、この子。



 意外に多かったのが、

I'd cancel George Bush


 まあ、受信機のようなものを背負って演説していたせいで「大統領遠隔操作疑惑」がまことしやかに語られたり、

"I have a different vision of leadership. A leadership is someone who brings people together."

などと偉そうに主張して、「どこが違うねん!」とつっこまれたりするせいで、嫌われるというより、小学生にまで莫迦にされてるんだろうな、この人。


 日本だったら、首相を知らない小学5年生はいても、抹殺したいほど莫迦にしている子はいないだろうなぁ。


 素で笑いが取れる、という点では、ある意味羨ましい。
 
  1. 2007/10/13(土) 04:16:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
  5. |はてなブックマーク - もしも
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク

他意はない

 
 天気の良い休日に高校の前を通ると、よく見かける高校生の洗車サービス。看板を持った体操着の女子高生が車を学校の前のロータリーに誘導し、止まると5、6人の女子高生がわらわらと集まってきて、すべて手作業で洗車してくれる。

 学校の敷地を利用している以上、学校公認の商売であることは確か。文化祭用の資金なのか、後で山分けするのか知らないが、健康的だし、労働に対する対価を得る体験ができるという意味でも、悪くないアイデアだと思う。

 日本でもやればいいのに。得体の知れないバイトや援助交際に走らせるより、学校公認で「働かざる者食うべからず」を実践する方が、余程現実的だと思う。

 ただ、いまだかつて男子高校生が働いているのは見たことがない(^_^) 日本でこんなことが始まったら、PTAとかが黙っていないかも。1時間前に洗車したばかりのおっさんが群がってきそうだし。



 もちろん、私はそんなものに興味はないが。





 以前 Stanford の近くに、長いこと日本人の大将がやっていた居酒屋があった。奥さんのお体の具合が悪くて閉店し、日本に帰ることになった大将と話をした。

 大阪の天六辺りでまた店を開きたいとのこと。

 店の名前は「かりふぉるにあ亭」。店員はすべてアメリカ人の女の子にする予定なのだそう。

 NOV○が窮地に陥っている今、仕事に困っている在日アメリカ人が少なくないことは確か。大将は、彼女らのバイト口の選択肢を増やすことが第一義であることを主張しておられたが、会社帰りのサラリーマン男性をターゲットにするのが目的であることに3000点(^o^)



 もちろん、私はそんなものに興味はないが。



 まあ、もし本当にできたら、ちょっと行ってみたい気もする。いや、単にそういう店が成功するかどうかを見てみたいだけ。



 他意はない。
 
  1. 2007/10/10(水) 09:46:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
  5. |はてなブックマーク - 他意はない
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク

プライバシー

 
 昨日のこと。ポスドク G (女性)が

「いいニュースがあるのよ♪」

と嬉しそうに言うので何かと思ったら、二人目を妊娠したんだそうな。以前からうちに娘が二人いることを何かと羨ましがっていたので、「おめでとー!」とお祝いの言葉をかけたのだが、よほど嬉しかったのか、話はそこでは終わらない。

「昨日、トイレに行ってね、ほら、あのスティック、あれでピンクのラインが出て

 えーと、そんな詳しい話はしていただかなくても結構です(-_-;



 自分の個人的な情報をどこまで公開しどこから黙っているかという基準については、違和感を感じることが多々ある。個々人の性格のみならず、時代の流れ、お国柄など、多くの要因があるものと思われる。


 大学4年のとき所属していた研究室に、公認の彼女がいる先輩がいた。ちょくちょくラボに連れてくるだけでなく、休みの日には二人でシークエンスゲルを読んだりしていて、なんとも微笑ましかった。

 夫唱婦随(^o^)という感じで、私にはとても良い雰囲気に思えたのだが、実はこれ、他の先生・先輩方には評判がよろしくなかった。いわく、「公私混同」「研究する姿勢に真剣さが足りない」などなど。ひがみ・やっかみもあったのだろう。当時は、自分の彼女・彼氏の存在を大々的に周りに知らせること自体、それほど一般的なことではなかった。


 ウイルス研、理研を経て、ポスドクとして久々に大学に戻ってみると、様子は一変。渡米前に所属していた研究室では、学生さん達が皆、自分の彼女の話を当たり前のようにしゃべりまくる。おまけに、日常会話の中で「変態」だの「鬼畜」だの、「した」だの「しない」だの、おじさん、全くついていけません(-_-)



 で、現在の研究室はどうかというと、別の意味でいろいろとついていけないこと多し(-_-)


 1月までラボメンバーだった、ポスドク A (男性)。フィアンセをラボに連れてきては、ハグしまくり、チューしまくり。美男美女カップルだったので、どうしても目がそっちにいってしまう。えーい、離れろ(-o-)


 大学院生 M (男性)は、ゲイであることをカミングアウト。パートナーと一緒に購入した家にラボメンバーを全員招待し、パーティー開催。・・・一体何を話題にすればよいのやら。


 ラボマネージャー R (女性)は、レズビアンであることをカミングアウト。デスクトップには、パートナーに後ろから抱きすくめられた美しい写真を、堂々と貼り付けている。


 皆さん、どんだけオープンなんですか!



 前述のポスドク G、上の子が生まれた経緯を皆の前で嬉々として話す。

「当時は遠距離だったからねぇ、いつどこでできたのか、正確にわかっているのよね♪ ニューオーリンズの学会の時に、ホテルで・・・

 もうええっちゅうねん。
 
  1. 2007/10/06(土) 04:34:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
  5. |はてなブックマーク - プライバシー
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク

但し

 
 日曜日。長女の日本人学校のクラスメートの御一家に招かれ、Salinas まで遊びに行ってきた。


 酒が入ると必ず出てくるのが、出身地に関する話題。早速出身地を聞かれたホストの御主人、ちょっと考えて、

ホスト:千葉かな

 かな、っていうのが気になるんですが。

 その場にいた、昔千葉に住んでいたという人が、ホストのご主人に「千葉のどちらのお生まれですか?」と聞くと、

ホスト:いや、父が駐在だったので、生まれはシカゴなんですよ

 あー、で、幼い頃に千葉に戻ってきた、と。

ホスト:いえ、その後すぐにニュージャージーに引っ越しましてね

 ・・・いつ日本に帰ってきたんですか?

ホスト:12歳のときです

 ・・・既に千葉出身じゃないような気もしますが(-_-) じゃあ、中学からずっと千葉?

ホスト:いえ、中学は埼玉です

 まだ千葉じゃないんですか(-o-)


 結局、千葉に住んでいたのは高校と大学在学中とのこと。「今、実家があるから」と但し書きをつけていたが、千葉出身の人に文句言われるんじゃないか、と。




 出身地の話でひとしきり盛り上がったところで、ホストの奥様が、なぜか「山形県のプロフィール」という資料をプリントアウトして持ってきてくださった。

 山形という地名の由来、8世紀以降の山形の歴史など、知らなかったことがたくさん(^_^) 


 気になったのが、山形が誇る「全国ベストワン」という項目。

-ぶな天然林の広さ・・・ぶな、かつ天然林限定
-川西町ダリア園・・・ダリア園なんてそうはないでしょ(^_^;
-羽黒山の石段・・・「江戸時代以前の石段の中で」との注釈あり

 なんか、いちいち但し書きがつく。


 最後の一つなんか、

-即身仏の数(8体)・・・全国に十数体

 ・・・自慢になっているのか?



 私も、但し書きをつけなければならない研究者にならないよう、気をつけないと。「A遺伝子変異マウスの反射性眼球運動の」第一人者、とか <世界でおのれしかやっとらんだろ
 
  1. 2007/10/03(水) 05:33:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:17
  5. |はてなブックマーク - 但し
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。