今日も脳天気

役に立たない♪ 意見しない♪ 仲良きことは美しき哉♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. |はてなブックマーク - スポンサーサイト
  4. |このエントリーを含むはてなブックマーク

ネタに困らない

 
 京都・名古屋でのセミナー、C大学でラボツアーを終え、オフィシャルな予定を全て終了した昨日昼。


 ラボツアーをしていただいたH教授にお礼を言い、駅までのタクシーを呼んでもらった。タクシーに荷物を積み、駅まで1400円。財布を取り出そうとポケットに手を入れたとき。何かが手に触れた。

 
 大学のゲストハウスの鍵だよ(;_;)


 後で郵送するという手もあったが、H教授に迷惑がかかるのも困る。

ポリ:すいません。また戻ってもらえますか?

運ちゃん:いやあ、あたしら年寄りだけかと思ってたけど、若い人でもあるんだねぇ。

 いえ、若くもありませんし、珍しくもありません(-_-)



 再びラボがある大学の建物の玄関に到着。ラボまでそう近くもないので、「待ってましょうか?」という運ちゃんの提案を丁重に断り、建物に駆け込み、エレベーターのボタンを押したとき。今度は何やら違和感が。何かが足りない。


 荷物全部タクシーに置いてきたよ(;_;)


 慌てて玄関に戻ったが、既にタクシーは立ち去った後。タクシー会社も覚えてない。結局やむを得ずH教授のラボに戻る。

ポリ:すみません。鍵返すの忘れてました m(_ _)m で、ついでにさっき呼んでいただいたタクシー会社の電話番号教えてください。


 戻ってきたタクシーから出てきた運ちゃんも、責任を感じてか、少し気まずい様子だった。荷物を降ろそうとする運ちゃんを制して、

ポリ:・・・えーと、やっぱりもう一回駅まで乗せていってください。


 マウスの脳を研究する前に、てめえの脳をなんとかすべきなんじゃ(-o-)


 運ちゃん、通常料金の3倍払ってくれる客を慰めなければならないと思ったのか、

運ちゃん:もしかしたらさっきそのまま駅に行っていたら、テロに遭ってたかもしれないし、お客さん、結果的にはこれが一番良かったのかもしれないよ。


 慰めてくれなくても大丈夫です。私もそう思ってますから <反省しろ
 
スポンサーサイト
  1. 2008/11/29(土) 20:44:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
  5. |はてなブックマーク - ネタに困らない
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク

毎度お馴染み

 
 一昨日、日本到着。


 初日は妻の実家に泊めてもらうことになっていたので、挨拶もそこそこに、お土産を出した・・・かったのだが、見当たらない。
 
 
 わーすーれーたー(;_;)
 
 
 しかも、なぜか妻の実家の分だけがない。翌日からの京都・名古屋行きの準備をしながら、義父と義母の前でその分のお土産(ビーフジャーキーなど、義父母の口には合わないのであげられない)を詰める。
 
 
 きーまーずーいー(;_;)
 
 
 3日後には再びここに泊めてもらう予定なのである。
 
 
 妻にメールすると、

「玄関に置きっぱなし。あほ」

との返事が。自分が憎い。
 


 
 翌日、京都に発つときには、義父母から、
 
「忘れ物ない? 大丈夫? 玄関に何か置いてない?
 
 
 もーおーやーだー(;_;)
 
  1. 2008/11/26(水) 08:18:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. |はてなブックマーク - 毎度お馴染み
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク

宿命のライバル

 
 学会から無事帰還し、いつもどおりチャリでラボに向かう私。大学構内の見慣れた景色に、ふと違和感を感じる。

pink wide


 違和感の正体はこれ↓

pink close


 疲れた眼を癒してくれる(^_^)このどぎついピンク色の噴水。実は、宿敵 UC Berkeley (Cal) とのカレッジフットボールの試合が今週末に迫り、学内あちこちでいろいろと盛り上がっているイベントの一つ。

 一応、Stanford の College color である Cardinal red のつもりらしいが、どこからどう見ても、ショッキングピンクにしか見えない。


 ちなみに、いつもはこんな感じ。ライトアップではなく、水そのものの色がピンクというのがすごい。

normal close


 数年前、初めてこれを見たときは、赤潮でも発生したのかとかなり驚いた。昨年紹介したマスコットといい、このピンク噴水といい、この大学のセンスに一抹の不安を覚えるのは私だけだろうか。



 この試合、あまたあるカレッジフットボールの試合の中でも、固有名詞で「Big Game」と称されるほど歴史のあるものらしい。1982 年の Big Game における試合終了前4秒の大逆転劇は、これまた固有名詞で「The Play」と呼ばれている。私が学部生の頃にも、宿命のライバルといわれた京大と関学のアメフトの試合、いわゆる京関戦は年に一度のビッグイベントだったが、こっちは盛り上がり方が桁違い。現役学生からOBに至るまで、多くの観衆が押し寄せる。




