今日も脳天気

役に立たない♪ 意見しない♪ 仲良きことは美しき哉♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. |はてなブックマーク - スポンサーサイト
  4. |このエントリーを含むはてなブックマーク

病気になってはいけない

 
 アメリカの診療制度は、日本とちと違う。


 まず、Primary Doctor を決める。アメリカには、日本のような公的保険制度はないので、自分の入っている保険のネットワークの中から、主治医を選ばなければならない。


 この主治医というのが、非常に重要。なぜなら、ほぼあらゆる症状において、まず初めに主治医の診察を受ける必要があるからだ。風邪だろうが、骨折だろうが、果ては妊娠・出産に至るまで、とりあえず、主治医の意見を仰がなければならない。そこから、必要とあらば、専門医を紹介される。自分の判断で、ふらっと専門医を訪れても、相手にしてもらえない。


 さて。


 もし、風邪で熱があるとする。どうすればよいか。


1. 主治医の病院に電話する。受付の人に簡単に症状を伝える。すると、

「それでは、診察の予約を取ってください」

「一番早いのは何時ですか?」

「えーと、来月末、27日の午前10時ですね


 ・・・自然治癒を待て、と (-_-#



 事実、普通に診察予約しようとすると、こうなる。どうやら、公式には一日数人の予約しかできないらしく、健康診断のつもりでなければ、全く役に立たない。


 もちろん、すぐに診てもらうための裏技がある <・・・なんで医者に行くのに裏技が必要なのか (-_-#


2. 朝、8時頃(診療時間開始直前)に電話する。

 一ヵ月後のスケジュールは決まっているくせに、その日のスケジュールは、その日の朝にならないとわからないらしい。キャンセルがあったり、時間のかからなそうな患者がいる場合、スケジュールに組み込んでくれる。大概の場合、これでうまくいく。


 それでも断られた場合、どうするか。


3. 予約せずに直接行く。

 情に訴える訳である。運が良かったり、受付のお姉さんが親切な人な場合には、意外とうまくいくことも多い。たまたま主治医の先生と顔を合わせたりすると、さっと診てくれたりする可能性もある。が、これはちょっとギャンブルである。


 最終手段。


4. 救急に行く。

 御存知、ER である。ただし、普通に行って、

「風邪で熱があります」

などと言ったら、絶対診てもらえない。実際の症状はどうでもいい。いかに深刻な症状に見せるか。5分後には死ぬ、という演技力を発揮する必要がある。知人によれば、トマトジュースを忍ばせて、吐血してみせるのも効果的だ、と言っていた。



 病人役のオーディションは、ここでやったら良いと思う。 

                                051906
  1. 2006/11/05(日) 14:17:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
  5. |はてなブックマーク - 病気になってはいけない
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク
<<自慢 | ホーム | もったいない>>

コメント

フランスでも・・・

いつも拝見しています。
ここフランスでも同様のようです。
この前、歯の詰め物が取れたのですが、
同僚からは「Urgentじゃなかったら、最低2週間は待つことになる」、
と言われました。
日本に帰ることも考えたのですが、
フランス人の同僚が「Urgent」としてあげるから、と言ってくれて
(実はフランス語はまったくできません・・・)
その日の最後、6時半(!)に予約をねじ込んでくれました。
歯科医もアシスタントも英語が通じる人たちで本当に助かりました。
アメリカはどうかわからないのですが、
ここフランスは逆の意味での「原則は原則」の精神が形成されています。
つまり、人と人の話合いを通じて「原則はあるけど臨機応変に変更可」とのことです。
これがわかるまでに時間がかかりましたけどねぇ(笑)。
  1. 2006/11/05(日) 19:50:53 |
  2. URL |
  3. stras #mPfd6Sl2
  4. [ 編集]

アメリカだけじゃないんですね

Stras さん、はじめまして。

「原則は原則」、私は結構好きです。日本と違って、自分の裁量でできることについては、非常にフレキシブルに対応してくれますよね。言わないと何もしてくれませんが、逆に、言えば大概のことは対応してくれる。私もこれがわかるまでに結構時間がかかりました (^o^)

言わなくてもいろいろやってくれる日本ですが、マニュアルから外れたことは一切やってくれないですもんね・・・
  1. 2006/11/06(月) 05:09:11 |
  2. URL |
  3. ポリ #-
  4. [ 編集]

UKもでしょうか?

ぽりさん。こんにちは。UKもそれに近いsystemで同じような感じでした。これは検査の話なんですが、cancerの検診を普通にNHSっていう、国の地区ごとに指定された医者にお願いすると、住んでいる場所にも因ると思いますが、5年待ちになったりします。その間に、きっと結果出ちゃってるよなぁ?と思わずにはいられませんでした。
  1. 2006/11/06(月) 11:47:17 |
  2. URL |
  3. みみ #bDC0ydDE
  4. [ 編集]

いくら検診でも

5年待ちって・・・ (-_-;

5年後の予約って、どうするんでしょ。住む場所も仕事も、生きてるかどうかすら未定なのに、癌検診の予定だけ決まってるっていうのも、なんか素敵ですね (^o^)
  1. 2006/11/06(月) 18:24:11 |
  2. URL |
  3. ポリ #-
  4. [ 編集]

はじめまして

t-macさんのところからおじゃましました。
日本の病院に慣れているとこれ、もの凄く面倒ですよね。
しかし医者の友人は「日本はたいしたこと無いのにみんな病院に来るから医療保険が莫大な赤字になるんだ」と宣っているのを聞いて「あ、なるほど」と妙に納得。

ps:このブログ、大変おもしろいのでわたくしのブログのブックマークにリンクしてもよろしいでしょうか。
  1. 2006/11/07(火) 10:48:33 |
  2. URL |
  3. makaronov #-
  4. [ 編集]

こっちに慣れてしまうと

日本の病院での待ち時間が、耐えられないかもしれません・・・ (-_-)

確かに日本では、大したことないのに結構気軽に病院に行っていた記憶があります。激混みの待合室に長時間いたせいで、来たときより帰るときの方が具合悪くなったりしたことも (^_^; こっちでは、予約の面倒さを考えると病院に行く気がしないので、極力病気にならないように気をつけることになります。・・・お、ちゃんと機能してるじゃん (^o^)

という訳で、makaronov さん、はじめまして。ブログ拝見させていただきました。たっぷり笑わせていただきました。・・・あ、もしかしてお笑い系じゃなかったりして。

是非こちらからも相互リンク、お願い申し上げます。
  1. 2006/11/07(火) 12:33:29 |
  2. URL |
  3. ポリ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pollyanno.blog55.fc2.com/tb.php/56-c3637f34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。