今日も脳天気

役に立たない♪ 意見しない♪ 仲良きことは美しき哉♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. |はてなブックマーク - スポンサーサイト
  4. |このエントリーを含むはてなブックマーク

好み

 
 11年前、新婚旅行を兼ねて行った「バスで行く阿蘇・高千穂・耶馬溪の旅」。渋めの選択だったためか、ツアー客の年齢層がかなり高い。

 高千穂のひなびた旅館で出された夕食は、山の幸満載♪ 岩魚のお造りにアマゴの塩焼き、山菜料理にカッポ酒と、妻と私は大満足だったのだが、周りの年配の方々、どうやら全てがお気に召さないらしい。いわく、

「なんでこんな、家で昔食ったようなもんばっかり食わなければならないのか」

 つまり、せっかく旅行に来たのだから、もっと特別な物が食べたいとのこと。

 じゃあ何が食べたいのかと思ったら、次の日泊まった別府のビジネスホテルで出された白身魚のフライやメンチカツに、皆さん、喜ぶ喜ぶ(^_^; 食後にメロンが出たといって、また大喜び。

 何が美味しいかなんて、人により、また状況により、全然違うものである。




 というわけで、懲りずにまたまた食の話。前回の日記で、妻と私の食に対する姿勢が似ていると書いたが、食の好みという点では、必ずしも一致するわけではない。

 昔、付き合い始めてまず驚いたのが、彼女が揚げ物をほとんど口にしなかったこと。私は天ぷらも唐揚げも串カツも普通に好きなのだが、まあ揚げ物は大学生協でも嫌っちゅうほど食べられるので、あえて二人で串カツ屋に行きたいとも思わなかった。


 あるとき、先斗町の小料理屋に行くと、「本日のお薦め」に美味そうな季節の天ぷらなんかが並んでいる。こっちが気を遣って注文しないでいると、お、自分で天ぷらを頼んでいる。

 やがて運ばれてきた山菜の天ぷら。黙ってみていると、この女、天ぷらの衣を剥いで食べている。


ポリ:・・・衣が嫌なら天ぷら頼むなよ(-_-#

妻:だって、中身は美味しいんだもん。


 皿の上に剥いだ衣だけが残っている状態が許せず、黙々と衣だけを食す私。


妻:やめなよ、衣だけ食べるの。

 一体誰のせいだと(-_-#




 今ではそれなりに何でも食べるが、当時は御飯やパンなどの炭水化物もほとんど摂らなかった妻。そのくせ和菓子、特に粒あんが大好きなので、時々朝食用にアンパンを買ってくる。

 黙ってみていると、周りのパンを剥がして、中のあんこだけ食べている。


ポリ:・・・だったら、小豆の缶詰食べれば?


妻:だって「この」アンパンのあんこが美味しいんだもん。


 皿の上にはちぎられたパンがてんこ盛り。やむを得ず、黙々とあん無しアンパンを食す私。


妻:やめなよ、そんなの食べるの。

 己のせいじゃ(-_-##




 一事が万事こんな調子だった妻が一時期凝っていたのが、コンビニで売っていた氷金時。シロップ入りの白いかき氷の真ん中に金時小豆が直径4cmくらいたっぷり入っている、カップの奴である。一時期これがいつも冷凍室に3、4個常備されていた。

 私だってかき氷も金時も好きなので、寝る前に食べようと思い、皆が寝静まった頃、冷凍室からカップを一つ取り出すと、なんか妙に軽い。


 ・・・真ん中の金時だけくり抜かれているし(-_-# しかも、3カップ全部(-_-##


 翌朝。


ポリ:氷も一緒に食え、アホ。氷だけ食わされる方の身になってみろ。


妻:だって「この」金時が美味しいんだもん。


ポリ:ふざけんな(-_-# 蓋あけて真ん中だけなくなっているの見て、どんだけ脱力したか。


妻:いいよ、無理に食べなくても。


 そういう問題じゃない。





 その夜。冷凍室から取り出したカップはとりあえず普通の重さだったので、さすがに反省したかと思い、蓋を開けた。


 ・・・ぎっちり氷だけ。わざわざ2カップ分の氷が詰め合わせてある。


 不覚にも笑ってしまったわ(^_^#
 
スポンサーサイト
  1. 2007/11/28(水) 05:21:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
  5. |はてなブックマーク - 好み
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク

食欲

 
 陳腐な表現であることは百も承知だが、あえて誤解を恐れずに言うと、世の中には2種類の人間がいると思う。


 食に手間とお金をかけることを厭わない人と、それを重要視しない人。



 ついさっき、Berkeley の Chez Panisse から帰宅。知る人ぞ知る、カリフォルニアオーガニック料理の母 Alice Waters のお店である。誰に聞いても評判が良いし、一度行ってみたいと思っていたのだが、たまたまシカゴから遊びに来た知り合いが誘ってくれたので、渡りに船とばかりに行ってきた。


 うま♪


 詳細は近々更新される妻のブログを見てもらうとして、何が楽しかったかって、誘ってくれた二人がうちと同じ人種だったこと。かたや学位を取って2年目のポスドク K さん、かたや MBA の学生 Y さんというカップル。お金がないのは我が家と同じにもかかわらず、せっかくカリフォルニアに遊びに来たんだから、カリフォルニア料理発祥の地で食事してみたいという発想がうちと一緒。なんでも、1ヶ月前の予約開始と同時に Y さんが20分間電話をかけ続けたのだそうな。

 常日頃から、食べ物にかける情熱は並々ならぬものが有り、K さんに至っては、学位論文と同時に、ワインに関する論文まで書いたらしい。すごい。



 もちろん、食べ物は安くて美味いに越したことはない。要は自分の口に合うことが最も重要であり、現に我が家も、家族全員で腹いっぱい食べて飲んで $15 なんていうお店も大好き(^o^)『金も手間もかけずに美味しいものを食べたい』という欲求は、誰もが持っていると思う。

 問題は、『金や手間をかけないと食べられない』ものにどう対応するか。妻も私も、四万十川に行ったら意地でも鮎を食べるし、ニューオーリンズに行ったらちょっと怖くても生牡蠣とザリガニに挑戦する。オーストラリアに行った時はメニューにワニやカンガルーを探したし、長野に遊びに行った時は必死でざざ虫を食べられるところを探しだした(地元でもほとんど食べないらしい)。

 以前書いたとおり、妻と私には性格上一致する点がほとんどないのだが、食べることにかける労力に関しては意見が一致していて、実に嬉しい。




 大学2年の頃、陸上部の合宿で高知に行った。休養日は皆でレンタカーを借りて観光したのだが、食事の段になると、「こだわり派」と「無頓着派」で常に意見が真っ二つに分かれる。

 事前に調べておいた店が探し出せず、結局無頓着派に押し切られてケンタッキーで昼食を取る羽目になった恨みを晴らすべく、夕食は、高知といえばこれ、皿鉢料理のお店へ。


 無頓着派は、メニューで値段を見た瞬間、全員一番安い「お茶漬け」を選択。これに対し、こだわり派は当然のごとく皿鉢料理を注文し、隣のテーブルで舌鼓。

 払っている額が違うので当然と言えば当然なのだが、「鬼!悪魔!」とののしられようがなんだろうが、絶対分けてあげない(-_-)


 ところが。


 無頓着派が食べていたお茶漬け、我々も締めに注文したところ、これが美味かったのである。鯛のでかい刺身をのせた、鯛茶漬け胡麻だれ味。認めたくはなかったが、皿鉢料理より美味い。


 2連敗を喫したこだわり派の面々、合宿後半の成績の冴えなかったこと(;_;)
 
  1. 2007/11/24(土) 10:27:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
  5. |はてなブックマーク - 食欲
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク

切り返し

 
 いろいろ問題もある長女だが、一つ感心するのは、知らない子と遊ぶのに何の躊躇もしないこと。先週末も、「公園に行きたい」とうるさいので、妻が買い物している間、1-2時間公園で放し飼いにすることにした。

 車から降りた途端、弾丸のように走り去った長女。運が悪けりゃ3秒で轢かれるな(-_-)

 私がようやく遊具のあるところにたどり着いた頃には、4、5人の子供達と一緒によくわからないルールの tag(鬼ごっこ)をしている。しばらくしてその子達が帰ると、5分ほど一人でブランコに乗っていたが、気がつくとまた別のグループに混じって遊んでいる。


 帰り道、

ポリ:あんた、すぐ友達出来るな。3分くらいで知らない子と友達になってるやろ。

長女:そんなにかかんないよ。 “Can I play together?” “Sure” でおしまい。

 えらい。



 8歳にもなると、周りの女の子の中にはそろそろ落ち着いた遊びを好み始める子も多いのだが、そんなことはお構いなしの彼女、男の子達と一緒に走り回っていることも少なくない。


長女:補習校の運動会のリレー、男の子と女の子が別で良かったよ、ほんとに。

ポリ:なんで?

長女:男の子も一緒だったら、リレーの選手に選ばれないかもしれないもん。

ポリ:「かも」かい(^_^; まあ、あんたのクラスの男の子、えらい足の速い子多いからな。

長女:今日も2回しか tag できなかった。

ポリ:お、でも追いついたんや。頑張ったら勝てるんちがう?

長女:お父さん、J君とG君とK君に勝てる?

ポリ:小学校低学年にはまだ負けへんと思うけど。そうや、お父さんに勝てたら男の子達にも勝てるで。

長女:えー、お父さんにー? 勝てないよー、・・・水の中ならいいけど。

ポリ:ぐっ(-_-) 今、陸の上を走る話だから <大人気ない (注:ポリはほとんど泳げない)

長女:そんなのずるい。それにあたしまだ子供なんだからね。

ポリ:そんなこと関係ないで。中学生の足の速い子だったら、お父さん負けると思うけど。

長女:中学生ってあと何年?

ポリ:あと4、5年。

長女:だったらあたしだって勝てるよ。お父さん、おじいちゃんになってるじゃん。

ポリ:おい(-_-#  よぉし、そんならお父さんに100mで勝てるようになったら、どこでも好きなところに連れてってやるわ。

長女:えー、ほんとに?

ポリ:どこでもいいで。行きたいところ考えとき。

長女:じゃあ、水の中。


 ・・・おぬし、なかなかやるな。
 
  1. 2007/11/21(水) 05:14:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
  5. |はてなブックマーク - 切り返し
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク

運転免許

 
 先日 Stanford に来たばかりの日本人の方に、生活のセットアップについて話しているうちに、思い出したことがある。

 この国、運転免許取るのが簡単過ぎ(-_-)



 「この国」といいつつ、実際のところ他の州は知らないのだが、ここカリフォルニアでは、$27払って(5年前は$12だった)筆記試験を受け、20分程度の技能試験で合格すれば終わり。

 筆記試験は36問の三択問題。30問以上正解で合格。かつて「竹下景子の再来」とまで言われた私にとっては、この程度の三択問題などほんの朝飯前である(^o^) 技能試験だって、縦列駐車も方向転換もない。

 日本では車を持っておらず、ペーパードライバーだった私が、なんの苦も無く免許を取ることができるのである、この国は。私は利用しなかったが、2時間$50-100程度で、ドライビングスクールの講習を受けることも出来る。まったく運転歴なしで、ドライビングスクールで数時間練習してから技能試験を受け、あっさり合格した人を何人も知っている。


 日本の場合、運転免許を取るには教習所に行くことがデフォルトになっていることは、技能試験が教習所で受けられることでも明らかである。で、教習所で技能試験を受けるためには、20万円近く払って第一段階から講習を受けなければならない。

 もちろん、やろうと思えば免許試験場で技能試験を受けて合格すればいい訳で、現に教習所に行かずに試験を受ける「一発屋」と呼ばれるつわものもいるようだが、合格率は非常に低いと聞く。筆記試験だって、なんと100問!うち90問正解する必要がある。かりに両方免許試験場で受けるとしても、筆記・技能合わせて、一回7、8千円は取られるようだ。


 免許を取るためのハードルが低ければ、結果として未熟なドライバーが増える。私も決して運転が上手いとは思わないが、だからこそ、あまりとんでもない人に運転して欲しくない。




 うちの妻も、周りに運転が下手な人間が増えるのは困るらしい。

妻:あたしなんか、そうでなくても事故に遭いやすいのに。去年だって、駐車場の中の一方通行ついうっかりバックしたら、駐車していた車が急に発進して、ぶつけられたし。

 ・・・それは、加害者なのでは?

妻:向こうも見てなかったからね。筑波にいた時だって、赤信号ついうっかり交差点に進入したら、大型トラックが突っ込んできて車が大破したし。

 それは事故じゃなくて自殺。
 
  1. 2007/11/17(土) 05:11:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
  5. |はてなブックマーク - 運転免許
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク

できること

 
 子育てに「正しい」やり方などないことはわかっているのだが、時々、これでいいのかな?と自問自答することがある。2歳の次女は、今のところはまあ適当にやっていても育つような気がするが(^_^)、上の娘は小学3年生。難しい年頃になってきた。


 弟や妹が小さい頃は、どうしても上の子に我慢を強いることが多くなる。我が家のように6歳も離れていると、2歳の子に何を言っても聞きやしないため、ついつい御しやすい上の娘を説教することが多くなってしまう。


 妹が自分の物を勝手に持ち出したことに文句を言う長女に、

「大事な物なら妹が手の届かないところにしまっておきなさい!」

 妹にぶたれて泣き言を言う長女に、

「なんで逃げないの!」

 理不尽極まりない(^_^;


 弟妹には弟妹の言い分があるだろうが、長子は損である by 長子夫婦



 先日も、そうでなくとも半端じゃなく大量に出されている学校の宿題が終わっていないのに、テレビを見たり本を読んだりしてだらだらしている長女に

「まず、やらなあかんことをやれ。やることやってから好きなことやれって、毎日言ってるだろ!」

 それでも余計なことばかりしている長女に雷を落とすと、さすがに自分の机で宿題を始めた。やっと終わったと思ったら、今度は妻に追い討ちをかけられる。

「明日の準備はできたの? さっき遊んでいた物もさっさと片付けなさい!」

 おまけに、目を盗んではお姉ちゃんの物を散らかしなおす2歳のギャングがいるため、片付けはほとんどエンドレス。



 逃げ場のない長女。お風呂ではさすがにしょんぼりしていた。そういえば、最近叱るときにきちんと理由を言ってなかったかもしれない。ちょっと反省。そして、

「お父さんもお母さんも、Jが出来ると思うから言うんだよ。絶対出来ないと思ったら言わない。でも、今迄だって、最後はいつもちゃんと出来てるよな。絶対無理だと思ったら、言いな。お父さんは無理だとは思ってないよ」


 長女、一生懸命うなずいている。今日初めて認めてもらった、っていう顔。


「魚に『飛べ』言うたって、飛べないやろ? でも、お父さんはJが鳥だと思ってる。だから、飛べるように頑張れ、頑張れって言ってる」


 お風呂に入る前よりは、ちょっと元気になって、寝床についた。




 翌日。朝起きてすぐ、妻のところに行った長女。

長女:あたしはね、鳥なんだって

妻:??

長女:魚じゃなくて、鳥なんだよ、あたし

妻:???

---------------------------

 後でその話を私から聞いた妻、

「でも、鳥っていってもペンギンかもしれないしねぇ」

 絶対言うと思った(^_^;



 ま、いいじゃない。飛べなくても。



 ペンギンなら泳げばいいし(^o^)



 ダチョウなら走ればいいし(^o^)
 
  1. 2007/11/14(水) 05:38:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
  5. |はてなブックマーク - できること
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク

挑戦

 
 さて、学会。


 空港でタクシーの運ちゃんにホテルの名前と場所を告げる。すると、

“What? It's not a good place”

 へ?San Diego にそんなところあるの?

