今日も脳天気

役に立たない♪ 意見しない♪ 仲良きことは美しき哉♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. |はてなブックマーク - スポンサーサイト
  4. |このエントリーを含むはてなブックマーク

時には研究者のように

 
 今週の Journal Club、論文抄読会の当番は私だった。


 Journal Club で読む論文を選ぶのはなかなか骨が折れる。我々の研究にとって超重要かつエキサイティングな論文がちょうど出版されてたりすると一番楽なのだが、毎回そういう訳にもいかない。


 学術的にインパクトのある論文がないときはどうするか。そういう場合、私は別の意味でインパクトのある論文、つまり突っ込みどころ満載の怪しさ全開論文を選ぶことにしている。手抜きではない。実際問題、重要論文なら淡々と結果を紹介すれば良いが、そうでない場合、笑いを取るためには過去の関連論文も含めてじっくり読み込まなければならないし、必要以上に場を盛り上げるためにも PowerPoint のカスタムアニメーション機能をフル活用しなければならない。私はそういうことには労力を惜しまないので、決して手抜きではないことがお分かりいただけると思う。


 で、今回読んだのが、まさにそういう奴。


 まず、相当量の実験をこなしているにもかかわらず、著者が一人。レビューではない。れっきとした Research Article である。通常こういう場合、ラボ内で孤立しているシニアポスドクだとか、ボスがデータを信用してないシニアポスドクだとか、なんらかの問題があるケースをいくつか聞いたことがあるのだが、


ボス:この人、教授よ。確か60歳くらい。
 

 還暦過ぎても自分で手を動かして実験している研究者は個人的には嫌いではないが、そこそこの雑誌に論文1本出せるくらいの実験をたった一人でやられた日には、ラボメンバーからしてみれば、

「遊んでる暇があったら研究費取って来い、じじい」
「実験は私たちがやりますので、グラント申請とか論文チェックとかしていただけないでしょうか、先生」

と煙たがられていても不思議ではない。



 それから、実験の成功率が低い。平均値と共に、個々のデータを全てプロットしていて、半分成功・半分失敗、平均したら効果なし。同じ手法を使っている別の論文では、当然ながら平均しても一定の効果は出ている。

 まあ、実はこの人が正直で、他のグループが失敗例を故意に無視している可能性もなきにしもあらずだが、先に指摘した点を考慮すると、

「おじいちゃん、大丈夫?」

と聞きたくなってしまう。



 更に、予想と異なるネガティブデータが多い。予期しない結果が得られるのは研究の醍醐味ともいえるが、ここまでことごとく予想が外れていると、単に予想のし方に問題があるんじゃないか、と(-_-)



 結論も怪しい。二つの仮説AとBを立て、Aに対するポジティブデータが取れなかったのできっとBだろう、と言うのだが、正直仮説は他にも立てられる。


 例えて言えば、(あくまで想像の世界だが)自民党総裁選に立候補した東国原前宮崎県知事が夜中に公園で酔っ払って裸踊りしたため失脚、もう一人立候補していた舛添前厚生労働大臣が「総裁に最もふさわしい」と勘違いされるようなものである。




 一番の問題は、ここまで私がツッコミ倒した後、引き続いてポスドクGが担当した Progress Report がネガティブデータのオンパレードだったことか


G:いいのいいの。いざとなったら Journal of Negative Results in BioMedicine に出すから。


ボス:そのときは一人で書いてね。


 なるほど。こうやって single author の論文が出来上がるのか。
 
スポンサーサイト
  1. 2009/06/27(土) 09:54:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. |はてなブックマーク - 時には研究者のように
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク

増殖する何か

 
*初めに断っておきますが、2週間ほど前のエントリ「Gの衝撃」「検証・Gの衝撃」に関連する本日のエントリは、決して楽しいものではありません。特に心臓が弱い自覚のある方は、大変申し訳ありませんが、また次回のお越しをお待ちいたしております。たとえホラー好きな方でも、画像をクリックする際にはいったん再考をお勧めします。












 心の準備はよろしいでしょうか。












 ここから先は、自己責任でお願い申し上げます。

-------------------------------------------------



 数日前から、ラボの電子レンジの右上のデジタル表示板が見づらい。

microwave1



 電気系統の不具合かと思ったが、とりあえず使用に支障はないので、いつもどおりおにぎりをチンした。で、ふと表示板に目をやると、

microwave2



 なんか、動いてますけど・・・



microwave3



 きゃーきゃーきゃーきゃーきゃー




*当然、電子レンジ廃棄処分及び大掃除決行

*っていうか、Gじゃないぞ、これ。じゃあ、一体・・・
 
  1. 2009/06/24(水) 04:38:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12
  5. |はてなブックマーク - 増殖する何か
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク

父の日

 
 相変わらずマイペース泣き虫発想が意味不明な9歳の長女。父の日を前に、先週で修了した現地校の授業で書いたらしい手紙が、テーブルの私の席に置いてあった。


           Just Between Us

Dad there is so much to thank you for…
  For planning trips, planting flowers, reading me poems, puppets and piñata parties.
  For taking me to tournaments, Tokyo, taking me to school, temperas and theatres.
  For laughing together, Las Vegas, Lake Tahoe, Legoland and lobsters.

Thank you for making origami cranes, mochi with red beans, mountain climbing, macaroni and Monterey Bay Aquarium.
  For helping me make creampuffs, healthy food, holidays, hitting watermelons, and hiking.
  For jellybean factories, learning how to juggle, jumping beans, jigsaw puzzles and joking around.
  For sailing, ski trips, swimming, surprise parties for mom, and sewing kimonos for me.

   For breakfast, biking, blowing balloons, barbeque and eating bananas.
   For watching orcas, watching woodpeckers fly, walkie-talkie, whale watching and wading in the water.
   For giving presents, going to libraries, going to Italian Restaurants, growing and going to the beach.

   For flying kites, fishing, jumping over fire, firecrackers and frozen berries.
   For reading books, racing resting, running and roasting duck.
   For experimenting, eating sushi, elevators, enormous elephants and cracking eggs,

   For dolphins, doing math sheets, Disneyland trips, dancing and dragonflies.
   For apple picking, attending me to shows, avocado, allergy medicine and acting like monkeys.
   For oysters, old books, ordering octopus, oatmeal and onions.

And for all the moments and memories that you choose to share with me. These are what I am thankful for.

                               Sincerely,
                                  J



 誤字・脱字、よくわからないものまでいろいろ混ざっているが(^_^)、とりあえず1部コピーしてラボのデスクに、もう一部縮小コピーして財布の中に。オリジナルはパウチしといた。

 で、こんなもん書いてる暇があったら、アメリカ50州の州都くらい全部覚えておくように言っておいた。





 天気も良さそうだし、週末はどこかに遊びに連れて行くとするか。我が家の愛しき Daddy’s girl。
 
  1. 2009/06/20(土) 09:31:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
  5. |はてなブックマーク - 父の日
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク

ランクイン

 
 日本の未来を担う子供たちが憧れている職業は何か。平成22年度「大きくなったらなりたいもの」調査の結果、「ポスドク」が圏外から一気に第1位に輝いたことが判明した。


 この調査は生命保険会社が毎年小学生を対象に実施しているもの。昨年まで選択肢にあった「学者・博士」が実際の職業名ではないとのクレームを受け、代わりに「ポスドク」を選択肢に入れたところ、男子では野球選手、サッカー選手を上回り、女子でも常連の食べ物屋さんを僅差でかわし、男女とも「ポスドク」が一番人気だった。

 ここ1年間で「ポスドク」という職業の認知度が急激に上昇したことが一因と見られる。


解説:

 今回「ポスドク」が人気職業 No. 1 に選ばれた背景には、昨年秋の衆議院選挙における日本ポスドク党の大躍進がある。


 約16000人のポスドク及びその家族を含めた党員約50000人で旗揚げした日本ポスドク党だったが、公約に「大学院非重点化」を掲げたことが産業界の共感を呼び、経団連の支持を取り付けたことにより、党勢を拡大。更に公約が実現した場合に予想される数年後の博士激減を好感した企業が、今年度からの求人を大幅に増加させることを示唆したため、大学及び大学院生のうち投票権を持つおよそ220万人を味方につけた。

 ポスドクを長く続けるメリットは皆無のため、日本ポスドク党は当初から、党存続を一期限り、つまり4年後の衆院選には不出馬を明言していた。「期間限定」という言葉に弱い日本人の国民性を巧みに突いたこの戦略が功を奏し、また、

「比例ならまあいいか」「こんな党に投票するのは俺くらいなものだろう」「面白そうだ」

という、スポーツ平和党躍進の元凶とも言われた発想が浮動票を掘り起こすことになり、無党派層の約8割を取り込んだ。その結果、獲得票数は3000万票を超え、比例区で83議席を獲得。比例第一党に躍り出た。