 人が集まれば、それに付随したイベントも多々行なわれる。例えば、Big Game に先立ち、今週前半に Blood Drive、いわゆる出張献血が大々的に行なわれた。その宣伝看板は、こんな感じ。

blood


「この試合、きっと血を見ることになるだろう。」 -スタンフォード血液センター


beat cal


「奴らに敗北を、我々に血を。」 -スタンフォード血液センター



 日本赤十字センターも、これくらいのユーモアがあって良いんじゃないかと思う。
 
  1. 2008/11/22(土) 07:39:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
  5. |はてなブックマーク - 宿命のライバル
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク

称号

 
 学会が明日から始まるにも関わらず、まだこうしてラボでお仕事している私。とはいえ、いつもなら出発数時間前にならないと出来上がらないポスターは、「ぎりぎり君」の私にしては珍しく、今回は出発2日前に既に完成済み。


 えらい。


 一昨日刷り上ったポスターを見て、ラボの連中も、

"It is your personal record, isn't it?"

口々に褒めてくれていたところ(^o^) ボスが血相を変えて部屋に入ってきた。

ボス:Sのポスター作り、手伝ってくれない?!

 え? Sは前日に一足早く DC に発ったはずでは?

ボス:ポスターできてないのに、なのよ(-_-#


 S、出発までにポスターが間に合わず、内容についてボスの同意をまだ完全に得ないうちに、現地で印刷するつもりで出発したとのこと。それだけでも無謀なのに、E-mail で送られてきたドラフトは間違いだらけで大幅な変更を要するだけでなく、結局現地ですぐに印刷できるところが見つからないという体たらく。

 
 残りの二日で余裕を持って学会準備をする目論見は無残にも崩れ、昨日一日、激怒するボスに付き合って、Sのポスター直し。

ボス:Thank you so much without getting upset.

 まあ、皆で激怒してても、話が進みませんし。早く自分の準備に戻りたいですし。


 時々Sと電話でやりとりし、昨日の夜、なんとか完成。

S:I'm sorry for this last minutes work.

 
 違う。

 「ぎりぎりに終わって」こその「ぎりぎり君」である。終わらなければ、ただの困ったちゃん(-_-#


 「ぎりぎり君」の称号は、誰にも渡さん(-o-)
 

---------------------
 という訳で、今から飛び立ちます。次回はお休みです。
  1. 2008/11/15(土) 08:37:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
  5. |はてなブックマーク - 称号
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク

体調管理

 
 業務連絡:11月15日(土)、第3回 BrainHackers in DC を開催します。心当たりのある方は(^_^) お好みのやり方で(^o^) 私かフジーさんに御連絡ください。



 という訳で、今週末から Washington DC で行なわれる学会で発表するため、今頃になってポスター作製に余念のないポリ。 相変わらず「ぎりぎり君」なのだが、こうも年中だと、最近誰もからかってすらくれない(;_;)


 昨年はホテルでえらい目に遭ったので、今年は学会で用意してくれるホテルを予約した・・・かったのだが、「安くあげろ」というボスの圧力に屈し、結局また性懲りもなく、自分で探した安いホテルを予約。

 もう、どうなっても知らん。



 この学会、いつも土曜日の午後から始まる。一泊分の宿泊費を浮かすために、毎回 Red-Eye (深夜出発・早朝着の便)を利用することにしているのだが、今回はなかなか都合の良い安い便が見つからなかった。

 結局、行きは 2-stop。いったん Los Angeles に南下した後、更に Chicago で乗換えという意味不明なスケジュールに。


ボス:そんな強行軍で、翌日の発表大丈夫なんでしょうね?

 誰のプレッシャーのせいだと思ってるんですか。




 陸上部に所属していた大学2年の時のこと。毎年夏に行われる七大戦の、この年の舞台は北海道。

 問題は京都からの交通手段である。試合直前の体調管理を考えれば、選択肢は飛行機しかないはずなのだが、そこはそれ、貧乏な大学生であった我々部員の大多数が選んだのが、舞鶴-小樽間のフェリー。なにせ、運賃が5倍近く違う。

 飛行機なら2時間弱の行程が、フェリーだと足掛け2日 <この時点で既に心は試合後の北海道旅行(^o^)



 フェリーは当然、雑魚寝の2等船室。船中特にすることもなく、退屈していたところ、

「本日7時より、船内カラオケ大会開催!」

のお知らせが。ほんとは出たくなかったのだが(^o^)、先輩に命令され、締切時間ぎりぎりにエントリーした。



 さて、本番。ステージ完備のかなり広いホールで開催されたのだが、いつになっても呼ばれないので、申込みが遅すぎたかなと半分あきらめかけていたところ、10人目が歌い終わったところで、


司会者:さて、これで終了の予定でしたが、実はもう一人、『どうしても歌いたい』と直訴してきた方がいらっしゃいます!


