FC2ブログ

今日も脳天気

役に立たない♪ 意見しない♪ 仲良きことは美しき哉♪

妖精への要請

 
 長女の9本目の乳歯が抜けたのは、4日前の出来事。


長女:今日、学校で歯が抜けた!

次女:おねえちゃん、歯磨いてないから抜けちゃったの?

長女:磨いてるっちゅうの。子供の歯が抜けて、大人の歯が生えてくるんだよ。

次女:大人? でもおねえちゃん、小さいよね。

長女:小さくないっちゅうの。それでね、この歯を枕のところに置いておくと、夜中に Tooth fairy が来て、お金と交換していくんだよ。


 御存知の通り、アメリカには、子供の歯の買い付けに夜な夜な飛び回っている、Tooth fairy というはた迷惑な生き物が存在する。いい加減、そういうものを信じるのは辞めてほしいものだが。


次女:お金もらえるの? あたしも欲しい!

長女:Rも大きくなって歯が抜けたらね・・・

次女:欲・し・い! <こうなると手に負えない

長女:(言うんじゃなかったという顔で)・・・じゃあ、おねえちゃんの言うこと聞いて、いい子にしてたら、半分あげるからね。



 翌朝。


長女:お父さん。Tooth fairy 来なかったよぉ(;_;)

ポリ:・・・最近景気が良くないからじゃないか?


 どうやら、健忘症の妖精らしい。



 更に翌朝。


長女:お父さん! また Tooth fairy 来なかった(;_;) <かなり本気で泣いている

ポリ:・・・サンフランシスコで大量の Tooth fairy が捕獲されたって、昨日のニュースで言ってたぞ。

長女:違う!嘘だよ!!お父さん!!!




 その晩。ジップロックに入れた歯を窓際に置きながら、


長女:今日は Tooth fairy 来るよね、お父さん

ポリ:お父さんは知らん。

長女:来るよね、お父さん


 こいつ、絶対わかってるな(-_-)



 遅れた罪滅ぼしに、今回の Tooth fairy は大奮発の$3。あ、そういえば、確か次女にも分けてあげる約束をしていたよな、こいつ。分けやすいように、クオーターも1個入れておいてやろう。



 そして、朝。

 いつもは布団の中でぐずぐずしている彼女が、妻に「起きなさい」と声をかけられた瞬間跳ね起き、先に起きていた次女が部屋にいないことを確かめ、窓際に駆け寄り、ジップロックの中を確認して、歓喜の声を上げることもなく、無言で自分の机の引き出しにしまいやがった。


 どうやら、長女も少しだけ賢くなったようだ。
 
スポンサーサイト



  1. 2009/01/28(水) 05:28:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
  5. |はてなブックマーク - 妖精への要請
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク