今日も脳天気

役に立たない♪ 意見しない♪ 仲良きことは美しき哉♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. |はてなブックマーク - スポンサーサイト
  4. |このエントリーを含むはてなブックマーク

研究者人生はここから始まった

 
 長かった夏休みも終わり、今日から長女は現地校新5年生。日本語補習校も今週土曜日から新学期が始まる。


 休暇中は基本的に一切宿題の出ないアメリカの小学校。2ヵ月半の間遊びほうけることも可能なはずだが、補習校から日本古来の風習である夏休みの宿題がたんまり出される長女の場合、残念ながらそうはいかない。中でも自由研究には毎年四苦八苦させられる。

 今年は、題材に悩む彼女に yu-kubo さんのこれを提案してみたところ、少し前に学校で太陽系について勉強していたこと、算数でもちょうど分数や単位について習っていたところだったことなどから、あっさり合意に至った。来年からは自分で考えてね。

 ちなみに、長女のあまりの地理センスのなさに危機感を覚えた妻の提案は「日本の都道府県・県庁所在地を覚える」。自由研究とは言い難いので却下したが、今から考えれば「桃鉄」やりまくるという選択肢もあったか。



 自分が小学生の頃はどうだっただろうと、つらつら思い出してみると、記憶の中から黒歴史が蘇ってきたので、自戒の意味も込めてここに書き記しておくことにする。




 昔からA型とは思えないほど目立ちたがり屋だった私。他人と違うということが価値観の全てであったといっても過言ではない。そんな私にとって、夏休みの自由研究はある種の挑戦だった。


 あれは確か小学校4年生か5年生のときのこと。さんざん悩んだ挙句、自由研究の題材として選んだのが、

「公衆電話の所要時間調べ」


 内容を簡単にまとめると、

ねらい:「女の長電話」という風説が正しいかどうかを検証する。

手法:朝9時から10時まで山形駅の公衆電話コーナーを利用した人の性別及び通話時間を記録する。

結果:サンプリング数10人。一番長く電話をしていたのは、30台と思われる男性。確か記録は10分以上。

結論:男の方が長電話 <おい


 今こうして思い出してみると、ツッコミどころが鬼のように満載。例えば、当時はストップウォッチなんて持っていなかったので、時間は目覚まし時計で測定。

「もしもし」

の第一声を聞き取るため、目覚まし時計を片手に公衆電話の横に立っている怪しさ全開の小学生。よく通報されなかったものだ。


 更には、たった1箇所、たった1日、たった1時間、たった10人のサンプリング(ありていに言えば10人で飽きた)しかも、平均も取らずに最大値のみで結論を導くとは、水伝も真っ青の大胆さである。

 だいたい「駅」の「公衆電話」で「朝っぱら」から電話するなんて、ビジネスマン以外に考えられない訳で、山形という非都会における当時のビジネスマンの男女比を考えると、調査などするまでもなく、結果は火を見るよりも明らかである。当時は何の疑問も抱かずに、この結果を大判用紙にまとめ、教室の後ろに貼ってもらった。もしタイムマシンがあったら、賞でももらえるかと期待していた自分を小一時間説教しに行きたい。

 この低レベルの「ナンバーワンよりオンリーワン」的性格は後にさらに拍車がかかり、中学時代の黒歴史に受け継がれていく。



 まあ、残念斬新過ぎるとはいえ、仮説検証型の研究を行ない、それをまとめて発表したのはこれが生まれて初めてだった訳で、現在に至る研究者人生のターニングポイントといえないこともない。現在取り組んでいる仮説検証型の研究の礎は、きっとここにあるに違いない。



註:こんないい加減な研究と今の研究を見比べて「ほんとだ」「そうですね」なんて言われた日には、立ち直れないどころか、研究者としての自分のキャリアに終止符を打つことになりかねないので、私の業績を検索してはいけません。
 
  1. 2009/08/26(水) 04:58:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
  5. |はてなブックマーク - 研究者人生はここから始まった
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク
<<ファッション | ホーム | 美人過ぎる研究者>>

コメント

栴檀は双葉より芳し、ちゃんと検証可能な、それも定量的に評価可能な仮説をたてているではないですか。

>研究者人生のターニングポイント

ということは小学校5年まではファーブルな研究者人生だったという事ですね。その話もぜひお聞きしたいものです。
  1. 2009/08/27(木) 11:08:44 |
  2. URL |
  3. misssy #-
  4. [ 編集]

いまだに

怪しい研究方法しか出来ない私です。

そういえば小学年のころ、浮き草の水槽に肥料をぶち込んだらどうなるんやろって実験しました。普通の水たけと油かすを入れたもの、化学肥料を入れたものの3者に分けて、毎日葉の数を数えました。20日で区切って、葉の増加枚数第一位油かす入り、第二位化学肥料入りって結果になりました。県の研究雑誌に掲載され、記念品ももらっちゃいましたよ。濃度もなんにも測ってない、ただぶち込んだだけなのに・・・

研究なんて簡単!って思ったのが運の尽きですね。いつまでたってもぶち込んで変化みるだけ・・・orz


それはそうと、ポリさんの同姓同名大杉。
  1. 2009/08/27(木) 12:52:32 |
  2. URL |
  3. クーデルムーデル #yRCCGRpM
  4. [ 編集]

だから

misssy さん、

褒めていただけるのは嬉しいのですが、あれが双葉だったとすると、大きくなってもろくなものにならないんじゃないかと。

>小学校5年まではファーブルな研究者人生だった

今もファーブルに憧れてます。セミの幼虫食べてみたい。
  1. 2009/08/28(金) 18:14:50 |
  2. URL |
  3. ポリ #1SZp3NgM
  4. [ 編集]

思う壺 (^o^)

クーデルムーデルさん、

いえ、それでこそ賞に値する自由研究でしょう。娘の来年のネタに使わせていただきます。

>いつまでたってもぶち込んで変化みるだけ・・・orz

ぎく。
  1. 2009/08/28(金) 18:17:36 |
  2. URL |
  3. ポリ #1SZp3NgM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pollyanno.blog55.fc2.com/tb.php/379-243c5aef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。