 ・・・そんなこと一言も言ってません(-_-;


司会者:それでは、本日有終の美を飾るのは、アルフィー「星空のディスタンス」!!


 スモークの中からスポットライトを浴びて出てくる、ポリ君(^o^)


 先輩も同輩も、客席最前列で大爆笑(-o-;



 賞品もいただき、気分は良かったが、歌にエネルギーを使い果たし(^_^; 体調はぼろぼろ。試合会場についた途端、先に飛行機で現地に着き、レースのための調整をしていたキャプテンに大目玉を喰らった。


キャプテン:試合直前に、フェリーで、しかもカラオケ大会で賞品? お前、一体試合をなんだと思ってる(-_-#


 本番前の体調管理は大切、というお話 <18年経っても 反省の色なし
 
  1. 2008/11/12(水) 05:48:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
  5. |はてなブックマーク - 体調管理
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク

願いを込めて

 
 アメリカの次期大統領がオバマさんに決まり、この国で研究に携わる人間はひとまずほっと胸をなでおろしているに違いない。なにせ、この8年間、あの軍事にしか興味のないお莫迦大統領のせいで、研究予算は据え置き、つまり実質上削減を余儀なくされてきたのだから。


 もちろん、金さえあれば良い研究ができるというものでもないことは百も承知だが、スタートラインに立つことすら難しかったここ数年の状況は、徐々に改善されていくだろう。



 ここでいう「改善」とは、純粋に研究予算のアップのことである。基礎研究重点化を大学院生やポスドクの数を増やすことで遂行しようとする国もあるが(^_^; 政策として基礎研究を重要視するなら、人を増やすんじゃなくて予算を増やすこの国のやり方がまっとうなやり方だと思う。


 だいたい研究者なんて、自分で言うのもなんだが、そんなにたくさんいてもしょうがないと思う(^_^) 「末は博士か大臣か」なんて、数が少ないから褒め言葉になるのであって、数だけ増やした結果、あちこちで不要論だの救済策だのいう話が持ち上がっているのは周知の通り。


 別に「ポスドク1万人計画」があろうがなかろうが、私は研究者を目指していただろうし、人数が多かろうが少なかろうが、生き延びる人間は生き延びると思うので、かつての国の政策に文句を言うつもりはまったくない。というか、国の政策と自分の進路に直接の関係はない(間接的な影響はあるかもしらんが、あまり興味がない)。


 ただ、ノーベル賞大量受賞のあおりで、もし仮に再び基礎研究重点化が叫ばれるとしたら、客観的に見て、人を増やすという選択肢はいらない。


好景気・研究重視 → 予算アップ
不景気・研究軽視 → 人員削減(大学院生・ポスドク新規枠削減)


 これならなんとかなるが、


好景気・研究重視 → 人員増加
不景気・研究軽視 → 予算削減


 これがどういう結末を招くかは、想像に難くない。


 時に底辺拡大が重要であることは否定できないが、こと研究者に関しては、底辺を増やすことが研究の活性化につながるとは思えない。底辺は底辺。 <お前が底辺じゃ、というツッコミは甘んじて受け入れます m(_ _)m



 とはいえ、アメリカの研究環境にしても、この不景気の中、今から直ちに良くなることは期待できない。他に何かこの業界でうまく生き延びる方法はないだろうか。



 そういえば、うちのボス、一昨年生まれたお子さんに

「Grant」

と名づけてから(実話)、急に金回りが良くなったような気が。




 しまった。うちの次女にも

「じゅり」

とか名づけるべきだったか。・・・候補にあったんだよな、マジで。
 
  1. 2008/11/08(土) 11:48:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
  5. |はてなブックマーク - 願いを込めて
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク

長丁場

 
 マラソンや駅伝の中継もそうだが、開票速報ってどうしてこれほどまでに観る者を惹きつけるのだろうか。

 うちのラボでも、さっきからずっとネットニュースが音声付きで流れている。結果だけを知りたければ、明日ニュースを観れば良い訳だが、どうしても最初からプロセスを追いたくなるのは私だけではないようだ。



 ああ、開票速報のような研究がしたい <なんのこっちゃ
 
  1. 2008/11/05(水) 11:53:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. |はてなブックマーク - 長丁場
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク

スクープ!

 
 え?













 まさか?!













 な、なんと!













 あのポリが帰ってくる!


 11月下旬、緊急来日決定! 更に、日本四大都市ツアー敢行!! チケット売り切れ間近!!



 四大都市とは、もちろん、京都・名古屋・東京・山形(^o^)












 すんません 、ほんま、すんません m(_ _)m  ただの一時帰国です(^o^)
 
  1. 2008/11/01(土) 05:04:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12
  5. |はてなブックマーク - スクープ!
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。