今日も脳天気

役に立たない♪ 意見しない♪ 仲良きことは美しき哉♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. |はてなブックマーク - スポンサーサイト
  4. |このエントリーを含むはてなブックマーク

小悪魔たちのリクエスト

 
 明日から学会のためアメリカ出張。


 観光旅行ではないので別に楽しくもないのだが、どうやら家族には、私が一人で楽しいところに行くと思われているらしい。

 仕方がないので、お土産に何が欲しいか、リクエストを受け付けることにした。


筆者注:ゆめゆめこっそりプレゼントを買って喜ばそうなどと思ってはいけない。男はどんなものであれサプライズそのものを喜ぶが、女性にとってサプライズは、ほとんどの場合付加価値にすらならない。要らないものは、容赦なく拒絶される。これは公私長きにわたる黒一点の生活で学んだことである。



小悪魔1:たまごっちIDが欲しい!MちゃんもKちゃんも持ってるから、通信するの!

 だったら英語バージョンはまずいでしょ。


小悪魔1:だってアメリカの方が安いってお母さんが言ってた。

 ・・・日本のサンタさんにお願いしようね。


小悪魔1:じゃあ、かわいいピン止め。

 了解。価値基準が自分オンリーで、市場価値とまったく無関係なのがよろしい。





小悪魔2:お父さんずるーい。あたしも帰りたいのにぃ。

 こいつが一番うるさい。


小悪魔2:いいなぁ。毎晩美味しいものいっぱい食べてくるんでしょ?

 いやいやいやいや。アメリカだよ?


小悪魔2:ピザとか、チーズマカロニとか、毎日食べられるじゃん。

 絶対嫌だ。 ・・・わかったから、お土産のリクエストは?


小悪魔2:アメリカのどこに行くの?

 ワシントン DC。


小悪魔2:じゃあ、オバマのサイン。

 つまらん冗談はいいから。


小悪魔2:えーっ、だってホワイトハウスあるよ?

 ・・・真剣に言ってるのかよ (-_-) 


小悪魔2:じゃあ、Target であたしが好きそうな服買ってきて。

 また難しい注文を。「好きそうな」がわからん。


小悪魔2:えーっ、12年も一緒にいてわからないのー?

 おのれは嫁か。大体、服なんて日本で自分の好きなもん買った方がいいだろうが。


小悪魔2:だってアメリカの方が安いってお母さんが

 もういい。





悪魔3:Skechers の靴買ってきて。Premium Bright Eyes Mules Sneakers のサイズ 5.5 ね。

 靴か。かさばるんだけどね・・・。


悪魔3:余分にスーツケース持っていけば? あと Dr. Bronner's Magic Soaps のオレンジ色のと紫の奴と、Johnson&Johnson のデンタルフロスの waxed の香りのない奴。Burt’s Bees のリップも。

 ・・・OK。何個?


悪魔3:30個くらいずつ。

 わしゃ業者か。


悪魔3:だってアメリカの方が安いんだもん。




 もし帰りに通関で別室に連れて行かれたら、こいつのせいです。
 
スポンサーサイト
  1. 2011/11/10(木) 18:40:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
  5. |はてなブックマーク - 小悪魔たちのリクエスト
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク

続・サイエンスの楽しみ方

 
 <前回の続き>

 そして、やはりなんといっても外す訳にはいかないのが、かつて一世を風靡したこのゲーム。


whole pic

 社団法人 人工知能学会が創設20周年記念企画として開発した、アカデミックキャリアデザインゲーム、その名も「Happy Academic Life 2006」!


 簡単に言えば、大学研究者限定の人生ゲームである。大学助手(2006年当時は助教という職階はなかった)に着任した新年度をスタート地点とし、自らが目指す大学教授像に向かってキャリアを積み重ねるのである。


 このゲームで秀逸なのは、キャリアアップの基本が時間のやりくりであるという点にある。右下の金券のように見えるものは、研究時間カード。自分の持ち時間から、各種イベントで費やされる時間を差っ引いた「研究時間」に応じて、論文を投稿することが出来、その採否も持ち時間に左右される。

 これに加えて、人脈ポイントや研究資金、受け入れる学生・ポスドクの特性により、研究者としてのキャリアが決定されていく。大学に限定されるものの、自分の目指すゴールは、自分で決めることが出来るというのも面白い。



 大学のポジションを得ていなければそもそもスタート地点にも立てないあたりは、ポスドクの感情を逆撫でしたいとしか思えない設定である訳だが、開発過程を読むと、まあそれも仕方ないかな、と。どうやら、元々のアイデアでは、助手・教授トラックの前に学生トラックというものが存在したらしいのだが、テストプレイの結果、4時間経っても誰一人学生から助手にすらなれないという気の遠くなるような状況に陥ったのだそうな。

 確かにこれではゲームとして成り立たない。というか、現実を反映し過ぎて、最早ゲームとは思えない。





 実はこのゲーム、やはり在米期間中にわざわざ日本から取り寄せたにも関わらず、一度しかプレイしたことがない。そのたった一度の機会も、盛り上がりを期待してスタンフォードの日本人会の懇親会に持って行ったところ、ゲーム開始後間もなく雰囲気が険悪なものになり、懇親会にはふさわしくないとの判断からやむなく中止。


 ま、「モノポリー」や「人生ゲーム」慣れしている娘達相手に、やって出来ないことはないはずだが、


「科研費って何?」

「論文不採択ってどういう意味?」

「いつになったら教授になれるの?」

「どうして泣いてるの?」


 次の日から仕事に行きたくなくなりそうだ。



 まあでも、せっかくの紹介記事だし、今後ユーモアのわかるポスドクさんや学生さんが来てくれることを見越して、心の準備も兼ねて久しぶりに模擬プレイでもしてみようか。


start

 ゴールはもちろん「業績卓越型」! ・・・ではなくて、「教育者型」にしよう。ここを見てうちに来る人もいるかもしれないし。


 まずは大学カード、そして学生カードを引いてみる。


student

 大道芸人と釣りマニア。 ・・・もしこれが初夢だったら、暴れてるな、きっと。

 さいころを転がして、と。お、チャンスカードだ。


secretary

 そうそう、こういうのがないとね、やっぱり♪ 次は、ワイルドカードか。じゃあ、ここは一つ、研究資金でも。


grant

 よっしゃぁ! ・・・って、まだ条件を満たす論文がない(;_;) 次は、学内カードか。


school

 ・・・。なんか楽しくなくなってきた。で、今度はプライベートカード?


private

 おいこら。こんな状態で何をしている>自分


 自分の職業を否定したくなる前にやめておいた方が無難だな、これは。



 他にも、ポスドクカードを引くと、

postdoc1

 まさにこういう方に加わって欲しい!というものもあれば、


postdoc2

 こういう「え?」と思うようなカードも混じっていて、かなりスリリング。





 なんとなくわかってきた。ゲーム、という余暇を楽しむべきところで、自分に近い状況のリアリティを追求してはいけないということか。



 やっぱり、どうせやるなら思いっきり現実離れしてる方が楽しいよなぁ。いっそのこと、自分で作ってみようか。

神経科学と萌えの不思議なコラボレーション?! 各種神経細胞を擬人化した前代未聞の恋愛シミュレーション、その名も「今日も脳天気!」



みたいな。
 
  1. 2011/11/06(日) 08:47:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
  5. |はてなブックマーク - 続・サイエンスの楽しみ方
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。