FC2ブログ

今日も脳天気

役に立たない♪ 意見しない♪ 仲良きことは美しき哉♪

オチはなくても面白い

 
 オー・ヘンリーが好き。オチがあるから。 レイモンド・カーヴァーは嫌いだった。


 「火星年代記」(レイ・ブラッドベリ)が好き。オチがあるから。 「たんぽぽのお酒」(レイ・ブラッドベリ)は嫌いだった。


 落語が好き。オチがあるから。 講談は嫌いだった。


 「フォレスト・ガンプ」の回想シーンが好き。オチがあるから。 「イングリッシュ・ペイシェント」の回想シーンは嫌いだった。


 論理学が好き。オチがあるから。 哲学は嫌いだった。


 高校数学が好きだった。オチがあるから。 大学数学は嫌いになった。



 でも。



 最初は分子生物学が好きだった。オチがあるから。



 でも、今は。



 認知神経科学やシステム神経科学が好き。オチがないのに。どうしてだろう。



 オチがある話は今でも好き。でも、オチがないのにいかにもあるように見せかけても、すぐわかる。ネタの拙さをリアクションでカバーし、その場の笑いを取る芸人と同じ。そのうち飽きる。つまらない。



 騙されちゃいけない。脳の高次機能を巡る話には、今のところオチはないのだ。でも、そこがなぜか面白い。
 
スポンサーサイト



  1. 2009/07/18(土) 08:56:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
  5. |はてなブックマーク - オチはなくても面白い
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク