今日も脳天気

役に立たない♪ 意見しない♪ 仲良きことは美しき哉♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. |はてなブックマーク - スポンサーサイト
  4. |このエントリーを含むはてなブックマーク

楽は苦を伴う

 
 私のモットーは「刹那主義」。今この瞬間が楽しいことが一番大事。


 しかし。


 この国で職を得ようと考えている今日この頃、このモットーが必ずしも通用しないことが徐々に明らかになってきた。

*ちなみに、私の人生訓は「大言壮語」「前途洋洋」「大器晩成」。座右の銘は「我が人生に一片の悔い無し」。処世術は「大丈夫」である。

(いい加減にしろ by 妻)




 サバティカルを利用して、1月から半年間うちのラボに来ている Visiting scholar のM。サバティカルとは、アメリカで一般的に普及している、研究のための長期有給休暇制度である。大学教授が通常7年に一度、通常の職務を離れて、一年間自分のやりたい研究に没頭することが許されている。

 Mはとある東海岸の大学の Assistant Professor。つまり、まだ tenure-track の身分でありながらサバティカルが取れるという。羨ましいと思ったのもつかの間、実は厳しい現実が裏にあった。


 通常、tenure-track の PI は、一定の期間(5-7年)を過ぎると、tenure、つまりパーマネントのポジションに就くための審査を受ける。Tenure-track の間に良い業績を出さないと、tenure は取れない。

 ところが、Mが Assistant Professor のポストを得た大学は、元々教育中心を謳っており、教育の duty(授業や学生のための細々とした仕事)が非常に多い。そのため、tenure-track の期間中に業績を出すことが困難であることを大学側が認識しており、サバティカルを取らせて、業績を出すことを奨励しているのだそう。


 とはいえ、わずか1年でエキサイティングな仕事などそうそうできるものではない。

 で、どうなるかというと、多くの tenure-track の PI は、サバティカルを利用して就職活動をするという本末転倒が生じる。Mもそう。当然 tenure ではなく、研究環境が今よりマシな、別の tenure-track の職を再び探すことになるわけで、ある意味二度手間である。


 Mや、私と同様にこちらで job-hunting をしている人達の話を総合すると、


-教育中心の大学:tenure-track のポストを得るのは難しくないが、研究する時間が少ないので、次のステップが大変

-研究中心の大学:最初のハードルは高いが、研究に費やす時間を多く取れるので tenure を取りやすい(かもしれない)


 前者は後者に比べ研究に意欲のある学生やポスドクも少ないので、道は更に険しくなる。Mのラボは、大学院生が一人いるだけだそうだ。


 初めは「ラボを持つことさえできればあとは何とかなる」と考えていたが、どうやらこの考えは甘いようである。




妻:そのおばかな人生観を早く改めて、もう少し生活のことを真剣に考えてくれる?

 ・・・はい。


妻:早くラボ持って、あたしをラボテクとして雇うっていうのはどう?我が家の収入も増えるし、わからないことがあったらあなたにやってもらえばいいから、あたしも楽だし。

 ・・・なんかいらん苦労が増えそうなんですけど。


妻:家計が楽になるんだから、大して役に立たなくたっていいじゃん。

 役に立たないどころか、マイナスだと思われるので、絶対に雇いません(-_-#

  1. 2007/05/05(土) 10:38:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
  5. |はてなブックマーク - 楽は苦を伴う
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク
<<リラックス=質の高い研究? | ホーム | 銀幕デビュー>>

コメント

賢い愚妻

堅実な奥様がいらして、ポリ氏の研究者生活も安泰ですね(^_^)
日本男性の多くが伴侶を「愚妻」と呼ぶのもうなづけます。
(丸山才一によれば、愚妻=愚かな私の妻、「愚か」は妻に係っているのではなく、私に係っているのだとか。日本の美意識からしたら、妻は阿呆だが私は賢い、などと人前でいうはずはなく「愚かな私にもったいなくもありがたくも嫁いできてれた妻」という密かなのろけ、のようです)
  1. 2007/05/08(火) 13:29:46 |
  2. URL |
  3. アマサイ #ulYx6Mu6
  4. [ 編集]

納得です

のろけるつもりはありませんが、研究者の多くは、配偶者に対して

「よく結婚してくれたなあ」

と思っているのではないでしょうか。

「愚妻」が謙譲語だとすれば、「豚児」もそうですかね。

「豚のような私のもとに舞い降りてくれた、天使のような児」

という意味か?
  1. 2007/05/09(水) 15:39:07 |
  2. URL |
  3. ポリ #1SZp3NgM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pollyanno.blog55.fc2.com/tb.php/134-b79dbcdc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。