今日も脳天気

役に立たない♪ 意見しない♪ 仲良きことは美しき哉♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. |はてなブックマーク - スポンサーサイト
  4. |このエントリーを含むはてなブックマーク

十人十色

 
 朝からセミナー。最近のプレゼンテーションでは、赤ではなく緑のレーザーポインターを使うことが多い。かなりの数いる、赤を知覚しにくい人のことを考慮してのこと。でも、緑の光って、私を眠りの世界へといざなっていくんだよな・・・zzz





「この緑の葉っぱは、他の人にはどんな色に見えているのだろう?」


 子供の頃からとても不思議だった。同じに見えているのかもしれない。同じに見えていないかもしれない。それは誰にもわからない。確かめようがない。


 色の認識が網膜上の光受容体の数や性質で決まっているとしたら、もし仮に、他の人の目をそっくりそのまま借りてくることができたら、その人がこの葉っぱがどんな色に見えているか、わかるだろうか?答えは多分、否。


 面白い実験がある。オレンジ色と緑の縞模様と、オレンジ色と青の縞模様の2枚のボードを被験者に見せる。オレンジ色は両方とも全く同じ物であるにもかかわらず、多くの人は2枚のボード上のオレンジ色は「違う色」だと認識するのだという。

 色の認識は、脳により、結構複雑に行なわれているらしい。だから、同じ色を見ていても、10人いれば10人皆微妙に異なる認識をしている。自分にとっては、それが「普通」。でも、他の人がどう認識しているか「正確に」知ることは、絶対に出来ない。

 不確定性原理のようなもの、かな。



 色のコントラストもそう。青と紫のコントラストがはっきりしない人は、もしかしたら私が強いコントラストを感じないような黄色と山吹色に美しいコントラストを見出すかもしれない。

 多分、それぞれに明確な線引きなどないのだと思う。例えば電話番号の下4桁が、もし 5555 だったら、なんか特別な数のような気がするかもしれない。でも、1728 だって特別な数(12の 三乗)。2543 だって特別な数(娘の自転車のキーチェーンの番号)。それと同じで、全部違うけど、きっと全部特別。


 十人十色♪



 みんな微妙に違うから、そこに得手不得手があってもおかしくない。緑と赤が判別しにくければ、それを判別しなければならないような仕事はできない。でもそれは、泳ぎの苦手な人が水泳の選手になれないのと同じこと。


 前にも書いた通り、私は物心ついた頃から吃音持ち。だからアナウンサーにはなれない。弁護士も無理。噺家(^o^)もダメだろうな。

 なんでそうまでしてしゃべりたいかはともかく(^o^) 私はそのせいで不利益を被ったとは思っていない。もし私が今の仕事ではなく、別の道を歩んでいたなら、日本は未来のノーベル賞学者を一人失っていたかもしれないし。<莫迦


 人間万事塞翁が馬♪





 いつの間にかセミナー終了。全然聞いちゃいねぇ(-_-; ま、これだってもしかしたら変な先入観を植え付けられなくて良かったかもしれないし。


 人間万事塞翁が馬♪ <違う

  1. 2007/03/28(水) 04:41:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
  5. |はてなブックマーク - 十人十色
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク
<<理由(上) | ホーム | 待遇>>

コメント

No.1になれなくても・・・特別なOnly one、というのがありましたが、あれもちょっと違うと思うんです(半分受け売り)、そこそこでいいじゃん、みたいな。ポリさんの言う、
『同じ色を見ていても、10人いれば10人皆微妙に異なる認識をしている。自分にとっては、それが「普通」。でも、他の人がどう認識しているか「正確に」知ることは、絶対に出来ない』こそ、その通りだと思います。プラス、それが「普通」で「正しく」て、そう見えない人が「間違い」である、もしくは受け入れられない、と思っている人がどれだけ多いか、そのことを年をとればとるほど、もしくはアメリカに来てからより、感じるようになりました。
  1. 2007/03/28(水) 13:52:36 |
  2. URL |
  3. t-mac #-
  4. [ 編集]

日本だと

相対的にHomogeniousだから、どうしても「十人一色」幻想が暗黙のベクトルとして横たわってますよね。
一方、アメリカはHeterogeniousだから、冷静に考えれば当たり前の「十人十色」がみんなの意識に根付いているし、だからこそ、「自分はこう感じる」というのを積極的に説明するようになりますよね。
  1. 2007/03/29(木) 14:44:41 |
  2. URL |
  3. Seita #45zTKBr6
  4. [ 編集]

SMAP より先に本庶さんが言ってたと思います (^o^)

t-mac さん、

私は人と違うのが好きなので、Only one 云々の話は、研究者のモチベーションとしては悪くないと思うんですよね。ただ、それとは逆の話として、

「みんな違ってるんだから、自分だけが特別だと思わなくてもいいんだよ」

と言ってあげたくなるケースが、時々あるんです。

価値観の押し付けは、日本に居たときの方が強く感じたような気がしますが、いかがですか?
  1. 2007/03/29(木) 15:03:49 |
  2. URL |
  3. ポリ #1SZp3NgM
  4. [ 編集]

十人一色って、怖いですね

Seita さん、

みんな違う色を持っているなんて当たり前のことなのに、どこかで線引きして、あっち側とこっち側に分けたがるのは、どうしてなんでしょうね。
  1. 2007/03/29(木) 15:29:26 |
  2. URL |
  3. ポリ #1SZp3NgM
  4. [ 編集]

私も人と違うことをどうにかしてやろうとするクチです。一緒のことはしたくないというか。
価値観の押しつけ、ですか。そうですね、Seitaさんが仰るようにこっちは個々の価値観を主張しようとしますよね。それを押しつけと取ってしまうのは私の日本人的被害妄想なのかもしれません。いや、自分はこうだ、と主張し返せばいいわけですからね。でも、非得意分野です(笑)。
  1. 2007/03/29(木) 15:55:22 |
  2. URL |
  3. t-mac #-
  4. [ 編集]

声がでかいだけじゃないか、と (^o^)

こっちの人達の声のでかさと口のうまさにはかないませんからね~。軽ーく聞き流しています。英語が苦手だと、こういうとき便利です。<こらこら

日本語だと、なまじ理解できる分、無視できないので、押し付けられるような気がするのかもしれません。
  1. 2007/03/30(金) 11:28:44 |
  2. URL |
  3. ポリ #1SZp3NgM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pollyanno.blog55.fc2.com/tb.php/118-316d76e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。