今日も脳天気

役に立たない♪ 意見しない♪ 仲良きことは美しき哉♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. |はてなブックマーク - スポンサーサイト
  4. |このエントリーを含むはてなブックマーク

匠の技

 
 アメリカは個人主義だから、なんでも自分で調べ、自分で学ばなければならない、と思っていた。実は微妙に違う。私がアメリカに来て良かったな、と思えることの一つ、それは「教育」である。


 こっちに来てから、ボス、あるいは共同研究者から、多くのことを学んだ。・・・別に、日本にいたとき何も学ばなかったと言っている訳ではない。やり方が違うだけなのだが、一番大きな違いは、こちらでは「直接」教えてくれる、ということ。「当たる」グラント申請や「通る」論文の書き方、「面白い」プレゼンテーションの仕方、「正しい」推薦状の書き方等々、ファカルティの人は、持てる技術を惜しみなく教えてくれる。


 個人的に教えてくれるだけではなく、授業もある。もちろん学生だけでなく、ポスドクもその対象であり、そういった授業を受けることを、ボスに強く勧められる。ボスにとっては、自分が育てた学生やポスドクがどれだけ一人前の優秀な研究者になるのか、もボス自身の評価になるのだと思う。



 一方日本では、古来からある「背中を見て学べ」的な風潮が、研究の世界にもあるような気がする。いわゆる匠の世界である。師匠は決して弟子に直接物を教えず、弟子は師匠の技を盗まなくてはならない。


 ・・・中には「匠」でもないのに出し惜しみする人もいるけど(-_-)


 ある意味、日本の方が成熟しているとも言える。アメリカは過保護なお子ちゃま社会なのかもしれない。





 うちのボスは書き物が本当に上手。彼女から学ぶべきことは多い。ボスが書くと、なんか素晴らしいプロジェクトに取り組んでいる気がしてくる <気だけじゃあかんやろ


 例えば論文。日本にいたときはどんなに面白いデータを論文にしても、Revierwer からのコメントには必ず一言、「英語がダメ」とか「ネイティブに読んでもらえ」とか書き添えてあった。有名英文ジャーナルでは、「日本人投稿者への注意事項」という情けないものまである。世界中で日本だけ特別扱い、というのもある意味すごい。


 だから、今年受理された論文の査読で、

“This paper is very well written”

というコメントをもらったときには、私の手柄ではないとはいえ、非常に嬉しかった。同じ役者でも、良い監督の下では輝いて見えるのである。あ、いや、日本にいたときは、監督が悪かったのではなく、メーキャップ係が悪かったんですけど(-_-;



 そんなボスだが、意外と縁起を担ぐタイプである。私がこっちに来るとき応募したいくつかのフェローシップのアプリケーションには、

“I have a lucky pen”

と言って、いつも同じペンでサインしていた。で、立て続けに当たったりしていたので、私も調子に乗って、グラントの応募や論文の投稿の度に、

“We should use your lucky pen. Thanks to it, we've been successful”

連発していたら、最近反応してくれなくなった。いえ、ペンのおかげじゃなく、ボスの才能のおかげですってば。
  1. 2006/12/06(水) 16:02:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. |はてなブックマーク - 匠の技
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク
<<本気? | ホーム | 友達の友達は?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pollyanno.blog55.fc2.com/tb.php/69-47a12a49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。