今日も脳天気

役に立たない♪ 意見しない♪ 仲良きことは美しき哉♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. |はてなブックマーク - スポンサーサイト
  4. |このエントリーを含むはてなブックマーク

父親由来

 
(前回の続き)

 23歳の頃、既に30台半ばと間違われるほどジジむさい落ち着いた雰囲気を醸し出していた私。長女の落ち着きの無さは、私由来であるはずがない。

---------------------------------------

 あれは確か、小学5年生の冬。


 清掃時間中、調子に乗って焼却炉の屋根に登った子供ポリ君。屋根に積もった雪を、下にいる友達に投げつけ、全部なくなったところで、燃えさかる焼却炉の煙突に手をつき、一休み。


 全治4週間の大火傷 <莫迦


 呼び出しどころの騒ぎではなかったような気が。





 あれは確か、小学4年生の授業参観日。


 授業中、一番後ろの席で、周りの友達としゃべりまくる子供ポリ君。担任のS先生は厳しいことで有名で、普段はよくひっぱたかれたりほっぺたをつねりあげられたりしていたが、この日は父兄の前ということで怒るに怒れず、しまいに顔を引きつらせながら、

「はい、そこの『しあわせさん』。話、聞いてる(-_-# 」


 家に帰って、母に大目玉。

「あんなに恥ずかしい思いをしたのは生まれて初めてだよ(-_-## 」




 さらに記憶は遡る。


 あれは確か、小学2年生の頃。


 学校の帰り、友達 I とつるんで、大通りでバスの前に飛び出し、バス停じゃないところでバスに乗ることに挑戦していた子供ポリ君 <莫迦


 何回かやっているうちに、学校に通報され、学年集会で全員の前に呼び出される。


「皆さん、この『おさむらい』と『めだまやき』が、一体何をしたか、わかりますか?」


 I がおさむらい、子供ポリ君がめだまやき。・・・なんかこう、いわれのない差別を感じるんですけど。

----------------------------------


 一昨日の四者面談。先生がなにかおっしゃるたびに、記憶がフラッシュバックし、まるで自分が言われているかのような錯覚に陥る。


 娘よ。すまん。もしかしたら、君には父の要らん血が流れているのかもしれない <鉄板
 
  1. 2008/09/27(土) 04:43:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
  5. |はてなブックマーク - 父親由来
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク
<<休もっか | ホーム | 呼び出し>>

コメント

これは冗談でなく、思い出すたびに冷や汗をかくことがあります。
小学校に入る前、私はふとあることに興味を持って、やろうとしたました。
近所のお兄さんが、発見して、私を叱って私にゲンコツを喰らわせてやめさせました。
もしも、あの時に、あのお兄さんが私を見つけてくれなかったら、ゲンコツを喰らわせてくれなかったら、と思うとゾゥッとします。
いやあ~、また思い出しました。
冷や汗です。
・・・ということがイクツカります。

子どもの教育と躾も大切なのですね。
  1. 2008/10/01(水) 19:18:56 |
  2. URL |
  3. かくべい #-
  4. [ 編集]

あること、って一体??

と思ったら、一つじゃないんですね。人生、スリルたっぷり (^_^)

教育と躾、親と学校が一緒に取り組める今の環境は、娘にとっても私たち親にとっても、とても幸せだと思っております。
  1. 2008/10/02(木) 15:05:10 |
  2. URL |
  3. ポリ #1SZp3NgM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pollyanno.blog55.fc2.com/tb.php/283-4154c515
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。