今日も脳天気

役に立たない♪ 意見しない♪ 仲良きことは美しき哉♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. |はてなブックマーク - スポンサーサイト
  4. |このエントリーを含むはてなブックマーク

方言

 前回の日記で、「白アキラの言っていることが理解不能」との御指摘をいただいた。
 
 そんなに難しい言葉は使っていないんだけど。山形弁検定ならせいぜい4級程度(^^)
 昔、NHK の番組で山形のおっちゃんが出てきたとき、わざわざ字幕が出てきたのには驚いたが(-o-) <日本語だっつうの
 
 白アキラの台詞の中でわかりにくそうなところの対訳を列挙しておくと、
 
んねが:じゃないの
ほっだな:そんな
べした:だろう
しゃねんだが:知らないのか
わがんねどれ:大変だろう
 
 この程度なら雰囲気でわかりそうなものだ <無理か(-_-)

 若い人が普通に使う山形弁の中には、知らない人には絶対変換できないようなものが結構ある。
 
ごしゃかれる:叱られる
むつこい:かわいそう
ちょす:さわる
 
 さらに、この辺になってくると、素人には品詞の種類すらなかなか特定が難しい。
 
がおった:非常に疲れた(連用形のみ。「がおらない」などとは言わない)
あべ:行こう(命令形のように見えるが、未然形のみ。「あぶ」「あばない」などとは言わない)
 
 日本語の動詞なのになぜ活用がないのか、とか聞かれましても(-_-)
 
 
 英語の場合、どうだろうか。アクセントの違う「訛り」や、単語・熟語を別の意味で使う「スラング」があることは知っているが、綴りからして全く異なる方言はあるのだろうか。
 
 この手の話題に詳しいポスドクRに聞いてみたところ、  
「ちょっと違うかもしれないけど」  
と言いながら、いくつか教えてくれた。
 
 例えば Ebonics。アフリカ系アメリカ人を中心に、今も使われる英語の方言らしい。
 
Tweakin' … Thinking
Sho … Sure
Axe … Ask
 
 おお、山形弁 → 標準語の変換に、なんか似てる(^o^)
 他にも Pidgin や Creole と呼ばれる移民由来の方言があるそうだが、日本語の方言ほど多様な変化ではないようだ。
 人種の多様さと方言の多様さが反比例しているところが、面白い。
 
 
 ボスにも聞いてみた。
 
ボス:そうねぇ。あんまり思いつかないわね。・・・あ、Bye-Bye の代わりに Ciao! とかはどう?
 
 ・・・いや、それ英語じゃないし(-_-)
☆おまけ☆
 
 私は山形出身だが、父母は秋田なので、実はうちは基本的には秋田弁である。・・・どこが違うのか、という突っ込みは却下(-_-)
 
 では、かの有名な「日本一短い会話『どさ』『ゆさ』」ロングバージョン秋田弁編♪ 
---------------------------------------------
             訳

A:どさ?     どこに行くんだい?    
B:ゆさ。     銭湯だけど。
A:だか。     そうかい。
B:あべ。     一緒に行こうよ。
A:せば。     じゃあ、そうしようか。
B:はぐ。     (抱き合う)
A:はぐ。     (抱き合う)
-----------------------
 
と、最後は感動的な場面♪ ・・・な訳はない(^^; <大体、なんで最後だけ英語なのか
 
 もちろん正解は、
-----------------------
B:はぐ。     早く行こうよ。
A:はぐ。     うん。早く行こう。
-----------------------
でした(^^)
  1. 2007/07/21(土) 04:30:56|
  2. 我愛加州 ―日米文化の常識・非常識
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
  5. |はてなブックマーク - 方言
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク
<<別問題 | ホーム | 選挙>>

コメント

 アメリカにおける方言の少なさは、すべてが移民の国であることと開国からの年月の少なさに由来しているように思いますがどうでしょう。たとえばヨーロッパは多種多様な民族とそれに対応する言語に分かれています。一概に方言という言い方が正しいかどうかは言語学者に任せるほかありませんが、近いものがあるように思います。

 さて東北なまりですが、私は青森に2年ほどいた時代にテレビで流れる方言が時間の経過と共に聞き取れるようになった経験があります。なんとなく山形も秋田も似ているので、懐かしく感じました。最後の「はぐ」もわかりました。「せば」は「へば」だったかな???
  1. 2007/07/22(日) 21:28:55 |
  2. URL |
  3. クーデルムーデル #yRCCGRpM
  4. [ 編集]

なるほど。

アメリカや欧米の場合、「方言」というよりも、民族的背景の違いによるバリエーションという感じですよね。それが少ない日本で、なぜこれほど多彩な方言があるのか、というのも、興味深いところです。

>「せば」は「へば」だったかな

秋田でもそうだったかも(すいません。長いこと直接聞いてないもんで)。

ちなみに、山形だと「だば」になります (^o^)
  1. 2007/07/24(火) 11:14:02 |
  2. URL |
  3. ポリ #1SZp3NgM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pollyanno.blog55.fc2.com/tb.php/165-7eeed332
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。