FC2ブログ

今日も脳天気

役に立たない♪ 意見しない♪ 仲良きことは美しき哉♪

休もっか

 
「それはやったらあかん」

と注意されると、渋々ながらも

「はーい」

と答える、基本素直な9歳の長女に対し、

「わったよ(-o-) 」

とグレかけたティーンエイジャーのような返答をする、3歳の次女。

 お姉ちゃんの友達と遊ぶことも多いせいか、シャイとは対極にある性格なので、プレスクールもなんとかなるんじゃないかと、軽く考えていた。



 昨日、マウスの手術中にラボにかかってきた電話は、次女が3週間前に通い始めたプレスクールからだった。

「腕に赤い発疹が出ているので、来て見て欲しい」

 生憎、妻は先週から始まったコミュニティカレッジのクラスの授業中で、携帯が通じない。やむを得ず、マウスには最低限の処置だけして、自転車でプレスクールに駆けつけた。

 オフィスに立ち寄り、次女がいる部屋に向かう途中、先生に呼び止められた。

先生:Rちゃんをピックアップする前に、ちょっと話したいことがあるんだけど

 話は予想通り、次女にはプレスクールは無理じゃないかということだった。まあ、そう言われるのも無理はない。


 これまで3週間、ほぼ毎日泣きっ放し。砂場遊びの時間も、砂場の横で泣きながら立ってるだけ。好きなはずのムーンウォークも、中にも入らず。最初の頃は食べていたお弁当も、最近は一口も食べず。

 2週目はあまり泣かなかったというので少し安心していのだが、どうやらちょっと具合が悪くて、泣く元気がなかっただけのことらしい。

先生:もちろんあなたたち次第だけど、時期が来るまでもう少し待ってみるという手もあるわよ



 教室のドアを開けると、私を見つけて走ってきた次女。大泣き。

ポリ:赤い発疹って、どこですか?

先生:ほら、手のひらが、赤くまだらになってるでしょう?

 なんのことはない。泣き過ぎて全身充血していただけ。ま、親を呼ぶ口実でもあったのだろうと思う。



 プレスクールを出ると、ピタッと泣き止んだ次女。自転車の後ろに乗せると、

次女:うちまでお散歩? やったぁ!!

 こいつ、調子いいな(-o-) 一言文句でも言ってやろうかと思ったとき、

次女:R、今日も泣いちゃった

ポリ:どうして泣いちゃうの?

次女:だって、さみしいから。さみしいときは泣いてもいいんだよね?

ポリ:まあ、それはしかたないけど

次女:・・・でも、泣かない方がいいんだよね?


 自分でもわかってるんだよな、きっと。



 家に着いて、ランチボックスを見ると、半分くらいなくなっている。


次女:今日はね、R、お弁当食べたの!

ポリ:えらいじゃん!

次女:全部は食べなくてもいいんだよね? でも、全部食べた方がいいんだよね?


 そう言って、目の前で残りも全部食べてみせた次女。よく見ると、プレスクールを出てもう1時間近く経つのに、まだ時々ヒックヒックしている。きっとお父さんが来るまで、ずーっと泣いていたのだろう。


 怒ってないよ。怒ってないから、大丈夫。




 今朝、起きた途端に、不安そうな顔で、

次女:今日、R、プレスクール行かなくてもいい?


 いいよ、と言うと、もうこぼれんばかりの笑顔(^o^)


 よっぽどストレスだったんだろうなあと、妻と顔を見合わせて思わず笑ってしまった。今まで、子供をプレスクールに入れるのを不安がる知り合いに対し、子供は驚くくらい柔軟に適応するから大丈夫、などと偉そうに言っていたが、今回のことで自分の無知さ加減を思い知らされた。


 今朝は少し時間があったので、長女を学校まで送った後、次女を自転車で公園まで連れて行くことにした。行く途中、自転車の後ろの座席で、楽しそうにいろんな歌を歌っていた次女、突然、

次女:明日の明日の明日の明日の明日の明日は、R、プレスクール行く


 わかったわかった(^_^) 気長に待つよ(^o^)
 
スポンサーサイト



  1. 2008/10/01(水) 04:42:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
  5. |はてなブックマーク - 休もっか
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク