今日も脳天気

役に立たない♪ 意見しない♪ 仲良きことは美しき哉♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. |はてなブックマーク - スポンサーサイト
  4. |このエントリーを含むはてなブックマーク

続・サイエンスの楽しみ方

 
 <前回の続き>

 そして、やはりなんといっても外す訳にはいかないのが、かつて一世を風靡したこのゲーム。


whole pic

 社団法人 人工知能学会が創設20周年記念企画として開発した、アカデミックキャリアデザインゲーム、その名も「Happy Academic Life 2006」!


 簡単に言えば、大学研究者限定の人生ゲームである。大学助手(2006年当時は助教という職階はなかった)に着任した新年度をスタート地点とし、自らが目指す大学教授像に向かってキャリアを積み重ねるのである。


 このゲームで秀逸なのは、キャリアアップの基本が時間のやりくりであるという点にある。右下の金券のように見えるものは、研究時間カード。自分の持ち時間から、各種イベントで費やされる時間を差っ引いた「研究時間」に応じて、論文を投稿することが出来、その採否も持ち時間に左右される。

 これに加えて、人脈ポイントや研究資金、受け入れる学生・ポスドクの特性により、研究者としてのキャリアが決定されていく。大学に限定されるものの、自分の目指すゴールは、自分で決めることが出来るというのも面白い。



 大学のポジションを得ていなければそもそもスタート地点にも立てないあたりは、ポスドクの感情を逆撫でしたいとしか思えない設定である訳だが、開発過程を読むと、まあそれも仕方ないかな、と。どうやら、元々のアイデアでは、助手・教授トラックの前に学生トラックというものが存在したらしいのだが、テストプレイの結果、4時間経っても誰一人学生から助手にすらなれないという気の遠くなるような状況に陥ったのだそうな。

 確かにこれではゲームとして成り立たない。というか、現実を反映し過ぎて、最早ゲームとは思えない。





 実はこのゲーム、やはり在米期間中にわざわざ日本から取り寄せたにも関わらず、一度しかプレイしたことがない。そのたった一度の機会も、盛り上がりを期待してスタンフォードの日本人会の懇親会に持って行ったところ、ゲーム開始後間もなく雰囲気が険悪なものになり、懇親会にはふさわしくないとの判断からやむなく中止。


 ま、「モノポリー」や「人生ゲーム」慣れしている娘達相手に、やって出来ないことはないはずだが、


「科研費って何?」

「論文不採択ってどういう意味?」

「いつになったら教授になれるの?」

「どうして泣いてるの?」


 次の日から仕事に行きたくなくなりそうだ。



 まあでも、せっかくの紹介記事だし、今後ユーモアのわかるポスドクさんや学生さんが来てくれることを見越して、心の準備も兼ねて久しぶりに模擬プレイでもしてみようか。


start

 ゴールはもちろん「業績卓越型」! ・・・ではなくて、「教育者型」にしよう。ここを見てうちに来る人もいるかもしれないし。


 まずは大学カード、そして学生カードを引いてみる。


student

 大道芸人と釣りマニア。 ・・・もしこれが初夢だったら、暴れてるな、きっと。

 さいころを転がして、と。お、チャンスカードだ。


secretary

 そうそう、こういうのがないとね、やっぱり♪ 次は、ワイルドカードか。じゃあ、ここは一つ、研究資金でも。


grant

 よっしゃぁ! ・・・って、まだ条件を満たす論文がない(;_;) 次は、学内カードか。


school

 ・・・。なんか楽しくなくなってきた。で、今度はプライベートカード?


private

 おいこら。こんな状態で何をしている>自分


 自分の職業を否定したくなる前にやめておいた方が無難だな、これは。



 他にも、ポスドクカードを引くと、

postdoc1

 まさにこういう方に加わって欲しい!というものもあれば、


postdoc2

 こういう「え?」と思うようなカードも混じっていて、かなりスリリング。





 なんとなくわかってきた。ゲーム、という余暇を楽しむべきところで、自分に近い状況のリアリティを追求してはいけないということか。



 やっぱり、どうせやるなら思いっきり現実離れしてる方が楽しいよなぁ。いっそのこと、自分で作ってみようか。

神経科学と萌えの不思議なコラボレーション?! 各種神経細胞を擬人化した前代未聞の恋愛シミュレーション、その名も「今日も脳天気!」



みたいな。
 
  1. 2011/11/06(日) 08:47:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
  5. |はてなブックマーク - 続・サイエンスの楽しみ方
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク
<<小悪魔たちのリクエスト | ホーム | サイエンスの楽しみ方>>

コメント

計画段階で努力を惜しまず、3年経ってもまだ計画段階にいるポスドク、ラボミーティングのたびに慈悲の心を要求するポスドク、研究方針が定まらないのは信ずる神がちがうからだと主張するポスドク、毎日がゲームそのものです。

ポリさんのコラボは、CA2さんは人気者です、どうすればCA2さんみたいになれるのでしょうか、とか、勝手に投射してしまってごめんなさい、ごめんなさい、とかいうやつでしょうか。
  1. 2011/11/07(月) 11:55:22 |
  2. URL |
  3. misssy #-
  4. [ 編集]

黒ポリさんに白ポリさん、ポスドクGさんまで加わったら無茶苦茶おもしろいゲームになりそう。

クリスマス商戦に向けて頑張ってください。

絶対買いますから。
  1. 2011/11/07(月) 13:14:45 |
  2. URL |
  3. クーデルムーデル #yRCCGRpM
  4. [ 編集]

新米PIにリアル過ぎる真実を伝えるのはやめてください

misssy さん、

楽しそうなラボですね(;_;)

私の好みは、人気者の CA2 さんより、大人の魅力の Purkinje cell さんかな。最近は Lugaro ちゃんなんかもお勧め♪

・・・まずい。そんな人間ばっかり集まってきたらどうしよう。
  1. 2011/11/08(火) 01:24:51 |
  2. URL |
  3. ポリ #1SZp3NgM
  4. [ 編集]

Gはいらない

クーデルムーデルさん、

あ、でもボンビーみたいなお邪魔キャラで出すにはうってつけか。

・・・真剣に考え始めている自分が怖い。
  1. 2011/11/08(火) 01:26:32 |
  2. URL |
  3. ポリ #1SZp3NgM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pollyanno.blog55.fc2.com/tb.php/434-4c76dabf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。