今日も脳天気

役に立たない♪ 意見しない♪ 仲良きことは美しき哉♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. |はてなブックマーク - スポンサーサイト
  4. |このエントリーを含むはてなブックマーク

上手い言い訳

 
 友人に最近教えてもらったチェーンメール、元ネタらしきものが、とある検索中にたまたまひっかかってきた。流行ってるのかな? でも、よくできているので、私も紹介してみようっと。



 前半は、イソップの「金の斧・銀の斧」の仕立て屋バージョン。仕立て屋の婦人が川に指抜きを落としてしまい、途方に暮れていると、川から神様が、金の指抜き、銀の指抜き、皮の指抜きを持って現れる。皮の指抜きを自分の物だと答えた彼女の正直さに感銘した神は、3つとも彼女に与えた、という話。


 後半はいわば「金の斧・銀の斧-仕立て屋バージョン- その後」(^o^) 平易な英語ではあるが、不肖私めが後半のみ訳させていただく。


--------------------------------------------------------

 数年後。この仕立て屋の婦人が夫と一緒に川原の土手を散歩していると、不意に夫が川に落ちて見えなくなってしまった。途方に暮れて泣いていると、川から神様が再び現れて、彼女に聞いた。


「どうして泣いているのだ?」


「おぉ、神よ。主人が川に落ちてしまったのです」


 神は水の中に姿を消したかと思うと、メル・ギブソンを連れて上がってきた。


「これがお前の夫か?」


 神が聞くと、


「はい。その通りです」


と彼女が叫んだ。神は激怒し、


「お前は嘘をついたな!それは真実ではないぞ!」


 仕立て屋の婦人は答えた。


「おぉ、神よ、お許しください。それは誤解です。ほら、もし私がメル・ギブソンを『違う』と答えたら、あなたはきっと次にトム・クルーズを連れてきたでしょう。そこで私がまた『違う』と言えば、あなたは私の夫を連れてきますよね。すると私は『そうです』と答え、あなたは正直な私に、3人とも下さることになるじゃないですか。神様、私はもう若い頃のように元気でもなく、この3人の夫全員の相手はしたくてもできませぬ。だからこそ、私はメル・ギブソンのときに『そうです』と答えたのです」


 それを聞いた神は、彼女にメル・ギブソンを連れて行かせた。

--------------------------------------------------------


 友人のところに来たメールでは、ジョージ・クルーニーとブラッド・ピットだったようで、微妙に違っているが、別に仕立て屋の旦那とメグ・ライアンとかでも良い訳で(^o^) 女性の方々を敵に回すつもりはさらさらない。


 それよりも、この話、昨今の捏造研究論文にも当てはまるのではないだろうか。


--------------------------------------------------------

教授:A君、私の仮説に合う結果は出たかね?

学生A:いえ、マウス10匹中1匹はそれっぽい感じですが、後の9匹は・・・

教授:お、1匹出たのか!じゃあ、それだけ発表しよう!

学生A:・・・それって嘘じゃないですか・・・?

教授:それは誤解だよ、君。実験が進むにつれて、君はまた違う面白い結果を持ってくるかもしれない。それらの結果で論文3本は書けるかもしれない。でも、もう私も老い先短いんだ。論文3本も書く時間は残っていないかもしれん。君だってなるべく早く学位が取りたいだろう。だからこそ、私は涙を飲んで、その最初の結果を発表しよう、と言っているんだ。

学生A:・・・訳のわからない理由付けはやめてください(-_-#

--------------------------------------------------------


 いうまでもないが、これはフィクションであり、実在の人物には何の関係もありません。




以下、元ネタ。

Little White Lies

One day, when a seamstress was sewing while sitting close to a river, her thimble fell into the river. When she cried out, the Lord appeared and asked,

"My dear child, why are you crying?"

The seamstress replied that her thimble had fallen into the water and that she needed it to help her husband in making a living for their family. The Lord dipped His hand into the water and pulled up a golden thimble set with pearls.

"Is this your thimble?"

the Lord asked. The seamstress replied,

"No"

The Lord again dipped into the river. He held out a silver thimble ringed with sapphires.

"Is this your thimble?"

the Lord asked. Again, the seamstress replied,

"No"

The Lord reached down again and came up with a leather thimble.

"Is this your thimble?"

the Lord asked. The seamstress replied,

"Yes"

The Lord was pleased with the woman's honesty and gave her all three thimbles to keep, and the seamstress went home happy.



Some years later, the seamstress was walking with her husband along the riverbank, and her husband fell into the river and disappeared under the water. When she cried out, the Lord again appeared and asked her,

"Why are you crying?"

"Oh Lord, my husband has fallen into the river!"

The Lord went down into the water and came up with Mel Gibson.

"Is this your husband?"

the Lord asked.

"Yes"

cried the seamstress. The Lord was furious.

"You lied! That is an untruth!"

The seamstress replied,

"Oh, forgive me, my Lord. It is a misunderstanding. You see, if I had said 'no' to Mel Gibson, you would have come up with Tom Cruise. Then if I said 'no' to him, you would have come up with my husband. Had I then said 'yes,' you would have given me all three. Lord, I'm not in the best of health and would not be able to take care of all three husbands, so THAT'S why I said 'yes' to Mel Gibson"

And so the Lord let her keep him.

MORAL: Whenever a woman lies, it's for a good and honorable reason, and in the best interest of others. That's our story, and we're sticking to it.

  1. 2007/02/07(水) 12:38:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. |はてなブックマーク - 上手い言い訳
  6. |このエントリーを含むはてなブックマーク
<<発想の転換 | ホーム | 究極の自己申告>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pollyanno.blog55.fc2.com/tb.php/96-239b78c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。