FC2ブログ

今日も脳天気

役に立たない♪ 意見しない♪ 仲良きことは美しき哉♪

プレゼンの極意 -ささやかだけど大切なこと-

 
 プレゼンテーションスキルアップのクラスに行くと必ず言われる、研究発表スライド作製上の鉄則がある。それは、フォントを統一すること。

 何種類ものフォントがごちゃ混ぜで使われているスライドを時折見かけるが、確かに落ち着かない。

「どうしてここで違うフォントを使っているのだろう? 何か重要なポイントなのか? だとしたら、フォントが変わっているところだけ注目すればいいのか? いや、どっかからコピペしただけか? もしかして、盗作? それとも、ただの趣味?」

 妄想が膨らみ、プレゼンどころではなくなってしまう <大袈裟な



 要は、本題以外の部分に注意が向けられるようなことがないようにしなさい、ということなのだが、では、どんなフォントで統一すれば良いのか。


 研究発表用スライドは Arial というフォントで作られていることが多い。私の知る限り、半分以上はこのフォントではないだろうか。日本語フォントでいうゴシック体系、つまり字画の幅がほぼ均一なので、読みやすいことは間違いない。それに対し、昔、私が好んで使っていたのが Times New Roman。日本語フォントでいう「明朝体」に近い。印刷物などに良く使われており、メリハリがあって格好いいと思っていたのだが、太い線と細い線が混在しているせいで、実はスライドにするとかなり見づらい。


 着ていたマネキンがカッコ良かったからといって買ってきた洋服が、自分が着るとさっぱり似合わなかったというのと、同じである(^_^;


 そこで、2年前くらいまでは Arial を使っていたのだが、そこはそれ、ちょっとでいいから他人とは違う印象を与え、

「お?」

と言わせたいのが人情というもの。<内容で勝負しろ、という提案は却下



 とはいえ、

Gal font



これだと頭の悪いコギャルみたいだし、



Horror font



こんなことしたら、いくら脳の話とはいえ(?)悲鳴が上がりそうだし、



Duck font



これでは発表会場からつまみ出されかねない。 




 で、ここのところ愛用しているのが、Comic Sans というフォント。初めてこれを使ったスライドを見たときには、小莫迦にされてるような気分にさせられたものだが、実は意外と読みやすい。

Comic font



 正統を知った上での、ちょい悪オヤジ風お洒落という感じで(?)、結構愛用者が多いのである。


 正攻法でも異端でもない、ちょっと技巧派。


 貴乃花より若乃花。


 ゴンよりキルア。




 あー、驚いた。気づいたら、ボスが真後ろに立ってた(-o-)

「楽しそうだけど、それ、なんの発表用?」

 ・・・すみません。ただの現実逃避です。決して次回の発表で使おうと思っている訳ではありません。
 
スポンサーサイト



  1. 2008/07/19(土) 11:49:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
  5. |はてなブックマーク - プレゼンの極意 -ささやかだけど大切なこと-
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク