今日も脳天気

役に立たない♪ 意見しない♪ 仲良きことは美しき哉♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. |はてなブックマーク - スポンサーサイト
  4. |このエントリーを含むはてなブックマーク

ぐるめ

 
 週末、4家族総勢大人10名子供6名で Oyster Farm に繰り出した。我が家から車でちょうど2時間程。日本から到着したばかりの義妹も、SF 国際空港から直接強制連行(^o^)


 天候にも恵まれ、子供達は牡蠣なんざそっちのけでおおはしゃぎ。大人は大人で、持ち寄り御飯やらワインやら日本酒やらと共に、凡そ170個の牡蠣をたいらげた。ナイフでの開け方を教わり、7割方は開けた端から生でツルン♪ 残り3割は、小麦粉・卵・パン粉をまぶして、その場で軽く揚げて、牡蠣フライ。加熱した牡蠣は苦手な私も、これは美味かった(^o^) 御馳走様でした m(_ _)m


 予約制のピクニックテーブルはほとんど埋まっていたが、私にとって意外なことに、周りは皆アメリカ人やメキシカン。たまたまかも知れないが、日本人を含むアジア系の人はいなかった。アメリカにもニューオーリンズのように生牡蠣を名物と謳うところがあるのだから、そう不思議ではないのかもしれないが、私の周りのアメリカ人はこの手のものが苦手な人が多い。刺身や寿司は食べるくせに、姿がそのまんま系のものは怖がって手を出さない。以前私がせっかくホームパーティーに持って行ったイナゴの佃煮も、皆あまり食べてくれなかったし(^_^;


 実は私も、初めて生牡蠣を食べたのは結婚してから。考えてみれば、生牡蠣なんて生きた貝をそのまま食するわけで、ある意味かなりゲテモノに近いかもしれない。生牡蠣がゲテモノかどうかはともかく、妻も私もチャレンジ精神旺盛なので(^o^) eatable なものであれば、とりあえず何でも試してみたい人間である。長野に行ったときには、ざざ虫(トビケラの幼虫)の缶詰を見つけて大喜び。とある京都の居酒屋で狂牛病騒ぎの直前までメニューにあった羊の脳みそも、二人で恐る恐る食べた記憶がある。


 以前「Fear Factor」という番組で出演者が食べさせられていたこんなものも、一度は試してみたい。




 京都に住んでいた頃、とある信州料理屋がお気に入りだった。ここ、公式メニューにも変わったもの(いなご、蜂の子、熊鍋 etc)が多いのだが、顔見知りの客には、大将が尻ポケットに潜ませている「裏メニュー」なるものを見せてくれる。

 何でも話のネタに一度は挑戦してみたい私、ある日、5品ほどの裏メニューを上から順番に試してみることにした。


 まずは「鈴虫・コオロギの佃煮」(^o^) 楽勝♪ 


 お次は「馬の○ん○ん」(^_^; そして「ハエの佃煮」(^_^;;


 次に書いてあったのが、いかに私でもちょっと敷居の高い「ゴ○ブ○のなんとか(忘れた)」だったので、少しだけ不安を感じて大将に聞いてみた。

「ほんまに美味いんすか、これ?」


 すると大将、裏メニューの紙をひらひら振りながら、

「わし、こんなもん食べたことないから知らん」


 裏メニュー挑戦、即刻中止(-_-#
 
  1. 2007/03/07(水) 15:10:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
  5. |はてなブックマーク - ぐるめ
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク
<<新記録 | ホーム | 妖精>>

コメント

ゲテモノ、、、共食いですか?

「鈴虫・コオロギの佃煮」「ハエの佃煮」がいけるなら
「ゴ○ブ○のなんとか(忘れた)」も食べられると思うのですが。
活き作り、だったら厳しいですが、
  1. 2007/03/09(金) 11:33:40 |
  2. URL |
  3. アマサイ #ulYx6Mu6
  4. [ 編集]

「活き作りだったら」厳しい、ということは

活き作りじゃなかったら、いける!ということですね。

日本に帰ったら、虫料理フルコース、御一緒しましょう (^o^)
  1. 2007/03/10(土) 16:11:22 |
  2. URL |
  3. ポリ #1SZp3NgM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pollyanno.blog55.fc2.com/tb.php/109-0cdc1723
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。