FC2ブログ

今日も脳天気

役に立たない♪ 意見しない♪ 仲良きことは美しき哉♪

尋問

 
 渡米して6年、いまだ交通違反のチケットをもらったことがないポリだが、警官に一旦停止を求められたことが無い訳ではない。


 火曜日の夜。あたりもすっかり暗くなり、チャリで家路を急ぐ私の後方から、赤と青の回転灯を回したパトカーが近づいてくるのがわかった。


 別に悪いことはしてないよな。大した速度でもないし。何も盗んでないし <当たり前だ


 ところが。脇を通り過ぎていくだけかと思いきや、私の左後方をピタリとマークし、回転灯を回したまましばらくついてくる。車の運転中ならもちろん右に寄せて止まるが、こっちは罪のないいたいけなチャリ。何かの間違いだろうと、無視して走っていると、すっと並んだパトカーの右のウインドウが開いて、

“Stop, sir!!”

 マジですか?!


 仕方なく止まると、無線で何やら話した後、スタン・ハンセンに似た大男が降りてきた。


ハンセン:夜間自転車に乗るときは、ヘッドライトを点け、てるね・・・


 ええ、点けてますけど、何か?


 正面より少し右向きに取り付けてあるのと、光が弱いせいで、左後方からは見えなかったらしい。これじゃダメ?


ハンセン:いや、少なくとも点いてはいるからね・・・。おどかして悪かったね


 まあ、ちょっと暗いのも確かなので、週末にでも新しい奴買いに行きますよ。


ハンセン:そうだね。一応規則では300フィート先から認識できなければならないことになってるから。ほら、そこの家くらい光っていれば、よく見えるだろ


 ・・・あんな、1km先からでもわかるような気違いじみたハロウィンの電飾と比べられても困りますが。


ハンセン:とにかく、ライトが点いてさえいれば、文句はないよ


 すごすごと車の中に引き返すハンセン。勝った(^o^) 


 良い気分でしばらくチャリを走らせていると、今度は乗用車を牽引したAAAのトレーラーが、すぐ横を抜いていった。


 と思った次の瞬間。


 いきなり右に幅寄せ!


 急ブレーキで、すんでのところでぶつかることは避けられたが、どうやら暗過ぎるヘッドライトが見えなかった模様。


 ハンセンさん、私が悪うございました m(_ _)m ちゃんとした奴、買って参ります。



 それにしても、

“Stop, sir!!”

のとき、

「よっしゃ。ブログのネタやな(^o^)」

が反射的に頭をよぎった私。病気だ。
 
スポンサーサイト



  1. 2008/10/25(土) 04:31:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
  5. |はてなブックマーク - 尋問
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク