今日も脳天気

役に立たない♪ 意見しない♪ 仲良きことは美しき哉♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. |はてなブックマーク - スポンサーサイト
  4. |このエントリーを含むはてなブックマーク

むしや修行

 
 つらく厳しかった修行から帰還。


 Mt. Shasta では、身も心も洗われるような美しい滝にしばし時を忘れ、Crater Lake National Park では、どんな偉大な画家にも描けるとは思えないほどの深く青い湖水にみとれ、Lassen Volcanic National Park では、長いトレイルの先で思いがけず印象的な熱水噴出のエリアに遭遇することができた。

 6日間、連日1-2時間の山道を歩かされたにもかかわらず、急峻な数箇所を除いて、抱っこもせず自分で歩き切った2歳の次女にとっては、さぞかし厳しい修行だったと思われる。

 あ、書きませんでしたっけ?「次女の」修行、って <鬼親



 とまあ、そんな普通の話は聞きたくないと思われるので、読者のニーズに合わせて、普通じゃない話を(^o^)


 最初の滞在地である Mt. Shasta では、バスタブがなく、シャワーも満足に動かず、高かった割には期待を大きく裏切るモーテルに泊まる羽目になったが、その後、泊まった宿は、質自体は徐々にレベルアップしていった。

 ただ。

 今回の旅行では、なぜか虫に悩まされる事態が頻発した。


-レベル1-

 Crater Lake では、朝起きると、ロッジの前に、羽のないセミのような、体長5センチ幅2センチほどの得体の知れない虫がひっくり返っていた。あのサイズで羽のない昆虫はあまり見たことがない。部屋の外で良かったと思っていたら、出発する間際に部屋の中で駆け回る同じ虫を発見。

 前の晩に見ていたら、ちょっと眠れなかったかも。


-レベル2-

 Lassen Volcanic National Park 近くのロッジでは、交尾中のガガンボ(輪になってる奴)が部屋の中をふらふら飛んでいた。3ペアも(-_-;

 御存知の通り、ガガンボというのは巨大な蚊のような虫である。害のないことは知っているのだが、あまり気持ちのいいものではないので、とりあえず退治することにした。が、うっかり♂♀をバラしてしまったところ、予想外に素早く飛ぶことがわかり、室内を縦横無尽に飛び回る奴らに、長女がパニックに陥る(-o-)


 これらだけでも十分なのだが、本当の悪夢は以下の通り。


-レベル100-

 Klamath Falls というところで、予約したモーテルに到着したのは午後8時頃。まだ明るい中、オフィスでキーをもらって2階の部屋に向かう途中、嫌でも目に付いたのが、通路の壁・天井に所狭しと張り付いている蚊の大群。

 恐る恐る部屋に入ると、室内の壁・窓・天井にも、数十匹の蚊がべったり。

 慌ててオフィスに戻り、カウンターのおばちゃんに、通路も室内も蚊だらけだから、殺虫剤貸して欲しいと頼むと、

「あー、あれ全部ベジタリアンだから大丈夫」

 そうかもしれないけど、娘達が怖がるから、殺虫剤を貸せよ(-_-#

「ベジタリアンだから、殺虫剤は効かないよ」

 嘘つけ、こら(-_-# いいからとにかく殺虫剤を寄越せ(-_-##

「ない」

 おい。



 埒が明かないので、とりあえず室内の数十匹の蚊は一匹一匹殺し、晩飯ついでに念のため殺虫剤を調達することにした。

 さて、食事の後、近くのスーパーで殺虫剤を購入し、辺りもすっかり暗くなって、モーテルに戻ると、さっきは通路の壁に張り付いていた蚊達が、ライトに誘われ、そこらじゅう飛び回っている。冗談抜きで、飛び交う蚊をかき分けつつ部屋に入ると。


 室内には数百匹の蚊(-o-)


 ベジタリアンとか、そういう問題ではない。いくら血を吸わない蚊だとしても(それも怪しいものだが)、あの中で眠れる人がいたら教えて欲しい。

 殺虫剤を手に、蚊の大群と格闘すること、およそ1時間。床には累々と積み重なる数百の蚊の屍。・・・って、どんなホテルやねん(-_-#


 部屋を替えてもらう意味があるとは思えず、ここをキャンセルして別のホテルが見つかる保証もなかったので、泣く泣くそのまま滞在することに。というか、最後は感覚が麻痺してきてしまい、「もうどうでもいいや」という気になってしまったのも確か。


