今日も脳天気

役に立たない♪ 意見しない♪ 仲良きことは美しき哉♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. |はてなブックマーク - スポンサーサイト
  4. |このエントリーを含むはてなブックマーク

蛙の子は蛙

 上の娘が、クラスで行なうミュージカルで、"Biologist" という役をもらってきた。
 
 小学校1年生のミュージカルで、バイオロジストって一体?と思ったら、どうやら "Life cycle" というタイトルで、食物連鎖みたいなことを題材に、皆でいろいろな動物を演じるらしい。
 その中で、バイオロジストが実際にどんな役どころなのかよく知らないが、一応 Neurobiologist の端くれである私は、ちょっと嬉しい。娘が自分からその役を希望したと聞いて、血は争えないかな、と密かに喜んでいる。
 
(『めちゃめちゃ』喜んでたじゃん by 妻)
  
 そういえば、先月行なわれた日本語学校の運動会では、学年選抜リレーの選手に選ばれた。これは間違いなく母親からの遺伝。私は、高校・大学こそ陸上部だったが、小学校5年生までずーっと、徒競走は「女子も含めて」学年で下から2番目だった。
 
 おしゃべりで、落ち着きがないのは、・・・母譲りかな
 
(あんたに決まってるでしょ# by 妻)
 
 
 アメリカでは、遺伝も立派なビジネスになっている。ランチタイムに、ラボで新聞を読んでいた院生Mが、ラボの女性陣に、
"Do you wanna sell your eggs?"
 どうやら、卵子募集の広告を見つけたらしい。ちょっと覗くと、あるわあるわ。遺伝の問題があるので、年齢上限は27ないし29歳となっており、また、中国人は中国人、インド人はインド人の卵子を欲しがるようだが、謝礼額がそれぞれ結構異なるのが興味深い。

 ちなみに、今日の新聞では、
・インド人・・・$7000~
・日本人・・・$6500~
・中国人・・・~$3000


 皆の反応。
 
院生C(中国・女 22):No, I won't.
ポスドクR(フィリピン系・女 34):If you give me a million, let me consider.
院生M(台湾系・男 29):If I were a woman, I would.
私:Do you know any sperm banks?
新聞を読んだ妻:今まで黙ってたけど、実はあたし、27歳なの (*1)
 
 ・・・貧乏は敵、というお話。          
 
 
*1 一回り以上さばを読んではいけないと思う
  1. 2006/07/12(水) 18:40:48|
  2. 我愛加州 ―日米文化の常識・非常識
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. |はてなブックマーク - 蛙の子は蛙
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク
<<子の才能・親の苦悩 | ホーム | >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pollyanno.blog55.fc2.com/tb.php/7-a2e9acf5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。