 泡沫政党と思われた日本ポスドク党の予想外の躍進により、国会運営が滞ることが懸念されたが、次期衆院選で草刈場となる3000万票の取り込みを期待する与党が、日本ポスドク党の立案した

・ポスドク非経験者の教授選出馬資格剥奪
・直近3年間でインパクトファクター1以下の論文(学内紀要など)しか出していない教授の降格


などを軸とした新法案を受け入れたため、大きな混乱は生じなかった。


 また「首相が決める」2700億円の研究予算が、日本ポスドク党の公約である大学院重点化に全て注がれることとなり、さらに下の世代からの突き上げを緩和するために党が提案した「大学院定員9割削減」が、これ以上の博士増加を懸念する経済産業界の思惑と一致し、即実施されることが決まった。これらの政策が現役ポスドクの受け入れ先増加につながったことで、持参金制度ではなんの解決も見られなかったいわゆるポスドク問題は解消された。


 党自体の存続が一期限りということについては無責任との声も上がったが、長く居座られることを危惧した与野党が深く追求しなかった。上に述べたような全体の求人増加などによる景気回復に一役買ったことから、日本ポスドク党の存続を期待する声も一部にあるが、党は4年後の解散は公約としており、この小泉元首相や鳩山前総務大臣に通じる潔さと、これ以上数は増えないというレア感も、子供たちの間で人気職業 No.1 となった理由の一つと考えられる。



 なお、国連によると、来年2011年は「世界ポスドク年」とし、各地で様々なイベントが開催される。
 
  1. 2009/06/17(水) 04:43:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
  5. |はてなブックマーク - ランクイン
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク

秀喜感激

 
 私が渡米した2002年秋。日本からもう一人の男がアメリカの地にやってきた。その名は、松井秀喜。


 お互い、分野は違えど、日本人の底力をアメリカに知らしめるためにやってきたその心意気は、相通じるものがある。また、

・0学占いでは共に火星
チームメイトが優秀
ここ数年、結果が出ない

など、共通点も多い。


 そして今日。2年連続のバースデーアーチは逆転3ラン。チームはありえないようなサヨナラ勝ち。私のここ数回のエントリを知ってか知らずか、こうしてタイトルで脚韻を踏ませてくれるあたり、赤い糸で結ばれているような浅からぬ因縁を感じるのは私だけだろうか。





 一般には知られていないことだが、実は野球選手とポスドクには大きな共通点がある。松井も私も、社会人になってからずっと給料は年俸制。日本のサラリーマンと異なり、年2回のボーナスなど、一度ももらったことはない。

 初年度と比較した現在の年俸が、松井は 180 倍、私は 1.1 倍といった些細な違いはあるにせよ、これはもう野球選手とポスドクを同種の職業とみなしてもおかしくない。



 「余剰」だの「刈り残しの敗残者集団」だの、近年なにかとポスドクの存在意義を否定するような意見が声高に叫ばれるが、私の給料が毎年交渉により額が決まる年俸制だと知ったとき、祖父と父、そして妹と3代続けて公務員の我が家の反応が、

「野球選手みたいで、かっこいい」

だったことを鑑みると、「将来なりたい職業」の選択肢にポスドクがあっても、なんら不思議はない。アンケートに答える子供に、

「ポスドクって何?」

と聞かれたら、

「松井やイチローみたいなもんだよ」

と答えてあげればいい。



 まいったか。



註:もちろん私と松井選手とは何の面識もない。
 
  1. 2009/06/13(土) 17:40:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13
  5. |はてなブックマーク - 秀喜感激
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク

検証・Gの衝撃

 
 検証が中途半端に終わったため、内心忸怩たるものがあった前回のエントリ。このままでは研究者の風上にも置けないとの謗りを免れない。本業が忙しく、本来このようなことに時間を費やしている時間などこれっぽっちもないのではあるが、ほっといても誰もやってくれそうにないので、ここはきっちり検証しておこうと思う。


 何人かの方から指摘を受けた可能性4は、つまり「電子レンジ内に電磁波の死角がどの程度存在するのか」という設問に置き換えることが出来る。3次元はとてもやる気がしないので、とりあえずGが余裕をかましていた電子レンジの左側の内壁について検証したい。


 どうするか。


 電磁波で変性すると色の変わるシートを内壁に貼れば簡単である。生憎そんな便利なものは持っていないが、ないなら作れば良い。まず、熱で色の変わるオートクレーブテープを試してみたが、電子レンジの原理は、外から熱を与えるのではなく、含有する水分子が電磁波で振動し蒸発することにより熱せられるため、水分を含まないオートクレーブテープは使えないことが判明。