“You really have to use a taxi around there”

 田舎暮らしで平和ボケしていた私には思いも寄らなかったのだが、どうやら San Diego のダウンタウンから見て南東のエリアは、かなり物騒な場所とのこと。日中はともかく、暗くなったら歩くような場所ではないらしい。


 歩いてみた >とりあえず、日中


 ・・・ちょっと怖い(;_;)


 ぼろぼろの服を着て路上に佇んでいるおっちゃんたちが結構目に付く。リヤカーを引いている人も多い。コンクリートの壁は落書きだらけ。


 ホテルの受付のお兄さんにも

“I highly recommend a taxi”

と忠告されたのだが、このホテルを選んだ理由は、会場からの近さと安さ。歩いて20分、走れば10分(^o^)


 歩いてみた >帰り道、夜7時半


 ・・・かなり怖い(;_;)


 昼間のおっちゃんたちに加えて、怖そうなおにいちゃんたちがあちこちでたむろっている。地図なんか出そうものなら、速攻で囲まれそうな雰囲気だったので、勘を頼りに、できるだけふてぶてしく歩いてみる。

「俺は地元の人間だぜ、ベイビー」

みたいな(^_^;




 2日目までは気合で乗り切ったのだが、いらんことに気を遣うためか、精神的にえらいこと消耗するので、ホテルの近くにバス停を発見した3日目はバスを使ってみた <意地でもタクシーは使わない


 ・・・別の意味で怖い(;_;)


 途中までは良かったのだが、トロリーの駅で客層が一変。大声で叫ぶおばちゃん。やたらと周りに話しかけようとするおっちゃん。精神的消耗度、さらにアップ(;_;)




 次の晩、とあるオフ会の時にこの話をしたら、やはり良識ある研究者の皆さん、自分ならタクシーを利用する、というので、

「せっかく安いホテル取ったのに、タクシー使ったら意味ないじゃないですか」

と主張したところ、

「でも、襲われて身ぐるみ剥がされたら、もっと意味ないでしょ」

 ごもっとも。




 ついでに、昨日 Department の事務のおばちゃんとその話をしていたら、San Diego 出身の彼女、ホテルの場所を聞くなり、

“Logan Avenue?? …You are so brave…”


 まあ結局、今回は自分の運の良さと走力を信じて、最後まで徒歩とバスで頑張った訳で、誰か褒めてください m(_ _)m


------------------------------------------

 実は、よく考えたら、去年も Atlanta で同じ目に遭っているのだった。


 なんのために毎年こんなアホな状況に身を置くのか?


「こんな安いところを予約できたんだぞ~」というただの自慢のため <大莫迦


 でも、ほんとに怖かったので、来年からはヤメ。
 
  1. 2007/11/10(土) 05:22:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14
  5. |はてなブックマーク - 挑戦
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク

空間移動

 
 6日間、一度もインターネットを使わなかった。こんなことは、去年のグランドキャニオン以来、実に久しぶり。

 感想。

 意外と大丈夫(^o^)






 そして、現実空間から仮想現実空間に戻ってきた。

 もう、どっぷり♪
  1. 2007/11/08(木) 17:30:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
  5. |はてなブックマーク - 空間移動
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク

万端

 
 それでは、今から学会に行ってきます!

 ポスターもできたし。

 飛行機もホテルも予約したし。

 地図もプリントアウトしたし。

 同業者の方々と飯食う約束もしたし。

 出発前にジョブの応募もできたし。

 推薦状も頼んだし。

 山火事もだいぶ収まったみたいだし。




 あ、昨日実験装置の電源切り忘れたような気が。

 学部生Pに留守中の実験とデータ整理指示するの忘れてた。

 そういえば、推薦状送ってくれるよう頼んだのに、まだ応募してないところがあるよ(;_;)

 学会の日程、チェックしてないわ。

 そうだ。E と J にも連絡しようと思ってたのに。

 財布に現金が入ってないぞー(-o-)

 今月の家賃、まだ払ってねー(-_-;

 あああああああああああああああああああああああああああ
  1. 2007/11/03(土) 00:23:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
  5. |はてなブックマーク - 万端
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。