今日も脳天気

役に立たない♪ 意見しない♪ 仲良きことは美しき哉♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. |はてなブックマーク - スポンサーサイト
  4. |このエントリーを含むはてなブックマーク

お金より大事なこと

 
 前回の日記では、

担任の先生に御飯を作ってあげる広い心さえあれば、アメリカで義務教育にかける費用は安く済む」

という話をしたが、実際のところ、日本に比べて育児はしやすいと感じている。



 経済的なことをいえば、キンダーに入るまでの育児費用は、実は日本よりアメリカの方がはるかに高い。デイケア(日本でいう保育園)に、週五日フルで預けたら、$700-1800/month は覚悟する必要がある。うちは、散々探し回った末、$500/month というところに通っていたが、これはこの辺りでは格安である上、それでもまだ京都で払っていた額の3倍である。


 それでもなんとか、ポスドクの安い(ほんとに安い)給料でやっていけるのは、他の物価が安いから。お米も安いし。


 デイケアと家賃の異常な高さにも関わらず、日本に居たときより生活コストが安いのは、それ以外のことにあまりお金がかからないのである。お米も安いし(くどい)。


 では、なぜ育児がしやすいと感じるか。これは、メンタル面でのアドバンテージが大きい。


 ここの社会は、子持ちの家庭に非常に優しい。道も店内も広いので、ベビーカーで歩きやすい。公共交通機関でさえ、ベビーカーを持ち込んで気まずい思いをしたことはない。公園には、乳児用・幼児用・学童用の遊具が揃い、いつでもきれいに整備されている。子供をみると、微笑んで話しかけてくる人が多く、上の娘など、店で初めて会った人に、いつの間にか本やらおもちゃやら買ってもらったりしている(もちろん高価な物ではないが)。お金をかけずに遊ぶことの出来るところも非常に多い。


 初めて娘とアメリカに来た時。サンディエゴで2歳の娘を抱っこして、ほぼ満席のバスに乗りこんだ瞬間、入り口近くに座っていた人達、老若男女問わず5人ほどが、いっせいに立って席を譲ってくれようとしたことを、私は生涯忘れないと思う。日本ではありえない。



 もう少し給料がもらえるなら、永住したいな。

(3倍もらえなきゃダメ by 妻)

(それは無理 by ポリ)

                               050706
  1. 2006/09/20(水) 16:55:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. |はてなブックマーク - お金より大事なこと
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク
<< ほんとは照れ屋さん | ホーム | タダほど高いものは・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pollyanno.blog55.fc2.com/tb.php/36-cb9b2e04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。