今日も脳天気

役に立たない♪ 意見しない♪ 仲良きことは美しき哉♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. |はてなブックマーク - スポンサーサイト
  4. |このエントリーを含むはてなブックマーク

北風と太陽

 
 長女が週一回通う日本語補習校は、現在夏季集中学習期間中。この2週間は、普段と違って毎日授業がある。ここで先週、ちょっとした事件があった。


 金曜日、仕事から帰ってきた私を出迎えた長女の左腕に、大きな絆創膏が貼ってある。涙ながらに話す彼女によると、補習校でクラスの男の子に、はさみで切られた、と言う。

 案の定学校では大騒ぎになったらしい。担任、教頭、それから当事者のお母さんから謝罪の電話があったとのこと。幸い、5センチほどの切り傷自体は浅いものだったが、一つ間違えば、とんでもないことになりかねない。状況を把握するために、まずは長女の話を聞くことにした。


 彼女によると、

先生に紙くずの片付けを命じられた長女、ゴミ箱を持って教室を回っていたところ、自分の隣の D 君の机の上が、紙くずであまりにもぐちゃぐちゃだったので、片付けようとしたら、近くではさみを持って遊んでいた D 君に切られた

とのこと。



 さて、どうすべきか。ちょっと思案。普段は子供同士の争いにあまり口を出す気はないのだが、刃物で切られたとなると、話は別。しかも、この D 君、これまでにもよく問題を起こしている。運の悪いことに、先生は現場を見ていなかったらしい。


「よくもうちの娘を傷物にしてくれたな!この落とし前はどうしてくれる!」

と、親をどやしつけるのは簡単。

「いつもいつも問題ばかり起こして、何しに学校に来てるんだ!」

と、D 君に怒鳴るのも簡単。


 でも。


 ここはアメリカ。なんなら訴訟沙汰に持っていくという手もある。


 でも。


 それで、D 君は反省するだろうか。怒られるから、ではなく、相手を傷つけることが良くないことだとわかってくれるだろうか。

 はさみで相手を傷つけたことは、問答無用で悪いことである。でも、何か理由があったかもしれない。片方からの言い分だけでは、全体は見えてこない。それを棚上げされて罰せられたら、本当に反省しなければならないことが見えなくなってしまわないだろうか。



 北風になるのは簡単。でも、一度北風になると、なかなか軌道修正できない。



 子供を叱るときも、一旦怒り始めると、自分の感情のままに怒り続けてしまう。

 実験も同じ。独りよがりで強引なやり方では、おかしいと気づきながらそのまま突進することになりかねない。




 翌日は授業参観だった。学校に行くと、D 君のお母さんが謝りに来られた。謝罪を受け入れた上で、こう伝えた。

「D 君に直接話を聞いてみたいのですが」


 授業終了後、お母さんと担任の先生のいる前で、D 君に話を聞いてみた。彼によると、

紙を切って何かを作っている最中、友達としゃべっていたら、彼女が来て紙を片付けようとしたので、慌ててまた紙を切り始めようとして、間違えて彼女の腕にはさみが当たった

とのこと。

 まあ、見方は違うが、状況については二人とも言っていることは大体同じだった。


 D 君から話を聞いている間、D 君のお母さんも担任の先生も口を出さなかった。D 君は、ちゃんと自分の言葉で話したし、その後、お母さんに促されてではあるが、

「ごめんなさい。もうしません」

と言ってくれた(うちの娘には、前日、事が起きた後、謝っていたらしい)。


 よし。じゃあ、これでおしまい。


 これが一番良い方法だったのかどうかはよくわからない。相手は小学校2年生だし、責任のある親とだけ話をつければよかったのかもしれない。父親(アメリカ人)が出てこないところに、不満がないわけでもない。

 でも、今回はこれで良しとしよう。D 君はきっとわかってくれたと思う。



 今回、一番割を食ったのは、痛い思いをした上に、妻に

「他人の机の上を掃除する暇があったら、自分の机をきれいにしなさい!」

と言われて、思わぬところで藪蛇になってしまった、
うちの娘だったかな。

  1. 2007/06/27(水) 04:28:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
  5. |はてなブックマーク - 北風と太陽
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク
<<脳の中 | ホーム | 平和の功罪>>

コメント

うーん、いろいろと考えさせられるお話ですね。
子供のしかり方、しつけ方に関しての意見はポリさんが仙人様のように思えてきました(笑)。なるべくそうしたいものです。これを例えばいきなり訴訟ごとなんかに巻き込んだらどうなるでしょう?大人達の様子を必ず子供は見ているでしょうね。
素直にありのままを話した(であろう)二人の子供たちをただ褒めてあげたいと思います。
向こうの父親についてもいろいろ思うところはありますねぇ・・・
もし逆の立場だったら・・・?と思わざるを得ません。
  1. 2007/06/27(水) 07:54:29 |
  2. URL |
  3. t-mac #-
  4. [ 編集]

よく我慢なさいました

娘さんが切られてよく我慢なさいましたね。私なら逆上してしまいそうです。

うちは団子三兄弟を抱え、毎日のように誰かがこのような傷を作り作られしています。そうするとポリさんの対応のようにするしか方法がなく、大事に至らなければよしとするだけです。

昨日も次男が友達の眼鏡を壊したとかで・・・・・

もう早く大人になってくれ!
  1. 2007/06/27(水) 09:45:14 |
  2. URL |
  3. クーデルムーデル #yRCCGRpM
  4. [ 編集]

大変でしたね。
私も逆上してしまいそうです。
ポリさんは冷静に対処されて、また対処法もすばらしいとおもいます。
娘さんの傷が早くなおる事を。
  1. 2007/06/27(水) 18:56:31 |
  2. URL |
  3. Miso #-
  4. [ 編集]

ポスドクなんて、霞を食って生きてる仙人みたいなものかも (^_^)

t-mac さん、

こんなこと言いつつも、普段の子育てではすぐ北風になってしまうんですよね。太陽になるのは難しい。一緒にいる時間が長い母親は、どうしても北風になることが多いので、家庭に北風が吹きすさぶことのないよう、できれば父親は太陽でいたいものだという(ずるい?)、自戒の意味を込めた日記でもあります。

向こうのお父さんはねぇ・・・。アメリカ人ですからねぇ・・・。
  1. 2007/06/28(木) 04:20:49 |
  2. URL |
  3. ポリ #1SZp3NgM
  4. [ 編集]

三兄弟は大変そう (-o-)

クーデルムーデルさん、

話を聞いたときは、一瞬逆上しかかったんですけどね。子供同士のいざこざでは、おっしゃる通り、こちらが加害者になることもありますし(実際、現地校でうちの娘が友達の目を指で突いてしまったこともありました)。

大事にさえ至らなければ、生傷が絶えないのは全然構わないのですが、どこの親もそう思うかはわからないですし、大事に至ってからでは遅い、というジレンマもあります。
  1. 2007/06/28(木) 04:34:49 |
  2. URL |
  3. ポリ #1SZp3NgM
  4. [ 編集]

傷は大丈夫です。ありがとうございます m(_ _)m

Miso さん、

今回は冷静に対処できましたが、結局は傷が大したことなかったから、なんですよね。もし傷が深かったり、顔に一生残るような傷をつけられたりしていたら、こんな対処はできなかっただろう、という程度のポリシーなので、偉そうなことは言えません。

子育ても難しい時期に入ってきました。
  1. 2007/06/28(木) 04:39:32 |
  2. URL |
  3. ポリ #1SZp3NgM
  4. [ 編集]

大変でしたね。

大変でしたね。
でも、娘さんの傷がたいしたことがなくてよかったです。
ポリさんの冷静な対処も素晴らしい!
こんなとき、私は怒りと被害妄想を抑えることに苦労するでしょう。
そして、事実を見るのに苦労します。
でも、おかしな表現ですが、事実の中に事実がある。
これが楽にできると、人生、苦労はしないけどなあ・・・。
歳をとっても、これがなかなか上手くいきません。
  1. 2007/06/29(金) 15:04:37 |
  2. URL |
  3. せいたか #pamUQ3n2
  4. [ 編集]

そうかもしれません

表面的な事実に冷静に対処したからといって、真の事実は見てないかもしれませんね。

でも、大人でも子供でも、日本人でもアメリカ人でも、信頼すればそれに応えてくれると、信じたいと思います。とりあえず。
  1. 2007/06/30(土) 04:38:53 |
  2. URL |
  3. ポリ #1SZp3NgM
  4. [ 編集]

best possible solution

アメリカの大学にいっている学生(男子)です。ネットをブラブラしていて、ここにたどり着きました。

日本の小学校へ行っていたときに、傷はつけませんでしたが、こずいた、押した、っていうことで、ある女の子の母親が担任の先生に報告しました。小学校5年の時でした。後で、先生と自分でその女の子と同じグループにいる女の子達、合わせて3人の家へ行き、その女の子達とお母さん達に謝りました。

元々、ぼくはスポーツ万能で力があるほうだったので、「自分ではちょっと触れた」とか「軽く押した」つもりが、女の子達にとっては物理的な痛みだけではなく、心理的な恐怖心を与えていることが、その時に良くわかりました。

それから、しばらくして、そのレッスンのせいか、今度はその力を使ってそのグループの女の子のうちの一人を助けることができて、その子のお母さんから、自分の母親が感謝されたことがありました。

それ以来、力の使い方というのが、良くわかったと思います。力とかパワーがあるのはいいと思うんですが、その使い方がわからないと、大変なことになると思ってます。もちろん、親が全て教えることができればいいんですが、社会とかコミュニティーもそういうことを教えることができればいいと思います。

最近、心理学の本を読んでいたら、現在は個人尊重の時代になったので、そういうことを体験して教える社会的なシステムがアジアでもアメリカでもなくなってきていると書いてありました。それが、後々、結婚してからのドメスティックバイオレンスに繋がったりするそうです。男も「力の使い方をわからなくなっている」し、女も「力の使い方をわかっている男、と、力の使い方をわからない男、の区別ができなくなってきている」と書いてありました。

娘さんの件は大変だったと思うんですが、そのことで、その男の子もある意味で、力の使い方が良い意味で理解できればと思っています。大変、不幸な事件だったと思うんですが、現実を見ると、bets possible solutionだったのではと感じます。

長々とすみませんでした。むすめさんとポリさんが、良い方向へ回復するといいですね。
  1. 2007/07/07(土) 06:07:55 |
  2. URL |
  3. ひとりの学生 #-
  4. [ 編集]

体験談、ありがとうございます

アメリカの現地校では、トラブルにつながりかねないという理由で、

「遊ぶ時に他人に触れてはいけない」

というルールが提案されています。

時に怪我したりすることがあっても、子供はぶつかり合って力の加減を覚えていくものだと思います。こんなルールが成立したら、どの程度の力で叩いたら相手が怪我をするかを知らない日本のゲーム世代の先生のような人間が、ますます増えていくと思うのですが。
  1. 2007/07/08(日) 17:20:28 |
  2. URL |
  3. ポリ #1SZp3NgM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pollyanno.blog55.fc2.com/tb.php/158-d7a100fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。