今日も脳天気

役に立たない♪ 意見しない♪ 仲良きことは美しき哉♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. |はてなブックマーク - スポンサーサイト
  4. |このエントリーを含むはてなブックマーク

SOS

 
(註:本日の日記は、専門用語を知らないと何が面白いのかよくわからないと思われることを、あらかじめお断りしておきます)


 先月、恒例の Lab Night (所内発表会)があった。自分の研究を Department の中で発表するイベントで、各ラボから4-5人のポスドク・大学院生が自分の研究のプレゼンテーションを行なう。


 まず、ボスが自分のラボの発表者を紹介する。今回ボスが私のことを紹介するときに使ったフレーズが、

“He is our Lab-911”


 ボスいわく、

「最近、なんかトラブルが起きても、誰もあたしのところに来ないのよね」

 ・・・だって、やれ保育園だ、やれ旦那とランチだ、やれこのクソ寒いのにプールだ、とか言って、ほとんどオフィスにいないじゃないですか。




 実のところ、トラブルシューティングには結構自信がある。


 なぜか。


 これまでにものすごくたくさん失敗しているから(;_;)



 うちのラボの連中が陥る状況は、ほとんど既に経験済みである <自慢にならん



「実験装置が立ち上がらないんだけど」

 あー、ヒューズが切れたんちゃう? <よくある。最初に疑うところの一つ



「電気泳動したのに、バンドが全然見えないよー」

 ゲル、バッファーじゃなくて蒸留水で作ったやろ(-_-# <2度ほどやった(-_-;



「どうして凍結切片がボロボロになるの?」

 温度低過ぎ。プロトコル読め(-_-# っつうか、少しは自分で条件振れ(-_-##



「なんでかわからないけど、記録が取れない」

 ・・・電源が入ってないやんけ。目ぇ覚ませ、こら(-_-##



 かくして、「あいつに聞けば、大概のトラブルは片付く」という評判が出来上がることになる。



 まあ、今でこそ偉そうにしているが、長くやってりゃ誰でも経験値は増えるわけで、最初の頃は、とても他人に言えないようなミスを何度もしでかしている。


 ほんとに洒落にならないので、詳しいことは、ヒ☆ミ☆ツ(^o^)



 でも、世の中、上には上がいる。




 大学院生の頃。研究のため、とある製薬会社からうちのラボに出向してきていたSさん、ある日ずいぶんと困り果てた様子。塩化セシウム密度勾配超遠心法によるプラスミド精製がどうしてもうまくいかないらしい。粗精製したプラスミドをどんなに大量に放り込んでも、出るはずのバンドがまったく出てこないという。

 今時塩化セシウム超遠心法なんて誰も使わないかもしれないが、当時はわりとポピュラーな DNA 精製法だった。それほど難しい手技ではないのだが、とりあえず、最初から最後まで実験に付き添ってみることにした。


 粗精製は大丈夫そう。溶液の濃度も正しいし、チューブのシーリングもOK。超遠心機のセッティングも間違いない。


Sさん:バンド出るはずだよね?


 見た限り、問題なく出るはずだと思いますよ。


Sさん:そうだよね~。おかしいな~。何回やっても出ないんだよな~


 おかしいですね。


Sさん:大体あんまり好きじゃないんだよね、この方法。エチブロ(発癌性物質)大量に扱わなきゃならないし


 確かに。


Sさん:遠心が終わってから、いくらローターを逆さにして振っても、チューブがなかなか出てこないし


 ・・・へ? 今、何か恐ろしいことおっしゃいませんでした?


Sさん:え? だから、遠心した後って、チューブが取り出しにくい・・・


 Sさん、自分が何やってるか、わかってます? 超遠心で密度勾配を作っているんすよ? チューブ取り出す前に逆さにして振ったら、どうなるかぐらい考えろよ(-_-##


 かくして、超遠心後「普通に」そおっと取り出したチューブには、見事な極太バンドが。



 今頃、どうしてるかなぁ? 持○製薬の佐○さん。
 
スポンサーサイト
  1. 2008/02/27(水) 05:22:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
  5. |はてなブックマーク - SOS
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク

混ざってる

 
 次女、おしゃべりがとっても楽しい、無敵の2歳半。



-----------------------------
妻:お歌上手だね~

次女:エマちゃんのお母さんに聞かせるの(^o^)

妻:踊るのも上手だね~

次女:おねえちゃんのお母さんに聞かせるの(^o^)

妻:それはあたし~
-----------------------------


-----------------------------

次女:♪ドーはドーナツのド♪ ♪レーはみんなのレー

 ・・・せめて後半だけでも「みんなのミー」にしてくれませんか?

