今日も脳天気

役に立たない♪ 意見しない♪ 仲良きことは美しき哉♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. |はてなブックマーク - スポンサーサイト
  4. |このエントリーを含むはてなブックマーク

他山の石

 
 一昨日、他人の Job talk を聞きに行ってきた。別に冷やかしに行った訳ではない。分野は違えど、同じ Basic research。参考になるものはなんでも吸収しないと。



 自分が一度体験してみると、他人の発表に対しても、これまでとは違った見方をするようになる。

「プロジェクトを始める動機づけが弱いな」

とか、

「近い将来、どう膨らませるつもりだろう」

とか、

「そこ、もしかして笑うところ? ひょっとして、スベった?

とか(^o^)


 Talk の後にもスケジュールが詰まっていることを思うと、「お互い頑張ろうな~」という気分にもなったが、せっかくなので、Talk 中、自分がされたら困るであろう類の質問もしてみた。 <意地悪



 実のところ、自分の Job interview では、Job talk は思っていたほど大変ではなかった。まあ、まだ1回しか経験していないのでどれだけ一般化できるかはわからないのだが、出発前に「大変だぞ」とさんざん脅かされたランチとディナーも、事前に予想したより比較的楽だった。


 ランチは、初日が学生さん15人くらいと会議室のようなところでピザ。二日目はポスドク4人と大学近くのイタリアンカフェ。共に1時間半も予定されていたので、時間をもてあますかなと思ったが、結構楽しかった(^o^)

 Faculty 5人とのディナーもそうだったが、私、莫迦話を要求されるシチュエーションは、あまり苦にならない。

 自分がいかに研究「以外」のことに向いているかを、あらためて実感(-o-)



 私の場合、Job talk よりも大変だったのは、2日間みっちり計画された Faculty との面談だった。応募した先が比較的大きな Department だったせいか、予想していた一対一の個別面談は4人だけで、あとは2ないし3人の Faculty とのグループ面談がいくつもセッティングされていた。

 それぞれ各1時間に及ぶ公開尋問怒涛のような質問の嵐。内容もさることながら、とにかく日程が超タイト。朝8時半から夜9時(2日目は5時半)まで、途中10分の休みすら与えられないので、面談直前に5分漬けしようとたくらんで持参していた各 Faculty の研究内容の資料はまったく使えず。


 泥縄は良くない。 <当たり前だ by 妻


 しかも、一対一、グループいずれの場合も、後々のために面談の内容を記録しておく必要があるらしく、必ず誰かが質疑応答をすべてメモしているため、うっかり同じギャグも使えない(-_-;


 以前ボスに言われた

「アメリカで生き抜くにはジョークのストックが必要」

というのは、あながち嘘でもないようだ。





 2日間まったく休みなしというのは、Job interview では普通のことらしい。うちのボスがスタンフォードに Job interview に来たときも、まさにそんな感じだったそうだ。

 しかもうちの Department、当時は女性 Faculty がいなかった。脂ぎったオヤジ脂の乗った男性教授陣5人とのディナー中に手洗いに席を立ったときは、さすがにちょっと疲れていたんだそう。


 幸か不幸か、女性用トイレの前は長蛇の列。前に並んでいた人と世間話をしながらつかの間の休息に浸っているうちに、自分が今 Job interview のディナー中であるという話になった。

 すると、3人ほど前に並んでいた御婦人がそれを聞きつけたらしく、突然

「あなた、そんな大切なディナーなの?! だったら先に行きなさい! 順番譲ってあげるから」


 ボス、虎の子の休憩時間をフイにされてたまるものかと、丁重にお断りしたそうな。


 小さな親切・大きなお世話の良い例である。
 
  1. 2008/03/15(土) 05:10:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
  5. |はてなブックマーク - 他山の石
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク
<<記憶違い | ホーム | 所得格差>>

コメント

これは大変、

ということは、来年からはポリさんがSearch committee の側に回り、interviewの採点用紙に「ウケた」・「すべった」が正式採用される訳ですね。
神経系のみなさん、いまからでも遅くない、ブログを開設してストックを蓄えましょう。
  1. 2008/03/16(日) 03:28:18 |
  2. URL |
  3. Seita #45zTKBr6
  4. [ 編集]

ふっふっふ。

当然です。私が決めるなら、基準はそこにしかありません。

・・・Search committee どころか、採用すら決まっていないのに、壮絶な皮算用ですね (^_^;
  1. 2008/03/17(月) 15:42:56 |
  2. URL |
  3. ポリ #1SZp3NgM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pollyanno.blog55.fc2.com/tb.php/225-2c95ee40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。