FC2ブログ

今日も脳天気

役に立たない♪ 意見しない♪ 仲良きことは美しき哉♪

3つの願い

 
 私にはささやかな夢がある。これらの夢があるからこそ、77連敗してでも独立したいというモチベーションが支えられたといっても過言ではない。



1. 論文の Acknowledgments で遊ぶ


 学術論文の中で唯一、何を書いても Refereeに文句を言われないのが Acknowledgments いわゆる謝辞のセクション。以前、misssy さんが nature genetics の論文の Acknowledgments に奥様と飼い猫の名前を入れていたのを見て、いつか私も!と心に誓った。

 残念ながら、我が家には妻はいるが猫はいないので、入れるとしても家族の名前くらい。可愛いものである。G は入れない。

 *言わずもがなではあるが、「残念ながら」は「猫はいない」にかかる。





2. 学術雑誌の表紙をお洒落なイラストで飾る


 ここはさすがにやりたい放題という訳にはいかないが、それでも意味のあるものでさえあれば自由度は大きい。


 過去、一度だけ自分の論文がとある雑誌の表紙を飾ったときは、

妻:あたしの写真を使うのはどう?

と粘る妻を振り切って、ネズミの脳の染色像にした訳だが、次回チャンスが得られた暁には、研究に関連したイラストにしたいと思っている。


 きっかけはもちろん、あの知る人ぞ知る Cell の表紙

 Scrapper というタンパク質をモチーフに、著者の知り合いという、あの荒木飛呂彦先生がデザインしたオリジナルスタンド。カッコ良すぎる。


 私は荒木飛呂彦先生を知らないのでスタンドは無理だが、幸いなことに、私のバーチャルフレンドには絵心のある人が多い。tsugo-tsugo さんや poccopen さんにお願いできないだろうかと密かに企んでいる。イラストレーターへの謝金は研究予算に組み込めないだろうか。





3. 学生さんが最初の論文を書く前にミドルネームをつけることを推奨する


 以前にも書いたが、日本人研究者が日本人というだけで損しているのが、名前。

 研究者の業績を測る指標の一つ、学術論文は、Pubmed などのサイトでラストネームとイニシャルで検索できる。Wikipedia によると、アメリカ人のラストネームが150万種あるのに対し、日本人は10-30万種。更に、西欧人の多くはミドルネームがあるので、イニシャルが2文字以上になる。すなわち、単純計算で

アメリカ人・・・1,500,000 x 26 x 26 = 1,014,000,000
日本人・・・300,000 x 26 = 7,800,000

 個体識別できる可能性が少なく見積もっても100倍以上違うのである。当然、佐藤・鈴木・加藤などのよくある苗字の場合、名前だけの検索で個体識別してもらえる可能性は更に小さくなる。


 私の場合、ささやかな抵抗手段として、KATO ではなく KATOH としているが、それでも KATOH A で検索すると200報出てくる(KATO A なら1525報)。

 いくら私でも、「全部自分のです」と言うほど図々しくない。


 かといって、今から KATOH AP と改名すると、説明が面倒になる。結婚後旧姓をミドルネームにしている人もいるが、個体識別という観点からすれば、研究上の名前は最初の論文から統一されている方がわかりやすい。私がこの事実に気がついたのは、論文3-4報出した後だった。時すでに遅し。


 Pubmed では数年前からファーストネームを組み合わせての検索もできるようになったのだが、最近流行の

「幻の銀侍 (Maboroshinoginji)」君

とか

「爆走蛇亜 (Bakusoujaa)」君


とかならともかく、Akira ではまだ個体識別できないし、そもそも10年以上前の論文はひっかかってこない。


 自らの苦い経験を基に、うちのラボに来た学生さんには、まずミドルネームを考えてもらうことにする。ラボによっては、このようなユーモアを解さない頭の固いボスも多いかもしれないが、うちのラボは積極的に推奨する。というか、ミドルネームをつけることに同意することを、ラボに入る条件にする <これじゃアカハラだよ


 もちろん、長曽我部君とか百目鬼さんとか勘解由小路ちゃんという学生さんは、免除。








 論文書かなきゃ、どれも実現しないな。
 
スポンサーサイト



  1. 2011/06/28(火) 17:32:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9
  5. |はてなブックマーク - 3つの願い
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク