今日も脳天気

役に立たない♪ 意見しない♪ 仲良きことは美しき哉♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. |はてなブックマーク - スポンサーサイト
  4. |このエントリーを含むはてなブックマーク

読書感想文

 
 日本に比べて2倍以上長いにもかかわらず、アメリカの学校の夏休みは宿題が一切ない。新年度を迎える8月末~9月は全員アホになってるんじゃないか、と心配になるほどの大胆なシステムである。

 残念ながら、日本語補習校から日本流の夏休みの宿題をたんまりもらっている長女は、アメリカ流の極楽サマーを享受することはできない。8月も後半にさしかかり、当然のごとく四苦八苦しているのが、読書感想文。





 正直な話、この読書感想文という宿題、私は自分がやるのも子供にやらせるのもあまり気が進まない。


 だって、面白くないもん <きっぱり


 本なんて、読んで面白ければおのずと感想が口に出てくるものである。それで十分。「原稿用紙3-5枚分」などと指定された書き物を前提にする読書なんて、面白かろうはずがない。学校側としては出しやすいのだろうが、安易な宿題の見本のようなものである。

 とはいえ、与えられた課題をこなすというのも大事なことではあるからして、ここは心を鬼にしてかからねばならない。





 今回、小学3年生の長女が選んだ話が、ペローの童話「青ひげ」。結婚したばかりの夫の留守中、入ってはいけないと言われていた部屋で夫がそれまでに殺した何人もの結婚相手の死体を見てしまった奥さんが、姉さんと兄さんのおかげで殺されずに済んだという、かなり残酷な話である。なんでこんな話を選んだのか理解に苦しむ上に、彼女が書いて持ってきた原稿には、ほんとに読んだのか疑いたくなる文章が、あちこちにちらほら。


「私は、この本を暗いところで読むとぎょっとして、明るい部屋に行って、閉じます」 <それじゃ、読んでないじゃん


「たぶん青ひげは青いひげがあるから青ひげという名前だと思います」 <いや、そこは疑問の余地がないだろ


「どうして死がいがぶらさがっている部屋に入ってはいけないかは、ぜんぜんわたしにはわかりません」 <あんたがどうしてわからないのかが、お父さんにはわかりません




 異次元ワールドはさらに続く。




「このおくさんは、お姉さんとお兄さんがいてラッキーだった。私もお姉さんがほしいのに、うちでは私がお姉さんなんだもの。妹がやりたいものばっかりしなきゃならなくて、大変です」 <あんたの愚痴かい


「おくさんのまつげは、なんかもようがついていますが、おくさんの兄弟はみんなふつうのまつげですから、どうしておくさんだけまつげにもようがついているのかがふしぎです」 <イラストレーターへのツッコミはいらん




 こんな斬新な感想文を提出させていいものかどうか、現在鋭意検討中。
 
  1. 2008/08/20(水) 04:32:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
  5. |はてなブックマーク - 読書感想文
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク
<<目論見 | ホーム | 褒め上手>>

コメント

さすがです

センダンは双葉より芳し・・・というか、鷹が鷹を産むというか・・・将来恐るべしですなあ。
座ぶとん三枚上げといて下さい。
  1. 2008/08/20(水) 15:40:19 |
  2. URL |
  3. alchemist #BII0nnzM
  4. [ 編集]

斬新な論文

 きっとポリさんも斬新な論文をたくさんたくさん世に出していらっしゃるのだろうと想像できますね。


 私も私の子供たちも平凡だなと・・・ええ、つくづく思い知らされました。



 ポリさんと、ご家族に乾杯!
  1. 2008/08/20(水) 18:32:24 |
  2. URL |
  3. クーデルムーデル #yRCCGRpM
  4. [ 編集]

残念ながら座布団がありません (^o^)

alchemist さん、

本人には笑いを取ろうなどというつもりがまったく無い、というのが問題です。笑われるのは本意ではないでしょうから、笑わせるように真面目に頑張ってほしいものです。
  1. 2008/08/21(木) 10:08:39 |
  2. URL |
  3. ポリ #1SZp3NgM
  4. [ 編集]

過ぎたるは及ばざるが如しという諺もあります

クーデルムーデルさん、

御存知の通り、妻子に比べると、私はきわめて普通の人間ですので、斬新な論文は書きたくても書けません。この世界で生き延びていくには、彼女らを見習う必要がありそうです。

ところで、クーデルムーデルさんのコメントが、このブログのちょうど1000番目のコメントでした(私のものが半分近くありますが)。これも何かの縁ということで、これからもよろしくお願い申し上げます m(_ _)m
  1. 2008/08/21(木) 10:17:33 |
  2. URL |
  3. ポリ #1SZp3NgM
  4. [ 編集]

大ファン

今回も大爆笑でした。
以前の犬が死んだ話の時もその素晴らしい感性に驚かされましたが、ますます磨きがかかってきましたね。
>「どうして死がいがぶらさがっている部屋に入ってはいけないかは、ぜんぜんわたしにはわかりません」
こういう感覚を失わずに大人になってもらいたいです。
  1. 2008/08/21(木) 22:05:33 |
  2. URL |
  3. makaronov #-
  4. [ 編集]

磨かれ過ぎていて、ついていけません

犬の話、よく覚えていてくださいました。あのときも思いましたが、うちの娘、目の付け所が違い過ぎて、理解に困ることがままあります。本筋がわかっている上でのことなら良いのですが、どうやらそれは期待薄。

上に挙げた例はできれば全削除したいですが (^_^)、本筋と関係ないところで面白かったのは、

「いちばん最初の人は、どうしてころされたのかな。死がいがなければ、ころされるひつようがないのに」

素直といえば素直な疑問 (^o^) まあ、とにかく提出させてみて、先生がどう反応するか見てみますか。
  1. 2008/08/22(金) 12:12:42 |
  2. URL |
  3. ポリ #1SZp3NgM
  4. [ 編集]

うちの大王様も

読書感想文で苦戦してます。
「そんなん、あらすじをちゃちゃっと書いて、適当に感じたことをいれこんどいたら」
というと、
「あらすじは全然書いてへん。うちの意見ばっかりや」

果たしてこれは「読書感想文」なんでしょうか?
  1. 2008/08/23(土) 19:54:09 |
  2. URL |
  3. iMac #-
  4. [ 編集]

大王様が正しいです

素晴らしいです。見事です。それが読書感想文のあるべき姿です。お父さんの意見に惑わされずに、自らを貫いてください。
  1. 2008/08/24(日) 16:18:57 |
  2. URL |
  3. ポリ #1SZp3NgM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pollyanno.blog55.fc2.com/tb.php/270-1011e86c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。