FC2ブログ

今日も脳天気

役に立たない♪ 意見しない♪ 仲良きことは美しき哉♪

目標は高く、結果は気にしないのがコツ

 
 帰国して最初の学期を無事終えた、小6の長女。一昨日は保護者面談ということで、妻が担任の先生と話をしてきた。家ではいまだに

「アメリカに帰りたい」

と騒いでいるが、学校、特に友達関係にはなんの問題もないとのこと。一学期の通知表も来た。・・・中身については、何も言うまい。





 私のポリシーの一つは、

「取ってきた点数を気にする必要はないが、次に同じテストを受けたら100点取れるようにする」

である。40点だろうが50点だろうが、点数そのものについてはとやかく言わない。わからなかったところをわかるようにしておけば、それでいい。



 とはいえ、国語で24点とか取ってくると、妻は気が気ではないらしい。


妻:いくらなんでも6年生で24点はないでしょ!


長女:お父さんが、点数は気にしなくていいって言ったもん。


 前半だけ抜き出してはいけません (-_-#



 国語については帰国前からある程度予想はしていたが、最近は算数もかなり香ばしい成績に。


長女:問題、何言ってるのかわかんない。



 ということで本人もさすがに危機感を覚えたのか、1学期中本人の強い希望で英語のためだけに通っていた塾で、夏休み中は国語と算数も習うことになった。何回かテストがあるので、目標点を決めることに。


長女:まあ、国語・算数は30点目標かな。英語は80点くらい・・・


ポリ:ちょっと待て。




 私のもう一つのポリシーは、

「目標は高く定める」


 長期目標でも良いのだが、あまり遠いと今何をすればいいのかがわからなくなるので、とりあえず近場の目標を定める。例えば今回の場合、国語70点・算数80点・英語100点くらいを次のテストの目標にする。

 これは最初のポリシーとは矛盾しない。あくまで目標を定めるのであって、結果は気にしない。

 重要なのは、簡単に手の届くゴールを定めない、ということ。目標が3なら、どんなに頑張っても到達地点は3にしかならない。目標が10なら、多少失敗しても6はいく。うまくいけば8くらいいけるかもしれない <ここで「10!」と言わないのは、全力を尽くすのが嫌いな私の性格


 人生観も基本的には一緒。常に最善を予想しておけば、万事そこへ向かって流れていく。妻はまったく逆のタイプで、常に最悪を予想しておけば、何かあっても心の準備が出来ているし、うまくいったときの想定外の喜びが大きいという。もちろん、人それぞれ自分に合ったやり方がある訳で、私のやり方は、妻のように目標に到達しないと落ち込むタイプの人には向かない。


 まあ、今のところ国語24点算数22点でも本人はまったく気にしていないようなので、長女は私よりの性格のようだが(少しは気にしろ (-_-# by 妻)、様子を見ながら臨機応変にいこうと思っている。





 実は、国語の点数については、私も大きなことは言えない。


 忘れもしない大学受験直前の12月。山形の片田舎からわざわざ仙台まで出向いて受けた駿台の京大実践模試。共通一次前に戻ってきた結果を見て、思わず笑ってしまった。


国語 4点。


 もちろん100点満点。内訳は、現代文4点、擬古文0点。

 今はどうか知らないが、当時京大の国語の入試問題は、現代文・擬古文・古文から2題選択。各4問程度の小問があり、全問記述式であった。

 国語は得意科目だったポリ君、記述式の四角いマスをほぼぎっちり埋めたのである。それでたったの4点。解答・解説を読んだが、まあ面白いくらい解釈がことごとく違っている。今でもはっきり覚えているのが、擬古文の解釈。

「問題文に使われた部分は作者が見ていた夢であり、それに言及しなければならない」

 夢オチかよ (-_-# 



 いくら点数を気にしない私でも、受験直前の国語4点は強烈だった。ちなみに、このときの模試、物理は100点満点中11点。普通なら心が折れてもおかしくない。



 娘にはしばらく秘密にしておこうか。
 
スポンサーサイト



  1. 2011/07/29(金) 21:13:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
  5. |はてなブックマーク - 目標は高く、結果は気にしないのがコツ
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク