今日も脳天気

役に立たない♪ 意見しない♪ 仲良きことは美しき哉♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. |はてなブックマーク - スポンサーサイト
  4. |このエントリーを含むはてなブックマーク

信じる者

 
 ボス、いまだサンクスギビング休暇中。



 2週間前、ハワイに出発する直前のボスから、ラボメンバー全員に添付ファイル付のメールが送られてきた。

-------------------------------
Please help! If each of you does a couple of these slides for me, it will be a tremendous help!

Thanks,
J
-------------------------------

 またかよ(-_-) なんか面倒なことになりそうだったので、そぉーっと部屋を出た瞬間、最悪のタイミングでボスと遭遇(;_;) 


ボス:あ、ちょうどよかった。こういうスライド、1枚だけ作ってくれる?

 1枚だけなら。


ボス:神経回路の模式的なイラストなんだけど、こういうインプットが入ったとき、ここの色が変わってピカピカ光るようなアニメーション、できる?

 めんどくせーよ(;_;)


ボス:で、別のインプットが入ったときはね、・・・(延々と説明)


 なまじコンセプトがわかるだけに、面倒くささもひとしお。確かに、アニメーション何パターン詰め込もうが、1枚は1枚ですけど。


ス:他のスライドはね、ほとんど出来ているのよ。ざっと見て、ちょっとでも見た目を良くしてくれれば、とっても嬉しいわ♪

 あ、そうなんですか。ちなみにいつトークするんですか?


ボス:12月5日。

 で、いつ帰ってくるんですか?


ボス:12月3日。

 じゃあ、直してる暇はほとんどないっすね。




 他の仕事もあったので、頼まれたスライドも先延ばしにしていた。昨日ようやく重い腰を上げて作ってみると、意外と簡単だったので、ついでにメールに添付されていた PowerPoint ファイルを開いてみた。


 ・・・一体なんですか、この大量のピンクラベルは?


 37枚のスライドのうち15枚に、ショッキングピンクででかでかとリクエスト (Need illustration including image of brain slice prep ... とか)が書いてあるんですけど。


 「ほとんど出来ている (It’s almost done) 」とか言ってたような気がするのですが、きっと幻聴だったのでしょうね。



 子供の頃、「あ!」と言われて指差す方に顔を向けると「莫迦は見る~♪」と何度もからかわれたものだが、大人になっても毎回ボスに同じパターンで騙されているわけで、きっと騙される方が悪いのであろう。





 そういえば、

「両手をグーにしてこすりつけると、変な匂いがするよ」

と言われて、素直に匂いを嗅ぐと、

「ぶりっこ♪」

とか、

「左手の親指と人差し指を広げて、顔の幅より広かったら小顔」

と言われて、素直にあごの下に手を持っていくと、

「う~ん、マンダム♪」

とか、一体何度騙されたことか。



 「信じる者はすくわれる」という言葉をかみしめる、今日この頃。・・・足もとを、だが(-_-)
 
  1. 2007/12/01(土) 05:49:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
  5. |はてなブックマーク - 信じる者
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク
<<土産 | ホーム | 好み>>

コメント

過ぎてしまった時代

凝りまくったプレゼン、良く見ますねえ。直前まで修正できるから~~~という話も良く聞きます。
でも、スライドの時に比べてマンガに頼り過ぎているような気がします。直前まで画像を修正してこの程度???と思ってしまう時も。バージョンがあわなくて文字化けしたり、グラフが真っ白になったりという体験を繰り返すとチップを持って気楽に・・・というワケにも行かず、自前のPC担いで移動。
重いし、壊れるのも気になるし・・・
結局、スライドを持って移動していた頃の方がずっと便利だったと思ってしまう私はきっと旧石器人なのでしょうね。
  1. 2007/12/01(土) 16:34:37 |
  2. URL |
  3. alchemist #BII0nnzM
  4. [ 編集]

足をすくわれるか・・・。

はあ~、嫌なことを思い出してしまった。
まったく違う話だけど、昔ある発達障害をもつ人たちの施設で何故か椎茸を栽培していた。
でも、冬になると、山から下りて来る猿に必ず食べられた。
私たちは、プロジェクトを作って真剣に対策を練った。
人は猿よりも知能が高いのだというプライドを持って・・・。

そして、次の冬になると・・・。
私たちの頭とプライドで捻り出した対策を、猿は憎たらしくクリアし続けた。
今年こそは・・・!
真剣さはプロジェクトXなみ。

しかし、歳を越すごとに最初の意気込みは萎んでいった。
そして、椎茸作りを諦めた。
ギブアップ!
文明を創る能力は人の方が、確かにある。
けど、生き抜く賢さは人よりも猿の方があるのだと、思い知らされた事件でした。
  1. 2007/12/01(土) 20:54:19 |
  2. URL |
  3. せいたか #pamUQ3n2
  4. [ 編集]

過ぎたるは及ばざるが如し

alchemist さん、

私たちポスドクや学生さんは、基本的にデータ勝負なので、ともすると味も素っ気もないプレゼンテーションになりがちです。ボスはなまじ時間があるだけに、妙なところに凝りまくった挙句、結果として意味不明なプレゼンを見せられることが多々あります。

何事も中庸が肝心。 >いや、もちろんデータだけで聴衆を惹きつけられれば、それが一番
  1. 2007/12/02(日) 17:53:15 |
  2. URL |
  3. ポリ #1SZp3NgM
  4. [ 編集]

分野によっては、サル>ヒトですよね

せいたかさん、

神経科学の実験においても、とてもヒトにはクリアできそうにない報酬系の実験をサルが楽々クリアしていたりします。

ヒトが一番ではないです。
  1. 2007/12/02(日) 17:57:28 |
  2. URL |
  3. ポリ #1SZp3NgM
  4. [ 編集]

パワポを使うその前に

わたくし、すべて文書で説明を求められる特許業界にいるせいか、あまりお絵かき能力は求められたことはありませんなあ。役員はそれをわかっているのか、いないのか、なんたら一覧表も4色くらいで塗り絵するとずいぶん喜ばれ、うん、わかりやすい、よくできている、というお言葉をいただいたりします(そのお言葉は評価はもちろん、給料には絶対反映しませんが)。セミナーに行っても画面に活字十数文字が1枚に大写しにされるだけ、時折、円グラフや棒グラフが出てくるくらいで、何もプレゼンソフトを使わなくても、と思います。

しかし、図、アニメーションなどはあった方がいいのは間違いなわけで、わたくしも、過去に、「絵でわかる特許文書」なるものを試みました。が、時間ばかりかかって、そのままワードに張り付けて紙芝居風やった方がなんぼかまし、という結果に至りました。「そんなもんやってるくらいなら、特許調査でもやっとれや」と上司にいわれそうです。

ところで、天ぷらを分け合って?食べるお二人のお姿↓、美しい夫婦愛を感じます(割れ鍋に綴じ蓋ともいう)
(^u^)
  1. 2007/12/05(水) 15:10:44 |
  2. URL |
  3. アマサイ #ulYx6Mu6
  4. [ 編集]

イメージが変わりました (^_^;

アマサイさん、なんとなくプレゼンソフトをばりばり使いこなしている印象があったのですが。

おっしゃるとおり、この程度のお絵かき能力は1円の得にもなりません。時々感動するほど素晴らしいプレゼンに遭遇する事がありますが、

「全くファンシーな機能を使わず、中身勝負」

か、

「恐ろしいほどのハイテク」

のどちらかです。中途半端はよくない。


>美しい夫婦愛を感じます

夫愛は感じますが、婦愛が足りないように思われます。
  1. 2007/12/06(木) 17:24:30 |
  2. URL |
  3. ポリ #1SZp3NgM
  4. [ 編集]

確かにプレゼンは変わります

助教授くらいまではデータをバンバン出して当たるを幸い投げ倒す・・・というか、ともかくワ~ッと喋りまくるスタイルでした。その頃、ヨソの大学で90分一本勝負で喋りまくった大学院講義を聞いてた学部学生さんが、後でウチの大学院に入って来ました。何でそんな選択をしたのか聞いてみたら「内容は難しくて判らなかったけど、ともかく楽しそうに喋っていた」のだそうです。
変わったのは、教授選考でプレゼンやってからです。教授選考の最大の特徴は、選考委員にプロが居ない、ということです。(プロが居なくなったから公募するワケです)。プロでない有権者の集団(しかも、プライドは高い)相手に、失礼でない程度に噛み砕いて、しかも最新の内容が理解できたような気にさせるプレゼンを30分一本勝負でやるってのは相当に骨です。生データは最小限にして、マンガを多用して、夢のある話をする(なおかつ、コイツが来たらどんな共同研究ができるかな?という想像力を掻き立てるような話をする)ってのを体験すると、話し方がムチャクチャ変わります。まず、話す速度が変わります。
でも、そういう能力ってのは素人さん相手の市民公開講座とかに出る機会が増える私たちの商売には必要なことだ、ということに後で気がつきました。当たるを幸いなぎ倒す・・・ってのは相手がプロだから許されることに過ぎません。
ただし、そういう素人さん相手を含めて、今のプレゼンはパワポの機能に頼りすぎに見えます。
  1. 2007/12/08(土) 15:43:18 |
  2. URL |
  3. achemist #BII0nnzM
  4. [ 編集]

2本立て

的を射たお話、ありがとうございます m(_ _)m

何の因果か、今まさに alchemist さんのおっしゃる「両方の」プレゼンを同時並行で準備中です。一つはプロ向け・20分程度の短い発表、もう一つはプロでない有権者の集団向け・1時間弱のジョブトーク。

死にそうです (;_;)
  1. 2007/12/11(火) 18:40:46 |
  2. URL |
  3. ポリ #1SZp3NgM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pollyanno.blog55.fc2.com/tb.php/205-367f385e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。