 ちなみに、タイトルは「武者修行」ではなく、「虫や!修行」と読みます <また虫オチかよ
 
スポンサーサイト
  1. 2008/07/30(水) 11:36:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
  5. |はてなブックマーク - むしや修行
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク

饅頭怖い

 
 現在、つらく厳しい修行中♪


 山、怖い♪

 湖、怖い♪♪

 滝、怖い♪♪♪
 
  1. 2008/07/26(土) 14:31:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. |はてなブックマーク - 饅頭怖い
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク

山ごもり

 
 明日から山にこもります。


 たるんだ精神を鍛えなおしてきます♪


 ・・・あれ?


 つらく厳しい修行になるかと思われます♪♪


 ・・・あれ??


 自らをみつめ直し、甘さを捨てるべく、精神修養に励む所存です♪♪♪


 ・・・おかしい。指が勝手に、心にもない♪を。


 悲壮な決意で望む覚悟です♪♪♪♪ <人生に対する真剣味が足りないと、よく言われる



 来週には、生まれ変わった新ポリをお見せいたします <望み薄
 
  1. 2008/07/23(水) 04:51:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
  5. |はてなブックマーク - 山ごもり
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク

プレゼンの極意 -ささやかだけど大切なこと-

 
 プレゼンテーションスキルアップのクラスに行くと必ず言われる、研究発表スライド作製上の鉄則がある。それは、フォントを統一すること。

 何種類ものフォントがごちゃ混ぜで使われているスライドを時折見かけるが、確かに落ち着かない。

「どうしてここで違うフォントを使っているのだろう? 何か重要なポイントなのか? だとしたら、フォントが変わっているところだけ注目すればいいのか? いや、どっかからコピペしただけか? もしかして、盗作? それとも、ただの趣味?」

 妄想が膨らみ、プレゼンどころではなくなってしまう <大袈裟な



 要は、本題以外の部分に注意が向けられるようなことがないようにしなさい、ということなのだが、では、どんなフォントで統一すれば良いのか。


 研究発表用スライドは Arial というフォントで作られていることが多い。私の知る限り、半分以上はこのフォントではないだろうか。日本語フォントでいうゴシック体系、つまり字画の幅がほぼ均一なので、読みやすいことは間違いない。それに対し、昔、私が好んで使っていたのが Times New Roman。日本語フォントでいう「明朝体」に近い。印刷物などに良く使われており、メリハリがあって格好いいと思っていたのだが、太い線と細い線が混在しているせいで、実はスライドにするとかなり見づらい。


 着ていたマネキンがカッコ良かったからといって買ってきた洋服が、自分が着るとさっぱり似合わなかったというのと、同じである(^_^;


 そこで、2年前くらいまでは Arial を使っていたのだが、そこはそれ、ちょっとでいいから他人とは違う印象を与え、

「お?」

と言わせたいのが人情というもの。<内容で勝負しろ、という提案は却下



 とはいえ、

Gal font



これだと頭の悪いコギャルみたいだし、



Horror font



こんなことしたら、いくら脳の話とはいえ(?)悲鳴が上がりそうだし、



Duck font



これでは発表会場からつまみ出されかねない。 




 で、ここのところ愛用しているのが、Comic Sans というフォント。初めてこれを使ったスライドを見たときには、小莫迦にされてるような気分にさせられたものだが、実は意外と読みやすい。

Comic font



 正統を知った上での、ちょい悪オヤジ風お洒落という感じで(?)、結構愛用者が多いのである。


 正攻法でも異端でもない、ちょっと技巧派。


 貴乃花より若乃花。


 ゴンよりキルア。




 あー、驚いた。気づいたら、ボスが真後ろに立ってた(-o-)

「楽しそうだけど、それ、なんの発表用?」

 ・・・すみません。ただの現実逃避です。決して次回の発表で使おうと思っている訳ではありません。
 
  1. 2008/07/19(土) 11:49:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
  5. |はてなブックマーク - プレゼンの極意 -ささやかだけど大切なこと-
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク

正しい論文の選び方

 
 毎週水曜日はラボミーティング。うちのラボの場合、Journal Club と Progress Report で計2時間。それぞれ順番に担当が回ってくる。

 Journal Club は、担当者が自分の選んだ論文をラボメンバー全員に前もって知らせておくのが基本なのだが、今週の当番のポスドクGからは何の音沙汰もない。



 昨日、つまり月曜日の夕方、Gがきまり悪そうに私のデスクに近づいてきた。


G:ねえ、なんかお勧めの論文ない?

 どうやら、いまだ読む論文を決めていない様子。

G:一応、これなんかどうかなと思うんだけど。

 なんだ。候補があるならそれでいいんじゃないの。

 目を通してみる。

 ・・・。

 つまらん(-o-)


 他所様の論文にけちをつけるつもりは毛頭ないのだが、過去の研究と同じ手法を、少しだけ週令の違う動物に適用し、結果もほぼ同じという、なんとも味気ない論文。しかも図が2つ。5分で終わるぞ。


 うちのラボメンバー、退屈な論文だと、Journal Club が始まる前から

「Boring」

を連呼し、担当者を意気阻喪させることがままあるので、この論文は避けた方が無難かも。


G:そうなのよね。でも、あんまり長いのは、全部読めそうにないし。


 この人、かつて

「この図はよくわからないんですが」

を図4くらいまで続けたところで、
ボスに次週やり直しを命じられた、うちのラボで唯一の人間である。



 ま、かくいう私も、若かりし頃、とある Methodology の論文を紹介する際、

「彼らが使った手法についてはよくわからないんですけど

と口を滑らせ、当時のボスを激怒させたことがあるので、あまり人のことは言えないが。



 しゃあない。これなんかどう? 前回どっちを紹介しようか悩んだ奴だけど。

G:あー、これ知ってる。ちょっと読んだんだけど、よくわからなかったのよね。できれば、エキサイティングで、さくさく読めて、難しくなくて、かつ短い論文がいいんだけど。


 知るか、そんなもん(-_-#


―――――――――――――

 で、今朝、ようやく回ってきたメール。

G:ラストミニッツでごめんなさい。明日の Journal Club の論文を添付します。Akira が勧めてくれた論文なので、彼はよく理解しているはずです。あたしはうまく説明できないかもしれないので、わからないところは彼に聞いてください


 登校拒否したろか。
 
  1. 2008/07/16(水) 04:59:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
  5. |はてなブックマーク - 正しい論文の選び方
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク

婉曲迂遠

 
 M-1 グランプリ 2007 で優勝したサンドウィッチマンの、決勝1回戦のネタ「街頭アンケート」の一場面は、こんな感じだった。


インタビュアー:血液型は何型ですか?次のうちから選んでください。

通行人:選ぶんだ、いちいち(-_-)

インタビュアー:A:A型、B:O型、C:B型、D:AB型。

通行人:(首筋をかきむしりながら)あああああーーーー、ややこしいわ!なんだ、その聞き方(-_-# Bだ、B!

インタビュアー:「B」のO型ですか?

通行人:違う、そうじゃねえよ(-_-# その「C」のB型だよ!

インタビュアー:(笑いながら)「CのB型」って、なんですかそれ・・・

通行人:そうやって答えるんだろ、これ、なあ(-_-# そうやって答えるんでしょ、これ(-_-##



 3日ほど前、NHKニュースを観ていたとき、まさにこの「あああああーーーー」という気分にさせられた。


-北海道洞爺湖サミット2日目、温室効果ガス排出量削減についての首相のぶら下がりインタビュー-

福田首相:世界全体の長期目標のビジョン共有を各国が支持することを促すことで合意した

 あああああーーーー(-_-# なんかいらいらする(-_-#

福田首相:・・・と、認識しています。

 しかも、あんたが思ってるだけかい(-_-#



 政治家の発言のまわりくどさなんて、今に始まったことではないのだが、それにしても、

「長期目標」の「ビジョン」? 支持することを「促す」? しかも、ちゃんと「合意した」んじゃないの?

 何が決まったんだ、一体???



 サミット閉会後の記者会見もネットニュースで読んだが、最終結論とおぼしきものも、大した違いはなかった。願わくば、


G8首脳の一人:わが国の温室効果ガス排出量削減長期目標は、2050年までに60%とします。

ブッシュ:(笑いながら)長期目標って、なんだそれ?

首脳:・・・そうやって答えるんだろ、これ、なあ(-_-# そうやって答えるんでしょ、これ(-_-##

なんてことにならないことを、祈るばかりである。
 
  1. 2008/07/12(土) 04:35:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
  5. |はてなブックマーク - 婉曲迂遠
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク

再会予定

 
 大学院に入ったとき、新設されたばかりのラボに所属した私は、ラボでただ一人の大学院生だった。化学専攻にもかかわらず、名称は「高次生体情報」、やってることは神経科学、というちょっと毛色の変わったラボだったせいか、翌年は大学院生ゼロ。その翌年、ようやく2人の新人、S君とN君が加わった。

 二人とも研究に取り組む姿勢は積極的だったが、普段は比較的おとなしいタイプ。私とは真逆(^_^)

 どれくらいおとなしいか、というと。



 あるとき、当時のボスがかつて留学していた MIT のラボから、学生さんが見学に来ることになった。

 大学近くの安く泊まれる場所をボスに聞かれた、ええかっこしいの私は、

「ホームステイはどうですか?」

と心にもないことを口走り、
狭いワンルームのアパートで3泊ほど彼を預かる羽目になった。


 週末、ボスが彼を奈良に観光に連れて行くことになった。私のそれ以上のでしゃばりを恐れた(?)ボスは、S君とN君を付き添いに指名し、ボスの車で出かけていったのだが、後で聞いたところによると、S君N君二人とも、道中「一言も」しゃべらなかったらしい。

 断っておくが、二人とも英語は私よりは達者なはず(というか、私より英語ができない日本人同業者にはいまだかつてお目にかかったことがない <威張るな)。京都から奈良まで往復3時間以上を、無言で押し通す根性がすごい。



 当時はうちの妻も同じラボで働いていたのだが(まだ結婚前)、あるとき、彼女のデスクに音もなく近づいていったS君、デスクの上にあったハンドクリームの瓶を無言でおもむろに開け、無言で指を突っ込み、無言でクリームを掬い取って自分の手に塗り塗り。

妻:・・・ちょっと。あたし、ここにいるんだけど(-_-# 何か一言ないの?

S君:(ぼそっと)これ、なかなかいいですね。

妻:・・・そういうことじゃないでしょ(-_-##

S君:(ふふっ、と笑って立ち去る)



 あるとき、妻がたまたまS君のベンチの近くで実験していた。そこに現れたS君、ぼそっと一言。

「邪魔。」

 ちなみに、S君は妻より6歳年下。・・・ほんとにおとなしかったのか?



 なんでこんなことを思い出しているのかというと、明日、S君と久々に会う予定なのである。現在研究留学中のノースカロライナ大学から、奥さんと子供を連れてサンフランシスコに遊びに来るとのこと。再会を一番楽しみにしているのが、リベンジに燃える妻。


妻:あのS君が結婚?しかも子供?あたしに断りもなく?楽しみだわぁ、ふふふ。


 目が笑ってないんだけど(-o-;
 
  1. 2008/07/09(水) 11:15:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
  5. |はてなブックマーク - 再会予定
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク

原因不明

 
 先月献血した際の、血液検査の結果が、警告と共に返ってきた。


 総コレステロール量、過去最高値更新(;_;)


 わかっている。問題は総コレステロールではなく、LDL つまり悪玉コレステロールの量なのだろう(そこまで詳しくは調べてくれない)。

 それでも、269 mg/dl は、ちょっとやばいらしい。

 おかしい。なぜだろう。
 
 食事に問題があるとは思えない。昨日の夕食なんか、

・ご飯
・冷奴キムチのせ
・カツオのたたき
・春菊のおひたし

 ハンバーガーしか食っていないアメリカ人の100倍まともな食事である。


 朝晩、片道10km弱の道程を自転車通勤。2階の居室と地下の実験室を一日6,7往復(うち、忘れ物を取りに、無駄に3往復)。運動も十分なはず。


 おかしい。



 もしかして。ひょっとして。


 水代わりに一日1リットル以上牛乳を飲むせい?

 毎晩寝る前に、果物やアイスやヨーグルトやアイスやクッキーやアイスやチョコレートやアイスを食べるせい?

 大学内の各種セミナー日程を調べ、終わった頃に颯爽と会場に現れ、無料で提供される果物やクッキーやマフィンやチーズを食べ歩くせい?



 何が原因なのか、じっくり考えてみる必要がありそうである。
 
  1. 2008/07/05(土) 04:28:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
  5. |はてなブックマーク - 原因不明
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク

続・似て非なるもの

 
 ちょうど1年ほど前、こんな日記を書いた。


 先日たまたま、あの伝説の「Chocolate Sushi」の前を通りかかった。何か違和感がある。見ると、昨年、見た瞬間に一気に食欲を減退させたあの赤い看板の色が黄色に変わっている。やっぱりつぶれたか、と思ってよく見ると。


Tofu House


 あ。下にこそっと残ってるやん。「Chocolate Sushi」のロゴ(^_^)


 ちなみに、Tofu House は、このあたりに何軒かある我が家の大好きな韓国料理屋の名称と同じ。ということは、もしかして抱き合わせ?

 オーナー、安全策を取ったな(-o-)

 しかし、入りやすくなったことは確かである。もし寿司がダメでも、豆腐スープやビビンパに逃げれば良い。




 そして日曜日。ついに挑戦するときが来た。 <褒めてください



 店に入ると、威勢の良い

「いらっしゃいませ~!」

の掛け声。意外にも日本語っぽいアクセントである。


 広い店内では巨大なTVスクリーンでボクシングの試合が放映されている。寿司ネタのカウンターがなければ、雰囲気はスポーツバーに近い。


 メニューには、寿司と共に、我々好みの韓国系料理が並んでいたので、早速豆腐スープをオーダー。更に海鮮石焼ビビンパとビール。


 これでは何のために来たのかわからない。


 このままでは埒が明かないので、恐る恐る握りのメニューを見ると、写真つきのメニューの中に、たった一つ、写真のないアイテムがある。その名も、

Chocolate Sushi (^o^)


 発見した長女が、

「あたし、これがいい!」

 無知というのは恐ろしいものである。とはいえ、正直好奇心を抑えることができなくなった私、ま、どうせ名前だけやろという冷やかし半分で、これを注文。


 まずは豆腐スープとビビンパ到着。旨い。運んできた韓国人風のお兄ちゃんに聞いたら、やはり我々の好きな韓国料理チェーン店が、つい最近一緒になったとのこと。旨くて当然か。


 そして。

 
 ついに来た。


Chocolate sushi




 来た瞬間、甘~い香りが漂う。こ、このツメらしきものは、まさかマジでチョコレート???


 食す。


 ・・・。


 結構いけるかも(^o^)


 シャリの上に載っているのは、アボカドと軽く揚げたウナギ。チョコレートソースとの組み合わせが、予想外に良い感じ。パン粉も食感にアクセントを与えている。シャリはあっても無くてもいいので(^o^)寿司というよりスナックに近いが、アイデア倒れというほど悪くはない。

 勢いに乗って、ひらめのエンガワも握ってもらう。旨みがちと足りないが、歯ごたえが良く、普通に美味しい。

 日本文化を冒涜する、あり得ない寿司レストランとして紹介しようと思ったのだが、ここ、意外とお勧めです(^o^)




 さて。これで3つのうち2つをクリア。残るはただ一つ。オンラインレビューで、

「シャリの大きさがモンスター級」

という、寿司屋の常識を覆す評価を受けていた、
あの「Monster Sushi」である。


 と思ったら、ここもなぜか、最近になって店の名前が変わった。

Dancy sushi



 ・・・「Dancy Sushi」? 踊るような寿司? しかも、相変わらず電飾?



 すいません。挑戦までもう少し時間をください m(_ _)m
 
  1. 2008/07/02(水) 09:25:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
  5. |はてなブックマーク - 続・似て非なるもの
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。