今日も脳天気

役に立たない♪ 意見しない♪ 仲良きことは美しき哉♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. |はてなブックマーク - スポンサーサイト
  4. |このエントリーを含むはてなブックマーク

続・アルバイト

 
 ラクしてお金が手に入ればそれに越したことはないと思いがちだが、実はそればかりでもない。


 時給という意味では一番割りの良いバイトだった家庭教師。学部・大学院を通じて、中高生計8人の家庭教師を務めたが、バイト代を貰う度に、「こんなことで金貰っていいのか」という罪悪感があった。教えるのは楽しいし、若い子との雑談も楽しい。引越しバイトと違って体力も使わないし、塾講師と違って事前の準備も要らない。自分で言うのもなんだが、なんの苦労もせずに金を貰うのが詐欺っぽくて、あまり気持ちの良いものではなかった。


 そんな私のお勧めアルバイトベスト3は、


第3位 人体実験

 以前日記に書いたとおり、暇な学生にとっては、最高に実入りの良いバイトである。

 これも大した苦労はしないのだが、万が一ということを考えると「自らの体を張っている」という自覚があるので、罪悪感はまったくなし。



第2位 人体実験の斡旋

 上記のバイトに一人紹介するごとに2000円。私が連れて行った後輩の人数が膨れ上がり、

「加藤派」

と称されることに。一部で私のことを「闇ブローカー」などと呼ぶ失礼な輩もいたが、お金に困っている後輩を助けるという大義名分があったので、罪悪感はまったくなし。

 ・・・「罪悪感」に説得力がなくなってきたな(-_-;



第1位 都ホ○ルでルームサービス

 「ウイスキーダブルとアイス」のオーダーを受けて、ウイスキーとアイスクリームを持っていった『誰がバニラと言った(-_-#』事件、「Brown toast」のオーダーを受けて、こんがり焼けたトーストを持っていった『もっとよく焼いてください(^o^)』事件など、数々の伝説を残したルームサービスのバイト。


 伝説を残したのは私だけではない。


 ほぼ同時期にこのバイトを始めた同○社大生M。中華料理の注文を受け、いざ運んでいく段になって、レンゲがないことに気づいた先輩が、

「おーい、M。レンゲ忘れんなよ」

「わかってまーす!」

と返事をしたM、ワゴンにいそいそと一輪挿しの花瓶を載せて、元気良く出発(^o^)


 まあ、いろいろと些細な失敗はあったものの、楽しいバイトであった。


 ただし、客はさぞかし迷惑だっただろう。学生バイトがなんのトレーニングもなしで、バイト初日から実際にオーダーを取って料理を運んでいた訳だから、料金一流・サービス三流と揶揄されるのもやむを得まい。自分が都○テルに宿泊しても、絶対ルームサービスは頼まない。



 湾岸戦争直前、イラクのフセイン大統領夫人(何番目かは知らないが)が王子を連れて都ホテ○に宿泊したことがある。一泊30万円のぼったくり高級スイートに泊まった御一行。朝食を持っていくと、SPがずらり。


 そんな超VIPの担当が、私とM。そんなことでいいのか、都ホテ○。
 
  1. 2008/12/27(土) 05:57:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
  5. |はてなブックマーク - 続・アルバイト
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク
<<強い順 | ホーム | アルバイト>>

コメント

人体実験というか、骨髄提供をしたことはあります。採取をしたのは某第三内科のH助手。このあとどうするのですか、と尋ねると、RNAをとってcDNAライブラリーを作って、未分化な血球細胞に特異的な遺伝子を探すとのこと。それって当時こちらが博士論文でやっていたことと全く同じ。しまった、敵に塩を送ってしまった、というバイトでした。しばらくして、Hさんから、君の骨髄像なかなか興味深かったよ、と連絡があって、意味深な物言いにちょっとは心配したのですが、あれから30年近く、とりあえず健康に過ごしています。若くして教授になったHさんはその責任感の強さから過労である朝突然に他界、告別式では医学界の重鎮が口々に、わたしがH君の弔辞を読む事になろうとは、と述べられたとか。UCSFを訪ねたときにゴールデンゲートブリッジのたもとで一緒に痛飲したアンカーシュテムが忘れられず、グロッサリーストアで見つけると、Hさんへの追悼と称してアンカーシュテムを献杯するのが我が家の習わしとなっています。と、ちょっと変わったバイトの思い出話でした。
  1. 2008/12/27(土) 10:30:43 |
  2. URL |
  3. misssy #mQop/nM.
  4. [ 編集]

臨床試験は怖い

臨床試験の被験者になることは、実は命に関わることもあるんですよ。

http://www.naturalnews.com/019371.html

できたら避けた方がいいのでは、、、。
  1. 2008/12/28(日) 04:19:50 |
  2. URL |
  3. Fontolizumab #-
  4. [ 編集]

なんかくれるなら喜んで

misssy さん、

献血もある種バイトみたいなもんですからね。ジュースとかクッキーとかアイスとかもらえるし。私、骨髄バンクも登録してるんですが、なかなかお呼びがかかりません。

良いお話を混ぜっ返してしまい、申し訳ありません m(_ _)m
  1. 2008/12/28(日) 12:58:13 |
  2. URL |
  3. ポリ #1SZp3NgM
  4. [ 編集]

背に腹は・・・

Fontolizumab さん、

日本のフェーズワンは、既にアメリカで認可されている薬の確認みたいな意味合いが強いのであまり心配しませんでしたが、こっちの奴は洒落にならない奴がありますからね。アフリカミドリザルの血清由来のインフルエンザワクチンなんていう、二重の意味で恐ろしくてとても受ける気にならない奴も聞いたことあります。
  1. 2008/12/28(日) 13:04:32 |
  2. URL |
  3. ポリ #1SZp3NgM
  4. [ 編集]

皮膚科のアルバイト

新年あけましておめでとうございます。今年も笑わせてください。

皮膚科のアルバイトは日焼け止めの人体実験。

適当にオイルを塗られて、上半身裸で3時間炎天下ジッと耐えると二千円ゲット出来ました。研究員はもちろん先輩で、白く抜けたところはとても外を歩けない文字であることはお約束・・・・
  1. 2009/01/02(金) 10:13:11 |
  2. URL |
  3. クーデルムーデル #yRCCGRpM
  4. [ 編集]

それは嫌だ (^_^;

あけましておめでとうございます。

一体どんな日焼け跡だったのか、興味津々。いずれブログにアップされることを期待しております。

本年もよろしくお願い申し上げます。
  1. 2009/01/03(土) 06:03:18 |
  2. URL |
  3. ポリ #1SZp3NgM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pollyanno.blog55.fc2.com/tb.php/308-4c967982
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。