-----------------------------


-----------------------------

 一人芝居。


次女:ピカチュー、もう許さないぞ!

 なんか、混ざってる。

次女:アーン パーンチ!!

 やっぱり(^_^;

次女:・・・顔がゆがんで、力が出ない

 ・・・返り討ちかい(-_-)

--------------------------------
 
  1. 2008/02/20(水) 05:21:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. |はてなブックマーク - 混ざってる
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク

帰郷 -残された謎、あるいは最後のオチ-

 
 ・・・まだやるか(^_^;


 ようやく我が家に帰り着いたとき、真っ先に気になったのが、カーシートの行方。一時帰国のためにサンフランシスコ空港に向かう際、タクシーの運ちゃんに大枚$130を払ってアパートメントまで戻しておいてもらうことにした、あのカーシートである。


 とりあえず、ガレージの扉の前には何もない。まあ、雨季でもあることだし、気を遣って雨の当たらない部屋のドアの前にでも置いてくれたんだろう、と階段を上がる。


 やっぱり、ない。


 よく考えてみれば、いくら金を払ったからといって、運ちゃんが義理を果たしてくれる保証はどこにもない。多めのチップといわれればそれまでである。


 はじめっから怪しげな感じがしたんだよなぁ、あの運転手(-_-#


 電話でクレームをつけることを考えただけで疲れが倍増したが、とりあえず食べる物も飲む物もほとんどないので、近くのスーパーにちょっと買い物にでも行こうかと、ガレージを開けた。


 一番奥、車の向こう側に、何やら見慣れたものが。


 カーシート、発見(^o^)


 ちゃんと戻しておいてくれたんだ。やっぱり私の人を見る目に間違いはなかった。彼の瞳の奥に誠実の光が宿っていたのを、私は見逃さなかったのだ。


 世の中悪い人ばかりではない、とひとしきり感心してから、ふと重要なことに気がついた。


 一体、どうやって入れたんだ??


 帰ってきたとき、ガレージの扉は閉まっていた。うちのガレージの扉は電動式であり、外から開閉するためのリモコンは家に置いてあった。電池切れや故障時など、万が一のために外から手動で開け閉めするための鍵も家にあった。

 もしかして、運ちゃんがガレージのドアの前に置きっぱなしにしたカーシートを、大家さんが見つけてガレージの中に入れてくれたのだろうか?

 近くに住んでいるわけでもないし、基本的にそんなことをしてくれるほど暇な大家ではないので、今ひとつ腑に落ちないまま買い物から帰って来て、ふと見ると、さっきは気がつかなかったが、ボイスメッセージが入っていることを示す赤ランプが点滅している。


 再生。・・・運ちゃんからだ!




 さて、賢明な読者諸君には、この謎が解けるだろうか。
 
  1. 2008/02/13(水) 05:34:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14
  5. |はてなブックマーク - 帰郷 -残された謎、あるいは最後のオチ-
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク

帰郷 -最後まで崖っぷち編-

 
 止まない雨はない。

 明けない夜はない。



 期待に背くようで心苦しいのだが、一時帰国後半は特に何事も起こらず、平穏な日々であった >そうそうトラブルばっかりでも困る


 山形では、年末、しかも三泊しかできなかったこともあり、親孝行以外のイベントはほとんどなし。会えたのは、高校陸上部の同級生2人と、以前から再会をリクエストしてくださっていた幼稚園の担任の先生くらい。

 着いたときには全然なかった雪が、最後2日間でたっぷり積もり、図らずも娘達に雪遊びをさせてあげることができたのは僥倖だった。一つ心残りだったのは、先祖の墓参りができなかったことくらいかな。

 まあ、うちの先祖達、それほど狭量でもあるまい(^_^)



 元旦にいったん東京に戻り、妻の母方の祖母の家に立ち寄る。うちの娘達にとっては曾祖母にあたるが、まだまだお元気で、とっても嬉しい(^o^)

 妻の実家でもう一泊し、1月2日午後、成田出発。帰りの機内では、下の子が5時間ほど寝てくれたので、行きほどの苦労はなかった。ただ、普段でもおそろしく寝相の悪い彼女、頻繁に姿勢を変えるため、いつ椅子から転がり落ちるか気が気ではなく、結局こっちはほとんど眠れなかったが。




 さて、アメリカ。

 実は一つ、試してみたいことがあった。次女はアメリカ生まれ。聞いたところによると、一人でもアメリカのパスポートを持っていれば、家族全員

‘US Citizen’

の方から入国できるはず。長い行列を作っている ‘Non-Citizen Visitors’ 側を横目に、ほくそえみながら入国審査されてみたい。


 ・・・。


 US Citizen の行列の方が長いやんけ(-_-#

 やむを得ず、いつもどおり Non-Citizen Visitors の方から入国。つまらん。




 入国手続きが全て済んだところで、ちょっと思案。皆さん、覚えておいでだろうか。日本に帰国する際、タクシーに$130も払う羽目になったことを。この失策を根に持つ妻から、一つの提案があった。

妻:タクシーで帰るのはお金がもったいないし。かといって、この荷物を抱えて電車で帰るのはしんどいし。そうだ! あんたが一旦電車で家に帰り、車で空港に戻ってくるまであたしたちは休んでるっていうのはどう?

 鬼(-o-)

妻:あ、それと、スーツケース3個プラスアルファの荷物が、うちのシビックに収納できるとは思えないから、最初に家に戻るときに、持てるだけの荷物は持って行ってくれる?

 悪魔(-o-)


 必死の説得を試みた結果、彼女達も3時間近く空港で待っていなければならない可能性があるということで、この案は却下。時間が早かったこともあり、全員で電車(カルトレイン)で帰ることと相成った。



 ここでもう一つ試したかったことが。実はポリ、昨年11月から、身分がポスドクからリサーチアソシエイトに変わったため、スタンフォードの被雇用者としての恩恵が受けられることになった。

 そのうちの一つが、以前日記でもちょっと触れた、カルトレイン無料パス。スタンフォードの学生及びスタッフには、サンフランシスコからギルロイまでおよそ80マイルが週日週末を問わず常に乗り放題の無料パス「GoPass」が毎年支給される。通勤通学に何の関係もない、無茶なパスである。

 11月に晴れてこの無料パスを手に入れたのはいいが、これまで使うチャンスがなかった。良い機会である。


 妻と娘の分の切符を購入しながら、

「俺は切符買わなくていいんだぞ」

というちょっとした優越感。

 日本の鉄道と異なり、カルトレインには改札はない。券売機で目的地までの切符を購入し、検札に来た車掌さんに車内でそれを見せるのだが、検札がなければチェックポイントは一切ない。さすがアメリカ、大雑把なシステムと莫迦にするなかれ。もし検札が来た時に切符を持っていない場合、無条件で次の駅で降ろされ、窃盗罪で逮捕され、最低$250の罰金が科せられる。

 とはいえ、実際のところ、これまでカルトレインに乗車したときに検札に出会ったことは一度もなかったので、今回も GoPass を披露する機会はないかと残念に思っていたところ、そんな祈りが通じたのか、最寄り駅の直前になって検札のおばさん登場。

 颯爽と GoPass を取り出すポリ(^o^)


 ところが、それを一瞥した検札のおばさん、

「あんた、それは使えないよ」

 え?ええええええーーーっ??なんでえええーーーっ???

「期限切れだよ」

 あ。今日は1月2日。2008年だよ(-o-)


妻(後日談):あのとき、まさに水戸黄門の印籠のごとく得意気に GoPass を取り出してダメ出しされたときの顔といったら。


「困ったね。本来なら警察に引き渡すところだけど」

 もう、マジで涙目(;_;)

 結局、妻と娘の分をちゃんと購入していたからか、

「次から気をつけるんだよ」

で放免されたが、心臓に悪いことこの上ない。もうイヤ。







 ということで、長かった日本帰国編、これにて終了いたします。皆様、お付き合いくださり、ありがとうございました。

 ちなみに、現在諸々の事情により、とてもブログに時間を割いている場合ではないことが判明いたしましたので、しばらくの間、週一回の更新となる予定です <更新するのかよ by 妻
 
  1. 2008/02/06(水) 05:41:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
  5. |はてなブックマーク - 帰郷 -最後まで崖っぷち編-
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。