 次に思い浮かんだのが、熱により変色するイクラとか明太子を紙に貼るという案。しかし、そんなものをこの辺で手に入れるのは簡単ではない。仮に手に入ったとしても、こんなことのために大枚をはたけば、知的好奇心を満たす代わりに家庭崩壊を招く危険性があるため、却下。



 とはいえ、だからといって、こんなものや

dango array


ましてこんなものを作る気にはならない。

goki array



 要は、水分を含み熱変性で色の変わるものであればなんでもいい。となれば、やはり卵か。しかし、卵白のシートなんてどうやれば作れるか。


 で、考えたのがこれ。

before


 テープに米粒を貼り付け、その上から卵白を塗ってみた。米粒だけをチンしてもほとんど変色しないことは確認済み。


 この辺で、一体私は何をやっているんだろうという疑念が一瞬頭をかすめたが、ここで止めたら何か大事なものを失くしそうな気がしたので、続行。


 電子レンジ内部はこんな感じ。

inside


 この内壁に卵白つき米シートを貼り付け、スタート。

inside w rice


 1分経過。波長の長いマイクロ波が飛び交い、モザイク状に死角が出来ると予想したのだが、結果はこれ。

after


 おわかりだろうか。中央の一部分のみ卵白が変性し、米粒が加熱されているが(大きな空白箇所は煎餅状になった米のクラスターが剥げ落ちた)、両脇はなんと無傷であった(取り付け・取り外しの際にこぼれてしまった箇所は御容赦願いたい)。つまり、少なくとも左側内壁においては、中央部にしか電磁波は当たっていなかったのである。



結論:Gをチンするときは、ターンテーブルの上に置きましょう <誰がするか(-_-)


 今後、電子レンジ内部におけるより詳しい電磁波の局在及び可能性5、6について検証してくれる方を求む。私はもういい。
 
  1. 2009/06/10(水) 14:03:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:12
  5. |はてなブックマーク - 検証・Gの衝撃
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク

Gの衝撃

 
 相変わらず暴走を続けるポスドクGのネタは尽きないのだが、今回のGは彼女ではない。



 昨日のランチタイムのこと。


 いつものように妻の御手製冷凍おにぎりをチンしようと、ラボの電子レンジの扉を開けた。


 閉めた


 中に、体長7mmほどの、小さいゴキブリ発見(;_;)




 大体、ゴキブリには良い思い出がない。<普通、ない

 結婚後間もない頃、妻と二人で京都・四条木屋町近くの居酒屋に入った。ほぼ満席の店内の少し離れたカウンター席で、なにやら注文したカップル。

 カウンターの中の兄ちゃんからカウンター席の女の子に、木の皿に載った小さな鉄板の料理が手渡された、その瞬間。

 悲鳴と共に皿が取り落とされ、料理は女の子の服にぶちまけられた。


 無理もない。兄ちゃんの手から木の皿、そしてその女の子の手に伝い走りする大きなゴキを目撃した我々は、速攻で退散。(店の名前を知りたい方にはこっそりとお教えいたします)





 それはさておき。

 電子レンジの中のゴキ(以下、G)、小さかったのでそれほどの嫌悪感はなかったが、逃げられると面倒なので、とりあえずチンしてみることにした


 1分もあれば十分だろう。スイッチオン。


 ところが。


 扉の外から様子を伺っていると、スタートしたにもかかわらず、Gはレンジ内部の壁を悠然と動き回っている!


 1分経過。優雅に触覚をゆらめかせるG。悔しいのでもう1分追加


 ・・・。


 無傷。少なくとも見た目に変化はない。



 電子レンジの電磁波って、生命には影響を与えないのか?? しかし、こう見えても研究者の端くれ。ここで安易に結論を出す訳にはいかない。



可能性1:電子レンジが壊れていた

検証:何はともあれ、初期の目的を達成するために、ペーパータオルでGを処分。おにぎりを入れて、スイッチオン。1分45秒で、熱々おにぎりの出来上がり


 ちなみに、「Gがいたからこのレンジ使えなーい」などという繊細さはとうの昔に失って久しい。



可能性2:Gだと思い込んでいたが、実は電磁波耐性の地球外生物だった

検証:さしあたり、染色体 DNA だけでも抽出しておこうと、さっき潰したGをエッペンドルフチューブに入れ、ProK(たんぱく質分解酵素)と SDS(界面活性剤)入りの lysis buffer をぶち込み、55℃で一晩放置。


 今朝見てみると、あれ? 溶解していない。ネズミの尻尾ならこれで溶解するはずなのに。


 まあいいや。本気で検証するような可能性でもないし



可能性3:昆虫は電磁波耐性である

検証:他の昆虫を試してみようと外に出たが、意外に見つからない。アリくらいが適切だと思ったのだが、結局見つからず、たまたま花壇にいたダンゴムシを捕獲。

 昆虫ではないが、クチクラで覆われた節足動物には変わりないので、まあよかろう。


 スイッチオン。


 瞬殺。   スマン m(_ _)m



 そこにボス登場。

ボス:Are you using the microwave?


 見ると、手には朝食らしきレトルト食品。・・・えーと、あの、ちょっと待ってもらえますか?


ボス:Take your time.


 まずい。いくら知的好奇心を満たすためとはいえ、「ダンゴムシをチンしてました」とはさすがに言えない。仕方ない。他の可能性の検証は、また今度にする。



-今後の検討課題-

可能性4:サイズが小さかったので、飛び交う電磁波の死角に入ることが出来た

検証:大きめのGで試す。<かなりイヤだ


可能性5:一見影響がないように見えて、実は新たな変異生物が誕生していた

検証:育ててみる。<すごくイヤだ


可能性6:1匹いたということは、100匹はいるはず

検証:考えたくない
 
  1. 2009/06/06(土) 04:36:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12
  5. |はてなブックマーク - Gの衝撃
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク

Jの活劇

 
 イベント盛り沢山だった週末。主役は長女J。


 金曜日は、現地校のフィールドトリップで州都サクラメントへ。日帰りのため、学校出発は朝6時、到着は夕方5時半。9歳にして夜型人間の長女には、過酷な日程といえる。

 作文の宿題を出された彼女、州都ならではの州議会議事堂 Capitol や鉄道博物館などを見学したはずだが、「何が一番記憶に残っている?」と聞いたところ、

J:ギフトショップ


 ・・・また親が呼び出しを食らいかねない発言は慎んでいただきたい。




 土曜日は日本語補習校の運動会。生徒数が400人を超えるため、それなりの大イベントである。勉強<<<運動の長女にとっては、1年で一番楽しみな行事といっても過言ではない。4年連続学年代表になった紅白対抗リレーでは、3位からトップに立つ見事な走りで、4年間無敗の徒競走と合わせて、自軍の優勝に貢献。


 禁じられているインコース抜きを堂々とやってのけたのは、少々いただけないが(^_^;




 そして日曜日は、なんとトライアスロンに出場。現地校の体育の先生に勧められてその気になった長女。何人かのクラスメートと共に出場登録し、当日はしっかり完走。子供用に距離は短いとはいえ、Swim-Bike-Run すべてこなしたことに感服。

*ちなみに、老婆心ながら Bike はオートバイではなく自転車である。Swim-オートバイ-Run などというスポーツはない


 走り終わってへとへとかと思いきや、更にしばらくグラウンドで走り回っていた彼女。ランチの後は IKEA の Kid’s Room で1時間ほど次女と遊び、夕方6時からは友人宅で BBQ。子供たち同士で何して遊んでいるのかと思えば、Wii Sports(^_^; ずっと泳いでいないと死んでしまう、マグロのような子である




 それにしても、子供の体は凄い。いくらマグロのような娘とはいえ、トライアスロンは初参加。しかも運動会の翌日だった訳で、しばらくは筋肉痛に悩まされることだろうとの心配は、杞憂に終わった。月曜日もピンピンしていたどころか、ちゃんとテコンドーの練習にも行ったらしい。


 こっちは土曜日に保護者競技の綱引きに参加しただけで、3日経った今でも全身がたがただというのに。


J:あーあ、毎日運動会だったらいいのに。


 こっちの体が持ちません(-_-) 綱引きもそうだが、半日外で応援すること自体、老体には尋常ならざる負担がかかるのである。周りを見ても、同年代のお父さんたちとの会話は、

「そろそろお宅のお子さんの出番じゃないですか?」

「あぁ、でもここからはちょうど反対側なので、まあこっちまで来るのを待つとしましょう。暑いし

「そうですね。まあこれが初めての運動会という訳でもありませんしね。移動が大変だし


 まるでお達者クラブである。



 なにせ、開会式のときに子供たちと一緒にラジオ体操していたときに掛けられた声が、

「怪我しないように気をつけてくださいね」


 笑えない。
 
  1. 2009/06/03(水) 04:28:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:19
  5. |はてなブックマーク - Jの活劇
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。