今日も脳天気

役に立たない♪ 意見しない♪ 仲良きことは美しき哉♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. |はてなブックマーク - スポンサーサイト
  4. |このエントリーを含むはてなブックマーク

連動記憶

 たまには研究者っぽい話でも。
 
 物事を記憶する場合、イメージと連動させる人と、音と連動させる人、二つのタイプに分かれるという。例えば、電話番号を思い出すとき、数字そのもののイメージが頭の中に浮かんでくるなら前者、数字を読み上げる声が頭の中に響くなら後者ということになる。圧倒的に多いのは、イメージ連動型らしい。私もそうである。
 一度連動させて覚えると、今度は常にセットで頭に浮かんでくるので、間違えて覚えてしまった場合、修正に苦労する。
 
 
 上の娘が2歳のとき、「あめふりくまのこ」という童謡の3番を一緒に歌っていた。
 
♪いたずらくまのこ かけてきて そおっとのぞいて みてました
 さかながいるかと みてました♪
 
 娘が不思議そうに、
 
「『さかな』が『いるか』と一緒に、何見てるの?」
 
 ・・・以来、この歌を聴く度に、おさかなとイルカが仲良く並んで、水たまりをのぞいている様子が頭に浮かんできてしまう(^^;
 
 
 大学時代、陸上部の部室で、自己新記録を出して浮かれていたM(*1) を皆でたしなめていた。
「喜んでる場合ちゃうぞ」
「そうや。そんなんで浮かれてるようじゃ、まだまだ井の中の蛙やで」
 
 それを横で聞いていたS嬢(*1)。不思議そうな顔で、
 
S嬢:なんで井の中の蛙なん~?

 「井の中の蛙」ってどういう意味だか知ってる?
 
S嬢:そんなん知ってるわ~。外に出られへん』っていうことやろ~
 
 ・・・以来、この言葉を聞く度に、井戸の底でカエルがぴょんぴょん跳ねながら、外に出ようともがいている姿が頭に浮かんできてしまう(^^;;


 ということで、今回は記憶のメカニズムの一端に触れてみた。研究者っぽいでしょ(^^)
 
 
*1 ちなみにこの二人、現在夫婦である(第四章186 ページ参照)
  1. 2006/08/26(土) 11:13:48|
  2. 日々亦研究 ―ポスドク研究者の悲哀
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. |はてなブックマーク - 連動記憶
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク
<<無理難題 | ホーム | 女性優位>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pollyanno.blog55.fc2.com/tb.php/25-f961f339
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。