FC2ブログ

今日も脳天気

役に立たない♪ 意見しない♪ 仲良きことは美しき哉♪

不測の事態

 
 NY での job talk の最中、轟音と共に、セミナールームの真上で突然工事が始まった。そういえば、Department の拡大に伴い、上の階をリノベーションしてるとか言っていたな(今回の job position 募集もその一環)。


 なにも、今やらんでも(-_-# というか、他に部屋はないのか(-_-##


 結局、job talk 中、断続的に轟音が鳴り響き、こっちはずーっと大声を張り上げ続ける羽目に。




 終了後、Search Committee の Chair が謝りに来た。

「悪かったね。えらいうるさくて」

 すると、別の教授が、

「いや、これは予期せぬ事態にどう対処するかというテストだったんだ」

 なるほど。そういう言い訳も成り立つわけですね。

「そのために、あえてこの部屋で発表してもらった訳だ」

 うそつけ、こら(-_-##



 「あえて云々」は冗談だったのだろうが、不測の事態への咄嗟の対応は、確かに重要なポイントであろう。この程度でぼろぼろになるようでは、先が思いやられると評価されても不思議ではない。


 私の場合、元がぼろぼろなので大した影響はなかったが <ダメじゃん





 大学で陸上部に所属していた私。専門種目の400Mハードルでは、一周400Mのトラックに、10台のハードルが35Mおきに等間隔で配置される。通常、各ハードルのインターバルを、歩数を決めて走る選手が多い。人によって歩幅が違うので、歩数も人それぞれだが、自分で歩数を決めることによって、リズム良く走ることができる。


 私のデビュー戦は福岡の平和台陸上競技場。予選3組中、私を含めた7人が第1組で走り終えた。続く予選第2組。ゴールした選手達の様子がどうもおかしい。よく聞くと、全員が口々に

「8台目のハードルの位置がおかしい」

と騒いでいる。

 調べてみると、競技補助員の手違いにより、8台目のハードルが10mも手前に設置されていた。


 私の組で走った人、誰も気がつかなかったのか(-o-)



 競技審判員の人が来て、

「大変申し訳ありませんでした。このままでは不公平が生じる可能性がありますので、すぐに予選のやり直しをすることができますが、どうしましょうか」

 いや、とんでもありません。そういった不測の事態に備えるというのも、選手として当然のことですし、その程度のことでタイムが変わることなどあり得ません。


心の声:こっちは死ぬ気でデビュー戦走ったというのに、今すぐもう一回なんて走れるか、あほ(-_-# いくらハードルが正しい場所に置いてあったところで、タイムが速くなる訳ないやろ(-_-##



 こうして、私のデビュー戦のタイムは、風も吹いていないのに「参考記録」となったのであった。
 
スポンサーサイト



  1. 2008/05/14(水) 05:03:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
  5. |はてなブックマーク - 不測の事態
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク