今日も脳天気

役に立たない♪ 意見しない♪ 仲良きことは美しき哉♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. |はてなブックマーク - スポンサーサイト
  4. |このエントリーを含むはてなブックマーク

罪と罰

 
 前回は小田急線に文句を言ってみたが、実のところ電車通勤はそんなに悪くない。帰りは座れるので、本とかネット論文を読めるし、なにより反則切符を切られることはない。


 チャリだったんだから関係ないでしょ、とおっしゃる方もいるかもしれない。



 実は昨年10月、チャリで切符を切られた。Stanford 構内には、警察と同等の権限を持つ Campus Sheriff が巡回しており、当日は取締キャンペーン実施中。以前にも一時停止違反で捕まりそうなところ、危うく難を逃れた経験のあるポリ、その日は交差点に入るだいぶ前から、警察官数人と説教されているらしい学生さん達を発見。幸運を神に感謝しつつ、殊の外慎重に一時停止。左右確認の上道路を横断したところ、なぜか目の前に立ちはだかる年配の警察官。


ポリ:What’s up? (取り締まりしてるなんて全然気がつかなかったけど、いつも通りちゃんと止まったよ、というドヤ顔で)

警察:You should turn the light on. (甘いな、というドヤ顔で)


 違反事由は「夜間無灯火」。カリフォルニアでは、日没後30分以降は点灯義務があるそうな。まだ真っ暗じゃないのに。シクシク(;_;)

 受け取った切符を見ると、げ。$200。日本でも、自転車も軽車両だから違反すれば切符を切られてもおかしくない、という話を聞くが、実際に切られた人は聞いたことがない。話のネタにはもってこい、とか言ってる場合じゃない。

 よく聞くと、1か月以内に講習を受ければ罰金は免除されるとのこと。車の場合、講習を受けても保険料が上がらなくなるだけで罰金免除にはならないので、自転車の方が少し罪は軽いようだが、全然嬉しくない。




------------------

 さて、件の講習。


 隔週で行なわれる Bike Safety Class なるものに申し込み、当日行ってみると、まあいるわいるわ、Stanford の学生・職員が60-70人。他にすることないのか、Campus Sheriff (-_-##

 とはいえ、これをパスすると$200払わなくて済むので、参加者は真剣そのもの。・・・なのは私だけだった。



 形式としては、スライドを用いて一通り自転車運転に関わる交通ルールを説明した後、講師の警察官が様々な場面を想定した問題を出し、挙手して正しく答えれば、御褒美にライトや反射板、スナック菓子などがもらえる。賞品があるもんだから、まあ皆さん盛り上がる盛り上がる♪


場面設定:

Which was wrong?



・ストップサインの無い交差点。片側2車線。歩道に近い車線の車Aが交差点の前でいったん停止。

・歩道から遠い方の車線を走っていた車Bが交差点に近づくが、運転していた女性ドライバー、フロントガラスに蜘蛛を見つけ、硬直。右車線に停止している車がいるのに気づかず、そのまま停止せずに自分の車線を走行し、交差点に進入。

・直交する車線を、右から来た自転車。車Aが停止しているのを見て、そのまま速度を落とさずに交差点に進入。

結果:車Bと自転車が衝突。自転車に乗っていた学生は複雑骨折。



 ここで質問タイム。


警察官: Who was wrong?

男子学生: The Spider.

警察官: ・・・Good. Here you are.


 学生さん、ライト獲得。一瞬でも真面目に答えようとした自分に腹が立つ。



 大体、こんなまた受けたくなるような楽しい講習、さっぱり抑止力が働かないと思うのだが。
 
スポンサーサイト
  1. 2011/05/31(火) 21:04:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
  5. |はてなブックマーク - 罪と罰
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク

小田急線にはちょっと一言いわせてほしい

 
 齢40にして人生初の電車通勤となったポリ。今まで徒歩とチャリ通しかしたことのない人間にとって、時間が自由にならないことについてはある程度覚悟はしていたのだが、他にもいろいろ想定外のことばかり。

 地元の人には当たり前のことでも、新参の田舎者には戸惑うことが少なくない。



1. 朝は上りだけでなく下りもダダ混み


 なんの罰ゲームかと思う位、ぎゅうぎゅう詰めの新宿行の上り列車を

「ふっふっふ。気の毒に」

と他人事のように横目で見ながら下り列車に乗り込んだ途端、”人を呪わば穴二つ” の意味を知ることになる。



「下りは楽ですね」

とのたまった不動産屋、訴えてやろうか。



2. 行先・接続の案内が不親切 


「この先、◯◯で各駅停車△△行きにお乗り換えができます」
 
 車内でのこの乗換案内、乗り入れている千代田線になぜか冷たい。次に来るのが綾瀬行だと、案内してくれないのである。そっちの大人の事情は知らん。ちゃんと案内してくれ。


 それから、途中で3つに分岐しているせいで、行先がいろいろあるのも困る。それぞれの終点である小田原・唐木田・片瀬江ノ島はなんとか覚えたが、この間、うっかり「藤沢行き」に乗ってしまった挙句、聞いたことのない駅と相模大野を2往復させられた。しかも2回 <莫迦

 途中の駅の名前まで憶えさせられるのは勘弁してほしい。



3. クラス分けが大混乱


 特急・快速急行・急行・準急・区間準急に多摩急行(乗り入れ)。臨時急行なんてのもある。一体どれがどこに止まるのか、どっちが格上なのか、いまだに混乱する。降りる駅が目の前を通り過ぎていくときの脱力感は半端じゃない。

 大体、私のデフォは急行>快速だったのに(だって急行は急行券がいる。快速は普通のちょっと早いやつ)、快速急行って一体何? 昔は快速準急、特別準急なんてのもあったらしい。どこに入れればいいんだ?


 おみくじで「半吉」を引いて、「小吉」や「末吉」とどっちが上なのか悩むようなものか?


 もっとひどいのは、途中で変わる奴。この間各駅停車に乗ってたら、相模大野で急行に変わりやがった。どうやら「なり急」「化け急」「たぬき急」とかいうらしい。全然面白くないのでやめてほしい。


 「大吉」のおみくじの裏に「やっぱり凶」って書いてあったら、暴れると思う。




 まあ、どんなものにも上には上がいるもので、東急大井町線には、

各駅に止まらない各駅停車

があるらしい。・・・なぞなぞじゃないんだから(-_-#
 
  1. 2011/05/27(金) 17:27:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
  5. |はてなブックマーク - 小田急線にはちょっと一言いわせてほしい
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク

旅の思い出 -悲劇編-

 
 9年近く過ごしたアメリカで思い出深い旅行といえば、かつて書いた 旅の思い出 -喜劇編- だが、もう一つ、忘れようにも忘れられないものがある。壊れた優れた脳内変換システムを持つポリの場合、大概の黒歴史は、笑顔で振り返ることができる記憶に置き換えられるのだが、こればかりはさすがに今でもトラウマである。親を心配させかねないのでアップをためらっていたが、もうここを見ることもないので、備忘録として書き残しておくことにする。



 渡米して半年を過ぎた頃。2泊3日で行った Yosemite は、とにかく素晴らしかった。ヨセミテ滝・ブライダルベール滝・リボン滝 etc、滝・滝・滝三昧♪ 当時3歳の長女も、一人で山道を4時間以上も歩いてくれたので、バーナル・ネバダ滝まで見ることができた。


 帰り道。朝、Park のゲートを出て Highway 120 を走行していた。ハイウェイとは名ばかりの結構な山道で、途中、雨が降り出したとき、妻と娘は後部座席で熟睡中。緩やかに左に曲がる下り坂に差しかかったので、少し速度を落としてハンドルを左にきった、そのとき。


 ハンドルが利かない!


 そのまま正面の岩壁に激突。反動でスピンしながら反対車線へ。幸運にも対向車はなく、速度も弱まったので、無事止まるかな、と思った瞬間。


 ガードレールがない!!


 スローモーションのように、車が頭から崖下へ。不幸中の幸いだったのは、斜面が岩肌ではなく、藪で覆われていたこと。30mほどずり落ちたところで、車は藪にひっかかって、かろうじてストップした。


 エアバッグに押しつぶされそうになりながら、妻に、外に出ろ、と叫ぶ。妻はドアを開けたとき、振動で車が落ちるんじゃないかと思ったらしい。上の方から誰かが大声で怒鳴る声が聞こえる。

“Turn the engine off!!”

 ああ、そうか。そんなところまで気が回らなかった。慌ててエンジンを切る。妻がもう一度そーっとドアを開けて、後ろの娘のカーシートのベルトを外したので、私も外に出て、娘を抱えて藪を手がかりに崖を登った。親切な人が途中まで降りてきてくれていて、手を貸してくれた。



 山中にもかかわらず、既にハイウェイパトロールの車が来ていたような気がする。登るとき手を貸してくれた人が、「AAA に連絡したら?」と携帯電話を貸してくれたが、当時は自分で説明できる自信が全くなかったので、お願いして AAA に電話してもらう(今でも悔やまれるのは、この人の名前すら聞かなかったんだよなぁ・・・。感謝してもしきれません)。


 奇跡的にどこも怪我していなかった。少なくとも自力で崖を這い登ってきたこともあってか、


警官:救急車は呼ばなくても大丈夫そうだから、近くのレストランまで送ってあげよう


 えっ? 家までとは言わないけど、最寄の公共交通機関が利用できるところまでくらい送ってくれないの?


警官:それは無理。タクシーを自分で呼べばいい


 ・・・こんな山奥のレストランに連れて行かれましても(-_-#


 仕方ないので、レストランの公衆電話から知り合いに電話かけまくり。親切な妻の知人夫婦がわざわざ迎えに来てくださることに。


 Y崎さん御夫婦、まだ Yosemite に行ったことがなかったのに、ただ Park の入り口近くまで往復6時間、本当にありがとうございました m(_ _)m




 待っている間に、車は引き上げられ、持ち物は回収できた。ビデオカメラも戻ってきたので、ついでに車も撮影しておいた。右前輪がぺしゃんこなことに、そのとき気がついた。どうやらパンクだったらしい。結局、車は廃車。


Totalled car



 警官にまで

“You guys are so lucky!”

を連発されたほど、これほどの事故で怪我一つなかったのは僥倖だったのだが、むかつくことが二つ。


 事故の二日後から、なぜか私だけ、上半身がゴジラのようにかぶれた。後で聞いた話だが、事故現場周辺は Poison Oak(日本でいうところのウルシ)だらけだったらしい。まあ、妻や娘までゴジラになっていたらそれはそれで大変なのだが、崖を登るときみんな藪漕ぎしたのに、私だけというのが今ひとつ納得いかない。おかげで一週間仕事に行けず。


 もう一つは、うちのラボの連中、その後私がどこに旅行に行くときも、

“Have a safety drive!”

 帰ってくると必ず、

“No crash or accident?”

 お願いだから、これ以上傷口に塩を摺りこむのは勘弁してください(;_;)
 
  1. 2011/05/24(火) 12:29:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. |はてなブックマーク - 旅の思い出 -悲劇編-
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク

続・ボスの条件

 
 考えてみれば、晴れて公私共々ボスという立場になった訳で。


 帰宅後、ちょっと言ってみた。


ポリ:俺もさぁ、一応家庭でも職場でもボスだから、まあいろいろ


妻:違うから。


 なにその反射神経。

  1. 2011/05/20(金) 12:10:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
  5. |はてなブックマーク - 続・ボスの条件
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク

ボスの条件

 
 Job interview で、こんなことを言われた。

審査官:今回君が応募したのは PI のポジションだが、プレゼンテーションや業績を見ると、君は PI タイプの人間には見えない。

        *PI: Principal Investigator、 つまりラボのボス

ポリ:PI とはどうあるべきか、現在のボスからまさに今学びつつあるところです。成熟したボスとしてのスタートはできないかもしれませんが、自分のラボのマネージメントスキルを成長させていく自信はあります。


 将来性を買ってもらおうという魂胆だが、考えてみれば、向こうが必要なのは即ボスになれる人材であって、当たるも八卦みたいな不確定要素はいらないはず。


 対応ミスか?しばらく落ち込む。





 Interview から戻って、ラボでその話をすると、皆口を揃えて

「ほんとにそんなこと思ってる訳ないだろ」
「否定的なことを言われたときどう対応するか試されたに違いない」

という。実際には、1st author の論文の数や過去の仕事のオリジナリティなどから、事実そう思われたのだろうが、さすがアメリカ人。意味もなく前向きである。


ボス:あたしなら、あえて褒め言葉と取るわね。「周囲への貢献と協調性が大事であると学んできたので、ボスらしくみえる、なんて言われなくて良かったです」みたいな。


 上方芸人が

「いややわあ、そんな褒めんといて」

とボケるのと同じノリである。







 3月。ラボでの送別会。皆からのプレゼントの一つが、ハンドメイドの陶器のレターホルダー。


Paper holder



 "... a Boss." じゃなくて、"... the Boss." だと、何度も念を押された。私に何が足りないか、皆さんよくわかっていらっしゃる。


 例によって褒め方が半端じゃない連中に持ち上げられているうちに、なんとなくその気になってきたポリ。ボスになれるような気がしてきたから、暗示というのは恐ろしい <気だけじゃダメだろ


 ふふふ。マウスの開頭手術なら、朝田龍太郎にも負けない <朝田はマウスの手術なんかしない

 緊急事態に陥っても、マウスなら進藤先生よりうまく対処できる <進藤先生はマウスなんか見ない




 全然ボスらしく聞こえないのはなぜだろう。
 
  1. 2011/05/17(火) 20:49:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
  5. |はてなブックマーク - ボスの条件
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク

77連敗でも伝えられること

 
 え?








 まさか??








 な、なんと???








 あのポリが帰ってきた?!









 という訳で、重大なお知らせがあります。


 今までずっと黙っていましたが、実はもう日本に帰ってきているのであります!


 びっくりした? ねーねー、驚いた?




 アメリカでの3年間のジョブハンティングを経て、この4月より縁あって日本で独立することと相成りました。今後ともよろしくお願い申し上げます m(_ _)m


-----------------------------------------------

 今日び、海外に研究留学する人はたくさんいる。その中で、

・最初から日本に帰るつもりの人
・海外で独立を目指してジョブハンティングした結果、最終的に(多少時間がかかっても)海外でポジションをゲットした人

はよく聞くが、

・海外で独立を目指してジョブハンティングしたが、やっぱり日本で独立した人

というのはあまり聞かない。なので、稀有なケースの体験談を提供できる貴重な人材として、今後様々なメディアから取材を受けることになっている <莫迦


 ぶっちゃけていえば、アメリカでのジョブハンティングには失敗した訳だが、この歳の研究者にとってはある意味アメリカよりも厳しい日本での独立を果たせたので、とっても嬉しい♪


 ジョブというのは良いのが一つ取れればそれで十分なのだ!! はぁはぁぜぇぜぇ


 まあ、失敗談なら各種豊富に取り揃えている訳だが(公募50連敗とかよく聞くが、私なんか77連敗ですがな)、たまには役に立つ情報も提供してみたいと思う。




 英語圏の大学(日本の大学もそうだが)の公募書類には、必ずカバーレターというものをつけなければならない。そうはいっても、研究プランは別に書いてあるし、自己紹介は CV を読めばよいし、カバーレターというのは意外と何を書いたらよいか悩むものである。私自身、最初の応募のときは、カバーレターを作成するのに随分時間をかけた記憶がある。


 Search Committee のメンバーとして選ぶ側にいることの多い元ボスの話では、1つのポジションに応募してくる200-300通の応募書類は、とりあえず全員分目を通す必要がある。しかし、締切の4日後に Search Committee Meeting なんてこともままあるので、書類全てに目を通すことは時間的に不可能とのこと。当然優先順位があり、元ボスの場合、カバーレター、CV、業績、推薦状で20人まで絞り込むそうだ。CV や業績は今さら変えられないし、推薦状は通常制御不可なので、業績に今一つ自信のない私のような応募者にとって、研究プランを読んでもらうためには、悪あがきできるのはカバーレターだけということになる。(文句のつけようのない業績を持つ、その分野の有名人であれば、カバーレターなんてどうでもいいかもしれない)


 今年ジョブマーケットに打って出る数人の知人からフォーマットを尋ねられたことでもあるので、以下にアメリカの大学に応募したときのカバーレターを載せてみる。もちろん、元ボス(アメリカ人)の添削済み。


-------------------------------

Dear the Chair of the Faculty Search Committee,

I would like to be considered for a tenure-track faculty position in the Department of ◯◯◯ at the University of XXXX. I learned about your search for a new faculty member from △△△ and the website of your department. My postdoctoral supervisor, Dr. □□□, told me that your department has a great research environment and encouraged me to apply for this position.

My research investigates the neural basis of motor learning, using a combination of molecular-genetic, pharmacological and in vivo electrophysiological approaches in the oculomotor system, which is well-defined behavior. In particular, I am going to investigate the contribution of particular neuronal populations to motor learning by using new molecular-genetic techniques, Optogenetics, and the contribution of a particular molecular signaling pathway, which is related to human diseases with motor deficits. The progress I make in the oculomotor system could have broad implications, both in terms of basic understanding of the principles of brain function, and in the design of clinical therapies.

I have published ## peer reviewed research articles, # review articles and obtained a ☆☆☆ long-term fellowship and other fellowship support for my work. My research is well suited for an environment to bridge different levels, molecular, circuits and behavior by using a variety of tools. I am particularly interested in University of XXXX because I heard that there are a number of researchers with complementary research programs, with whom I may develop productive collaborations from basic research to translational and clinical studies.

Attached are a cover letter, a curriculum vitae, a statement of research interests, a teaching statement and the names and contact information for three references.

Thank you for considering my application. I look forward to hearing from you.

Sincerely yours,
Akira

----------------------------------
(自分の研究については、ちょっと宣伝も兼ねてます。近々ポスドク公募予定♪)



 アメリカで成功している yasuda さんのサイトにも御本人の書いた雛形が掲載されているが、ま、例は多い方がいいんじゃないか、と。


「うまくいかなかった人のカバーレターなんて参考にならん」

とかいわれそうだが、77連敗とはいえ、インタビューには何度か呼ばれているので、フォーマットとして大きな問題はないと思う。今後英語圏で独立を目指す人にとって、少しでも参考になれば幸いである。



 え? じゃあ、インタビューは失敗談しかないんじゃないのか、って? ・・・おとっつぁん、それは言わない約束(;_;)
 
  1. 2011/05/13(金) 21:19:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
  5. |はてなブックマーク - 77連敗でも伝えられること
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク

比例するはず

 
次女:もっと大きいおうちに住みたいなー


妻:うちはお金ないんだから、無理。 大きくなったら、頑張って働いて、自分で買いなさい。


長女:頑張って働いたらお金たくさんもらえるの?


妻:そうだよ。


長女:じゃあ、お父さんは頑張ってないの?


妻:・・・。


 「・・・。」じゃなくて、フォロー、フォロー (-o-)
 
  1. 2011/05/10(火) 12:25:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
  5. |はてなブックマーク - 比例するはず
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク

“生物系40歳男子” はいいことずくめ?!

 
節足動物オタクで恐妻家っぽい? なんて思われがちな生物系40歳の男のコたち。実際にはどんな特徴があるのか、リサーチしてみました!


Point 1. 好きなテレビは NBC の Fear factor

「Season 3 Episode 9」や「Season 4 Episode 2」など、現場の最前線で試食や試飲を行なっている仕事人を見ると、つい共感して胸が熱くなってしまう!


Point 2. 派手なのは苦手? 服は Walmart で五分

どちらかというとオシャレには関心の低い生物系40歳男子。無難なアイテムが無残に着こなされれば、それでまったく家族からの反応なし。ファッションである意味目立っていることに気がついていない。


Point 3. 就業時間は無駄に長め 開店休業もあり

研究費申請にも締切があるので、その前日から猛烈に忙しくなるのが毎度毎度のギリギリ君。熾烈な研究費獲得の競争を勝ち抜くには、iPS に分野替えでもしないと、仕事は常にジ・エンドな状態にある。


Point 4. 手のかからないタカラのライゲーションキット

温度に無頓着とまでは言わないまでも、手間のかかるライゲーションは好まない生物系40歳男子。最低の清潔感がコンタミを招いていれば実験は SOS になる。T4 リガーゼ未経験者も少なくない。


Point 5. 好奇心が止まらない! すぐチンする派

レンジの扉を開けたときに思いつくちょっとした疑問や不思議も、すぐに解決しないと気が済まない。周囲の空気を気にせず、納得するまでチンし続けてしまうという困った面も。


Point 6. とにかく手術が得意

生物系40歳男子にとって、ネズミなどの手術は朝飯前! 特に眼球運動の計測デバイスの部品を開発しているような職種の人は、ポスドクGに頼まれると嬉しかったりもする、訳ねーだろ (-_-#


Point 7. 出会いは主に学会 月1回くらい参加

職場にビッグネームが少ない生物系40歳男子が採用側と知り合うのは、やっぱり学会。出会いが少ない分異常に積極的で、よせばいいのにソーシャルに参加していらんことをしゃべり倒し、アイデアを持っていかれた上、ジョブも取れなかった人も!


Point 8. 職場には専任が少なく 任期付同士でつるみがち

上司も同僚も任期付だらけ、職場はまるでハローワークという声が多数。大物と接点のない日常を過ごすうちに、一緒にいてラクな小物同士で遊ぶことが増えるという無限ループに。



職場のポストが少ないことから、非テニュア率が高いと言われる職業、それが脳神経や幹細胞など “生物系” の職業についている男性たち。彼らは仕事熱心で真面目、しかもオムライスなどものともしない高脂血症な場合が多く、“モテる女子力” 世代にとってはまさに理想の結婚相手なのです!


元ネタはこちら
 
 
 
[“生物系40歳男子” はいいことずくめ?!]の続きを読む
  1. 2011/05/06(金) 23:50:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
  5. |はてなブックマーク - “生物系40歳男子” はいいことずくめ?!
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク

帰国して一番驚いたことで一句

 

日本では どうして伸びる ○○○○○
 



一時帰国の度に不思議に思っていたが、今回再確認。賛同者は多いと思うが、どうだろう。
 
  1. 2011/05/03(火) 23:37:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
  5. |はてなブックマーク - 帰国して一番驚いたことで一句
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク

九年一昔

 
カリフォルニアに住み始めて驚いたこと。

→会うとまず握手する。

日本に帰ってきて驚いたこと。

→誰も握手しない。



カリフォルニアに住み始めて驚いたこと。

→知らない人が挨拶してくる。

日本に帰ってきて驚いたこと。

→知らない人に挨拶すると警察に捕まるらしい。



カリフォルニアに住み始めて驚いたこと。

→中国人が多い。

日本に帰ってきて驚いたこと。

→中国人がいない。



カリフォルニアに住み始めて驚いたこと。

→スタバに Venti という聞き慣れないサイズがあった。

日本に帰ってきて驚いたこと。

→スタバに Short という聞き慣れないサイズがあった。



カリフォルニアに住み始めて驚いたこと。

→単位が無駄にでかい。 妻:老眼鏡10本セットで売ってたけど、誰が買うの?

日本に帰ってきて驚いたこと。

→単位が無闇に小さい。 妻:牛乳、自分で買ってきてくれる (-_-#



カリフォルニアに住み始めて驚いたこと。

→化粧している女性が少ない。悪くない。

日本に帰ってきて驚いたこと。

→生足・スカートの女性が多い。良いとは限らない。



カリフォルニアに住み始めて驚いたこと。

→ラボに御用聞きの業者さんが来ない。

日本に帰ってきて驚いたこと。

→廊下に御用聞きの業者さんが一日中立っている。



カリフォルニアに住み始めて驚いたこと。

→くしゃみする時、肩で口を抑える。

日本に帰ってきて驚いたこと。

→くしゃみする時、手で口を抑える。





あ、だから握手しないのか。
 
  1. 2011/05/03(火) 18:51:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
  5. |はてなブックマーク - 九年一昔
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。